お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2015/01/05 20:19

オフィスの備品スッキリ収納

13103view|2015.01.05

オフィスの皆で共用しているカタログ棚、備品キャビネットがごちゃごちゃしており、探し物の時間が増えたり、ストックがあるにも関わらず、同じものを買ってしまったりしていました。 整理収納を行い、使い勝手を良くすることで、一緒に働く皆さんの時短や仕事の効率化に繋げたいと思い、実施しました。

AFTER

スッキリ!

イメージ

BEFORE

ごちゃごちゃ...

イメージ

この記事で使用した収納グッズ&家具

Item Infomation
  • テプラ,マスキングテープ,※ラベルになる物なら何でもOK

ステップ

イメージ

STEP 1

こちらのカタログ棚・備品キャビネットスペースを整理・収納していきます。

イメージ

STEP 2

■現状把握(カタログ棚) ・カタログが隙間なく詰め込まれていて取り出しにくい ・新旧や種類がランダムで探しにくい

イメージ

STEP 3

■現状把握(備品キャビネット) ・どこに何が入っているのかわかりづらく、探すのに時間がかかる

イメージ

STEP 4

■必要か不必要かの区別 ・同じカタログが2冊以上あるものは破棄 ・複数あるもの、1年以上使用していないものは破棄

イメージ

STEP 5

■グループ分け(カタログ棚) 分類ツリーの作成

イメージ

STEP 6

■グループ分け(備品キャビネット) ホチキス/カッター/替芯/クリップ/シール・テープ/ペン/ふせん/のり...

イメージ

STEP 7

■使用頻度別グループ化 よく使うものを、取り出しやすい位置に配置していきます

イメージ

STEP 8

■ラベリング・定位置管理 テプラやマスキングテープでラベリングをし、誰が見ても場所・ストックの量がわかる状態にします

イメージ

STEP 9

■効果(カタログ棚) ・カタログの定位置を決め、似たジャンルごとにまとめたことで、探しやすくなりました

イメージ

STEP 10

■効果(備品キャビネット) ・誰でも収納場所がわかり、探す時間が短縮できました ・ストックの買いすぎを防止できました

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント