お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

収納の悩みをシステム収納が全て解決!!

そのお悩み、システム収納なら根本から解決できます! そのお悩み、システム収納なら根本から解決できます!

お部屋の悩みから壁面収納・システム収納を探す

解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!
解決方法を見る!

玄関収納が小さすぎる!

  • 玄関に靴が多すぎてしまいきれない。
  • ゴルフバッグやスキー板などの大きな物も玄関に置たい。室内に持ち込みたくない。
  • 犬のリードや散歩グッズは玄関に置いてパッと出かけたい。
解決方法を見る!
そのお悩み、システム収納なら根本から解決できます! そのお悩み、システム収納なら根本から解決できます!

お部屋に合わせた壁面収納・システム収納を探す

収納でお悩みの場所を選んで、好みの収納をお探しいただけます。


壁面収納・システム収納とは

お部屋をすっきりと整理整頓させるために収納グッズはとても役立ちます。 その中でも、とても便利なのがシステム収納(壁面収納)です。
システム収納とは、棚や引き出しなどの同一規格のパーツを組み合わせてつ くる収納のことをいいます。これは部屋のサイズに合わせて作られるため、 リビングや子供部屋など、どのタイプの部屋でも使用できる万納な収納アイ テムなのです。一人暮らしの方のようなあまり広々としていない部屋や収納 スペースが確保できないときにも大変役立ちます。また、しっかりと固定で きるので、万が一の地震に対してとても強い点もメリットといえるでしょう。
空いたスペースを利用して収納できるので、家具を置くような場所を取らな い上に「見せる収納」を叶えられます。アクセサリーや小物などお気に入り のアイテムは見せて収納することにより、スタイリッシュで素敵な空間にな るのです。また、引き出しのような出し入れする手間が省けるので、使いた いときにはすぐに取り出しやすく、使い終わった後もそこに戻すだけなので、 使い勝手がとてもいいでしょう。そのため、片付けが苦手な方や面倒だと感 じる方にも適しています。ラックを組み合わせれば、さらに収納の幅が広がります。
スタイリッシュで素敵なお部屋であれば気分も明るくなりますし、きれいで すっきりした空間を維持しようと片付けのモチベーションもあがります。 システム収納は機能性が優れているほかに見た目も華やかになるインテリア としても使えるので、一石二鳥の人気アイテムなのです。


特徴・メリット・比較

収納には、主に「置き家具収納・システム収納」の2種類があります。
それぞれの特徴と、お片付け収納レシピがシステム収納をおすすめする理由をご紹介します。

お部屋に合わせた壁面収納・システム収納

  • 置き家具収納

    子供部屋
    置き家具はメーカーによって形やデザインも様々。 家具店や通販、ホームセンターなどで手軽に購入でき、設置も簡単です。 最も一般的に浸透している収納で、テレビボード、本棚、チェストなど部屋や用途別に数多くの種類が販売されています。

    置き家具収納のメリット

    • 安価なものから高級品まで幅広い。
    • 通販などでも手軽に購入でき、自分たちで組立・設置できる。
    • メーカーが多く、デザインのバリエーションが豊富。
    • 模様替えや引越しの際に、設置・移動が簡単。
    • 店舗で実物を見て買うことができる。

    置き家具収納のデメリット

    • 特注ができないため、細かな要望を盛り込めない。
    • 決まったサイズしか無いため、希望のスペースにぴったり納めることが難しい。
    • デザインやサイズがメーカー、シリーズごとに異なり、一緒に使うと見た目の統一感が出ない。
    • 床に置くだけの製品は、地震時に転倒・落下の危険がある。
    • 海外メーカーでつくられたものなど、品質に疑問のある製品もある。
  • システム収納 (壁面収納)

    子供部屋
    新築やリフォームの際に工務店に依頼して設置する大型の収納で、主に壁面に固定します。 より多くの物を、より使いやすく収納するために、収納する物の大きさや用途に合わせてユニット・パーツを組み合わせることができます。 自分の収納スタイルに合ったユニットを組み合わせ、リビング、キッチン、寝室など様々な部屋に設置することができます。

    システム収納のメリット

    • 壁にしっかり固定するため耐震性が高い。
    • 信頼できるメーカーの規格品でプロが組立・設置するので安心。
    • メーカーごとにデザインや色柄のラインナップが豊富。
    • 基本的には決まったサイズの組み合わせだが、特注にも対応してもらえる。
    • 追加・組み換えが可能なオプションパーツが豊富。
    • 生活動線や家事動線に合った、自由度の高いプランができる。
    • サイズ、デザインが統一されており統一感のあるデザインに仕上がる。

    システム収納のデメリット

    • 製品代のほか、工事・組立の費用がかかり比較的高価。
    • 購入、設置の際は工務店に工事を依頼する必要がある。
    • 一度設置すると移動や大きな組みかえが難しい。
    • 設置したいプランと全く同じ実物を見ることが難しい。
  • 置き家具収納のメリット

    • 安価なものから高級品まで幅広い。
    • 通販などでも手軽に購入でき、自分たちで組立・設置できる。
    • メーカーが多く、デザインのバリエーションが豊富。
    • 模様替えや引越しの際に、設置・移動が簡単。
    • 店舗で実物を見て買うことができる。
  • システム収納のメリット

    • 壁にしっかり固定するため耐震性が高い。
    • 信頼できるメーカーの規格品でプロが組立・設置するので安心。
    • メーカーごとにデザインや色柄のラインナップが豊富。
    • 基本的には決まったサイズの組み合わせだが、特注にも対応してもらえる。
    • 追加・組み換えが可能なオプションパーツが豊富。
    • 生活動線や家事動線に合った、自由度の高いプランができる。
    • サイズ、デザインが統一されており統一感のあるデザインに仕上がる。
  • 置き家具収納のデメリット

    • 特注ができないため、細かな要望を盛り込めない。
    • 決まったサイズしか無いため、希望のスペースにぴったり納めることが難しい。
    • デザインやサイズがメーカー、シリーズごとに異なり、一緒に使うと見た目の統一感が出ない。
    • 床に置くだけの製品は、地震時に転倒・落下の危険がある。
    • 海外メーカーでつくられたものなど、品質に疑問のある製品もある。
  • システム収納のデメリット

    • 製品代のほか、工事・組立の費用がかかり比較的高価。
    • 購入、設置の際は工務店に工事を依頼する必要がある。
    • 一度設置すると移動や大きな組みかえが難しい。
    • 設置したいプランと全く同じ実物を見ることが難しい。
※新築時などに大工仕事で作られる「造り付け収納」は、どんな間取りや空間にも自由に対応でき、システム収納同様に空間を無駄なく使えることがメリットです。しかし、すべて特注になるため、 場合によってはシステム収納より高価になってしまうこと、完成時のイメージが掴みにくく、一度設置すると変更が難しいというデメリットがあります。 そのため、お片付け収納レシピでは「システム収納」をおすすめしています。

まとめ

それぞれのお部屋に合わせて収納アイテムを選ぶことはとても大切です。また、生活スタイルも個人差があるので、どのよ うな整理整頓の仕方や片付けの方法が自分に適しているのかを把握するのもきれいなお部屋を保つ一歩だといえます。例え ば、毎日片付ける時間が取れる方と取れない方が同じ方法で片付けても、時間が取れない方はあっという間に部屋が散ら かってしまうでしょう。時間が取れない方はすぐに片付けられる方法や収納の仕方を工夫する必要があるのです。どこに何 を片付けていいのかわからないと、それを考えるだけで時間がかかってしまいます。クローゼットに服やバッグなどを収納 していると、自動的にそこから着る服を取り出して、使い終わったら戻します。ものの住所が決められていると、片付けの 時間を削減できるポイントになるのです。望んでいる場所に望んだ通りの収納があると片付けがとてもはかどります。

また、生活動線上に収納場所がないと、部屋をきれいに保つための負担が大きくなってしまうのです。ものを出し入れする という動作はそれだけでちょっとした時間と手間がかかります。それなのに、使いたいときや使い終わった後でしまうとい うときに、わざわざ収納場所まで行くとなると、さらに面倒に感じてしまいます。そういったことから、使い終わっても後 で戻せばいいと目の前にある棚や机に置きっぱなしにしてしまい、どんどん散らかってしまう原因になるのです。また、ど こに置いたかわからなくなってしまい、ものを失くす原因にもなってしまいます。

壁面収納・システム収納は空いたスペースを有効活用できるので、置き家具のように場所をとらずに収納が可能です。お 部屋のサイズや用途の変化に悩む心配もありません。特に、備え付けの収納アイテムでは足りないときや、お部屋が広くな くて家具を置けないときに役立ちます。棚や引き出しなど好みによって組み合わせるので、お部屋の雰囲気や自分の整理整 頓させたいもので変えられます。模様替えをしたいときにも、簡単に雰囲気を変えられるのでさまざまに楽しめるでしょう。

さらにラックなどのオプション品を使ってカスタマイズすると、収納の幅も広がります。リビングではたくさん扉が付いた システム収納を使うことにより、テレビ台として活用できるほかに周辺機器やDVD、リモコンなどもしまっておくこが可 能です。乱雑になってしまいやすいものも、すっきりさせられます。キッチンでは扉が付いていないタイプの棚を取り付け たシステム収納を利用すると、調味料やキッチングッズなどをしまっておけるため、取り出しもとても簡単に行えるので便 利です。料理をするときもはかどりやすく、散乱防止にもつながるでしょう。子供部屋では机と一体化したシステム収納が 役立ちます。散らかりやすい文房具なども収納できますし、増えてしまいやすい教科書や本もしまえます。また、子どもの 成長に合わせて使い方を変えられるので、長期的な使用が可能です。このように、家族のライフスタイルに合わせて利用で きる点もシステム収納の大きなメリットだといえるでしょう。

システム収納は他の家具よりも高額でありますが、その値段以上の価値があります。上述したように場所を取らずにすっき りと収納させることができたり、お部屋のサイズや用途に合わせて変えられたりします。また、あらゆる生活スタイルに自 在に対応できるので、一生使える収納アイテムといっても過言ではないほど重宝するでしょう。長期的に使用できることや 機能性を考えるとやはり価値あるものだといえます。見せる収納として活用すれば、素敵なインテリアにもなります。何通 りもの活用方法がある人気のシステム収納をこの機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

子供部屋
システム収納は効率的な収納力、優れたデザイン性、色・素材・サイズの豊富さ、部屋との 統一感、高い品質と耐久性、耐震性など、様々な優れた点がありますが、最大の特長は 生活スタイルに合わせて無駄な動きのない収納プランを設計できることです。

関連おすすめ記事

壁面収納があると便利な場所といえばどこ?

壁さえあれば収納スペースをつくることができ、さらにおしゃれな空間を自由自在に演出できるのが壁面収納です。 リビングの広い壁を壁面収納として使われている方は多いですが、リビング以外にも壁面収納があれば便利な場所をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
【壁面収納導入体験談(東京都・金子様)】大容量でスッキリ収納!統一感のある明るいお部屋をめざそう!

結婚や出産、子供の成長や住宅購入、リフォームなど、人生のさまざまなシーンごとに、暮らしのスタイルやお部屋の収納は変化を必要としていきます。 今回は、大建工業のシステム収納「ミセル」の「リビングプラン」を導入し、理想的な収納でお部屋スッキリ、を実現させた方の実例を、写真とともに具体的にご紹介したいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
お片付けが苦手な人必見!壁面収納にすると生活が劇的に変わる。 

お家の中でモノと暮らしていて皆さんは快適ですか? 心地良さ感じていますか? 快適に生活出来ているという事はモノにとっても快適な収納であり空間だという事。 でももしそうでないのであればおススメするのは「壁面収納」です。 ただ単に収納力が高いからではありません。その他にもメリットは沢山あります。 どんなお部屋でもできる壁面収納のメリット知ってもらいたいと思います。 お片づけが苦手な人でも大丈夫!!壁面収納で快適な毎日を送りませんか?

江原 朋美
壁面収納でキッチンの使いやすさが急激アップ!

毎日使用するキッチンを快適で、使い勝手の良いスペースにしたいのなら、壁面収納がおすすめです。壁面収納なら狭いスペースを有効に活用でき、すっきりと片付いたキッチンにすることかできます。また、よく使用するものを出し入れしやすく収納できるので、使いやすさという面でも効果を期待できます。

お片付け収納レシピ編集部
壁面収納で「おもちゃが散らからない子ども部屋」になる!

