お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。



システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2016/09/26 0:00

片付けママの収納お悩み解決アドバイス漫画
増え続ける本・雑誌・CD類をまとめて収納し、家族誰もが手に取りやすくする方法

manga01before

家族それぞれに買ってくる本や雑誌。整理しようと思っても、それぞれの思いもあり、なかなか片付けるのが難しいものです。
今回は、本好きの父親が日々買ってくる本がリビングやダイニング、寝室の床にも置かれるようになり、通行の邪魔になってしまいました。

manga01after
manga01after
images sp

本を愛する人にとって、蔵書を減らすのは身を切られるほどつらいこと。
かといって増え続ける本を山積みにしておいたのでは、変形してしまったり虫が付いたりして、良い状態を保てません。
長く本を愛読するためにも、きちんと収納する場所が必要です。

 

素敵な本棚はいろいろありますが、つっぱりタイプの壁面収納が実用的で、冊数の多い人にはお勧めです。それは、

 

.奥行き10cm〜15cmくらいの薄型でもつっぱるので安定していて、通行の邪魔になりにくいこと。
2.棚板が細かく変えられるものが多く、本の高さに合わせてカスタマイズしやすいこと。
3.木製だけでなくスチール製など廉価なものもそろっていること。

 

通販などでも様々な物を扱っているので、自分に合ったものが探しやすいということもあります。

 

壁面収納は蔵書すべてを一目で見渡せるのが利点ですが、上の方は万が一落ちてきてもケガをしないよう、重いハードカバーの本などは避けましょう。

 

その本の用途と高さで段を揃えていくと効率よく収納できます。
肩から腰くらいの高さには文庫など奥行きの浅い本を入れ、大手を振って歩けるように。
大人には使いづらい下の方は高さを十分にとって子どもの絵本などを入れると、家族みんなで使えます。

 

リビングにスペースがない場合は廊下の片側全面に設置する方法も。
見られたくない場合はロールスクリーンやカフェカーテンを利用してもいいですね。

イラスト制作:ナカムラアスコ

images sp

「リビングが本で埋まっちゃう!?」

マンガ制作:にゃほこ
お片付けあるあるマンガ
お片付けあるあるマンガ

関連おすすめ記事

ちょい置きでリビング快適生活

パパが羽織り物や新聞、雑誌、読みかけの本などを雑然と積み上げ、リモコン類も使っては置きっぱなしでどこにあるのか分からず、片付かない状況になって困りましたが、ちょい置き場所を作ることで改善した。今回はそんなお話です。続けられる簡単なことで劇的に改善したい、という方にオススメ。

お片付けレシピ運営事務局
  |  6592view
大きなテレビがかっこよく収まる収納にしたい!

テレビの周りはデッドスペースができがちな場所。散らかってしまって困っている。今回はそんなお話です。テレビ台収納でリビングを素敵な空間にしたい、という方にオススメ。

お片付けレシピ運営事務局
  |  2443view
梁(はり)があってもスッキリ収納にしたい!

マンションなど、建築の都合上できてしまった梁がジャマで天井いっぱいに収納が取り付けられず困っている。今回はそんなお話です。今の環境に合わせた最適な収納を手に入れたい、という方にオススメ。

お片付けレシピ運営事務局
  |  2127view
たくさんのフィギュアを飾りながら収納する方法

フィギュアなどコレクションアイテムは集め出すとキリがなく、でもせっかく集めたのにしまっておくのももったいない。今回はそんなお話です。収納とディスプレイを両立したい、という方にオススメ。

お片付けレシピ運営事務局
  |  2424view
キッチンからもダイニングからも手が届くフックで見せるカッ...

キッチンが狭かったり、時間に余裕のないときに余計な出入りが増えるのは、朝食作りに忙しい主婦にとっては迷惑なこと。パパが朝の忙しいキッチンに長居して気分に合ったカップを選んでしまい、朝食作りの邪魔になって困った。今回はそんなお話です。優雅な朝食を実現したい、という方にオススメ。

お片付けレシピ運営事務局
  |  1885view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント