クリーミーカリフラワーサラダ

カリカリベーコンで旨味アップ!コクのあるカリフラワーサラダレシピ
pinit

カリカリベーコンがポイント!カリフラワーがメインの美味しいサラダレシピです。

ダイエットにカリフラワーライスが注目されていますが、カリフラワーは低カロリーで腹持ちのよい野菜です。そんなヘルシー野菜に合わせたのは、コクのあるクリーミーなドレッシング。野菜が苦手な子供でも食べやすい味付けです。

カリカリに焼いた香ばしいベーコンが、カリフラワーサラダの引き立て役。食感も旨味のある塩気もよく合います。

クリーミーカリフラワーサラダは、カレーライスやミートソーススパゲティなど、子供にも人気な料理の献立に合うサラダレシピです。

クリーミーカリフラワーサラダ

Difficulty: Beginner Prep Time 10 min Cook Time 15 min Total Time 25 mins Servings: 4 Best Season: Suitable throughout the year

Description

カリフラワーは、茹でてあっさり系のわさびドレッシングをかけたり、こってり系のランチドレッシングにディップしたり、色々な食べ方のできる食材です。

今回は、マヨネーズとサワークリーム(プレーンヨーグルトでも可)を合わせて作る、重すぎずにヘルシーで上品な味わいのドレッシングと茹でカリフラワーを合わせました。

お好みでハム、コーン、スライスオニオン、チェダーチーズなどを加えても美味しいサラダになります。

 

材料と作り方

材料

クリーミードレッシング

手順

  1. ベーコンを小さくカットして、中火で焦げないように混ぜながらいためる

    ベーコンから出る油でだんだんカリカリに焼けてきます

  2. カリカリになるまで火を通したら、ペーパータオルの上で余分な油を取って冷ます

  3. カリフラワーを食べやすい大きさにカットして洗う

    完全に水気を取らずに、さっとざるにあげて水気を切る

    電子レンジ対応の容器に入れてラップをかけ(蓋がある場合は蓋をして)、1000wのレンジで4分加熱する。600wのレンジで2分半程度、カリフラワー100gにつき1分程度の計算で加熱する。(加熱時間は硬さをみながら、柔らかくなりすぎないように調節してください)

  4. カリフラワーを冷ましている間にゆで卵を作る

    鍋に卵を入れ、卵がかぶるくらい水を入れ、強めの中火にかける

    12分程度茹でる(茹で加減はお好みですが、ゆるすぎない程度に)

    ざっぐりとカットする

  5. ドレッシングを作る

    容器にマヨネーズとサワークリーム(プレーンヨーグルト)を入れて混ぜ合わせる

    粉チーズとパプリカパウダーを加えて混ぜ合わせる

  6. ボウルにカットしたゆで卵とカリカリベーコンの3/4を入れ、ドレッシングを加えて、卵が崩れ過ぎないように優しく混ぜ合わせる

  7. カリフラワーを加えて、優しくドレッシングを絡める

  8. お皿に盛り付けて、残りのカリカリベーコンをトッピングする

Note

お好みで色々な食材を加えて作れます。ベーコンの代わりにハムを入れたり、コーン、枝豆、グリーンピース、茹でた人参などの野菜を加えたり、玉子抜きで作ることもできます。

味付けのアレンジも可能です。パプリカの代わりに、マスタード、わさび、カレー粉などのスパイスを入れて作っても美味しいです。

粉チーズの代わりに、ピザ用チーズやチェダーチーズを細かく刻んで加えてもコクが出て美味しいです。チーズなしも美味しいです。献立や好みに合わせたサラダが作れますので、色々アレンジして作ってみてください。

Keywords: サラダ,レシピ,子供

おすすめ