近頃話題になっているのが、壁面収納で、お部屋の雰囲気を断然にスッキリとさせてくれる優れものです。リビングやベッドルーム、子ども部屋などの収納のため、購入している人が増えています。今回は、子ども部屋に壁面収納を購入した人が、どのようにおもちゃが散らからないように収納させることができるかをご紹介していきたいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
テレビ周りのコードを隠したい!ホコリも防げるスタイリッシュ壁面収納がオススメ

暮らしの空間作りで意外に大変な場所が、リビングのテレビ周りです。雑貨が散らかっていたり、コード類が乱雑になっていたりと、どうしても生活感が出てしまいがちなのではないでしょうか。 そんなテレビ周りをスッキリさせて、しかも大容量の収納スペースを確保できるのが、壁面収納システムです。賃貸だから無理なのではと諦めてしまうことや、費用が多くかかってしまいそうなどと感じる方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。一生使える壁面収納のメリットをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
インテリアとしても活躍してくれるオシャレな壁面収納

壁面収納はお片付けが簡単になる大容量の収納スペースとしての家具としてだけではなく「見せる家具」「インテリア」としての側面もあるのはご存知でしょうか。壁面収納には、扉のついていないスペースを作ることが出来ますので、絵画やアート、置物などを飾ることのできるおしゃれな演出もできるのです。

お片付け収納レシピ編集部
【壁面収納導入体験談(東京都・金子様)】大容量でスッキリ収納!統一感のある明るいお部屋をめざそう!

結婚や出産、子供の成長や住宅購入、リフォームなど、人生のさまざまなシーンごとに、暮らしのスタイルやお部屋の収納は変化を必要としていきます。 今回は、大建工業のシステム収納「ミセル」の「リビングプラン」を導入し、理想的な収納でお部屋スッキリ、を実現させた方の実例を、写真とともに具体的にご紹介したいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
クローゼットの収納アイディアとコツをご紹介!収納術でスペースを楽に有効活用

ものが溢れて散らかり放題とならないように、とりあえずお部屋をスッキリさせるため一旦はクローゼットへ押し込んだものの、ずっとそのままという人はいませんか? ごちゃごちゃのクローゼットを整頓するには 収納アイディアやグッズを上手く使うことがマスト です。 今すぐマネできるおしゃれでスッキリ片付く収納アイディアをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
壁面収納の地震対策|倒れる確率をグッと減らす固定術

自宅の地震対策について、いつかはしなければいけないと思いながら、なかなか取り組めずにいる方も多いのではないでしょうか。 自宅にいるときに地震に見舞われることもあり得るでしょう。 頻発する地震に対しての備えは、早すぎるということはありません。 地震の揺れに慌てないように… 今回は壁面収納などの地震対策をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
壁面収納・システム収納のメリットとは|種類や場所別の特徴も解説

壁に収納スペースを増やせる壁面収納やシステム収納は便利なので、リフォームや設置を検討している方も少なくないのではないでしょうか。壁面収納やシステム収納を導入すれば、収納スペースが増えてきれいに片付くため部屋がすっきりとした印象になります。 しかし、テレビなど家具の位置を変えることができなくなってしまうなど不便な面もあります。 そこで今回は壁面収納やシステム収納のメリットやデメリット、種類などを詳しく解説していきます。

お片付け収納レシピ編集部
おすすめの壁面収納で理想のリビングを演出しましょう!

リビングは家族がくつろぐ憩いの場でもある反面、ものが集まりやすい場所でもあります。 子どもがいる家庭では、おもちゃや文房具、食器など、さまざまな子ども用品や小物で溢れかえっているという家庭も多いのではないでしょうか。また、リビングの物入れが限られていると、収納しきれず、ものが出しっぱなしになってしまいます。そういった場合におすすめしたいのが、リビング壁面収納の活用です。 ここではリビングで壁面収納を使うメリットやおすすめのアイテムなどをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
洋服の収納テクニック集|棚・ボックス・ラックで衣類をおしゃれに片付ける!

整理しようとしても、うまくいかない洋服の収納について「うまく洋服の収納をできる方法が知りたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。ちょっとした工夫やテクニックを知らないだけで、洋服はかさばっていき、収納しづらくなっていきます。 そこで今回は、カラーボックスやハンガーラックなど身近にあるものを工夫して収納する方法や、洋服別の正しいたたみ方など、洋服の収納に関する情報について詳しくご紹介していきます。

お片付け収納レシピ編集部
衣類を片付けやすい壁面収納を2つご紹介|既存のクローゼットより使いやすい!?

衣類は毎日着用するものなので、放っておくと部屋の中に溜まってしまいがちです。かといって片付けるためにタンスやクローゼットを設置すると、部屋のスペースが狭くなってしまいます。 部屋のスペースを無駄にせずに衣類をコンパクトに収納するには、MISEL(ミセル)の壁面収納が便利です。 今回は衣類を片付けやすい壁面収納のプランをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
洗面所で使える壁面収納|洗濯・お風呂グッズを一括収納!

いつも使う洗面所はなるべくなら清潔に保ち、気持ちよく使いたいですよね。 でも、なぜかいつも洗面用品や洗剤、お風呂グッズなどのものがあふれて整理ができないという人が多いのではないでしょうか。 洗面所や脱衣所のスペースが限られていたり、洗濯機があったり、必要なものを収納できる場所がなく、困っていませんか?そのようなときは、洗面所という狭い場所だからこそ、MISEL(ミセル)の壁面収納を有効に使ってみてはいかがでしょうか。 今回は、洗面所で使えるぴったりなMiSEL(ミセル)の壁面収納をご紹介します。 これで洗面用具やお風呂グッズをすっきりまとめて快適で気持ちよく使える洗面所にしましょう。

お片付け収納レシピ編集部
扉付き壁面収納5選!扉付きだと物を隠せてお部屋スッキリ!

部屋にある物を片付けるのに収納家具や収納グッズを買い足したら、部屋が余計ごちゃごちゃになった気がする… という方も多いのではないでしょうか。 その悩みは、空いたスペースを有効活用できて収納力があり、お部屋に統一感を出せる壁面収納で解決できるかもしれません。 この記事では、壁面収納のイメージをつかみやすいように、それぞれのスペースに合ったMISELシリーズの商品をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
狭いスペースも有効活用するための薄型壁面収納6選

生活感のないおしゃれな空間を作りたいけれど、収納がうまくいかないせいかゴチャゴチャした印象になってしまう… そんなお悩みをお持ちの方におすすめしたいのがMISEL(ミセル)の薄型壁面収納です。 デッドスペースを活かして、部屋の雰囲気をオシャレに変えることができます。お部屋の広さに余裕がない人のお悩みも薄型壁面収納で解決できます。 今回は、おすすめの薄型壁面収納について6つ厳選してご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
安いけれど機能は充分!楽に取り付けられる壁面収納を2つご紹介!

すっきりした暮らしは誰もが憧れるものですが、なかなか思うように片付かなくて困っている方も多いのではないでしょうか。 ものを整理し収納できる方法として今、注目されているのが「壁面収納」です。しかし、「コストが高い」「取り付けが難しそう」などのイメージから悩んでしまいがちです。 今回は、機能性抜群で、安くてなおかつ楽に取り付けられるMiSEL(ミセル)の壁面収納を2つ紹介していきたいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
溢れる洋服を格納!クローゼットのような活躍をする壁面収納2選

壁面収納の魅力は、物を整理して空間を機能的に活用することができるところです。 なにかと量が多くなりがちで、収納するにも生活感がにじみ出てしまう洋服の整理は、美しく整理させるのはなかなか難しいものです。そこで、壁面収納を利用した収納棚を活用して、スッキリと整った空間を作ってみてはいかがでしょうか。 ここでは、シーンに合わせた洋服の整理整頓におすすめなMiSEL(ミセル)の壁面収納棚を2つご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
おしゃれな壁面収納を4つご紹介|貴方の家もおしゃれに生まれ変わる!

思いつくままにバラバラに購入してしまった家具が、部屋の中でまとまりがなく、いくら片づけても雑然とした印象になってしまうことに悩んでいる方は、意外と多いものです。 そんな方におすすめなのが、大型の壁面収納です。 ここでは、部屋の中で散らかりがちなモノを、一気に片付けることができ、統一感のあるおしゃれな空間を実現してくれるMiSEL(ミセル)の壁面収納を、ご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
子供部屋におすすめの壁面収納2選

壁面収納と言えば固定することで地震に強く、子ども部屋にも安全に使うことができるというメリットがあります。また、子どもの身を守れるだけではなく、散らかりがちな子どものモノをすっきりと収納するのにも便利な収納でもあります。 親子のコミュニケーションをはかれる、家具の買い足しが不要、収納付きの部屋の仕切りとしても使える壁面収納をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
玄関向きの壁面収納・棚を2つご紹介|設置すれば暮らしが「ラックラク」になる!

引越し当時はキレイでも、気付けば玄関がグチャグチャということはないでしょうか。また、子どもがいる家庭は出かけるたびに用意するものが多く、出発するのが毎回遅れてしまうということがある人もいることでしょう。 そんな困った状態を解決してくれるのが、玄関に置くMiSEL(ミセル)の壁面収納です。壁面収納といってもあまり大きくなく幅の狭いチェスト型などがあるので、自分の家の玄関に設置できるものを選んでみてください。

お片付け収納レシピ編集部