お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2015/12/01 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.34】収納スペースの作り方(設計業者向け)

6093view|0clip | 2015/12/01 0:00 投稿者 飯田 拓

【住み心地は、家具で決まる】
もっと自分らしく、快適な部屋で暮らしたい。もっと自由に、家族のライフスタイルを実現したい。それは誰もが持っている普遍的な欲求だと思います。家具が自由になると、住み心地は劇的に変わります。家具とは、その部屋での生活を快適にする道具なのです。寸法も、色素材も、引出しも扉も、自由にデザインできればいいですよね。今回は、収納スペースの作り方、またWALL to WALLににおさめる際に最適な製品について紹介させていただきます。

家具は住宅の一部である

家具を設計する為には、その前に「家具を置くスペースを設計」する事が何より重要です。

img1

家具は、住宅設備と密接に関係するからです。
快適な住み心地を実現するには、間取りを考える際に、何処で何をするスペースが必要か、何処でどんな生活道具を収納すべきかなど、家具を置く場所(収納スペース)を、あらかじめ設計することが、最も重要となります。
もし収納スペースを明確にせずに、入居後、置き家具などを購入すると、照明位置が合わなかったり、欲しい所にコンセントが無かったり、壁補強下地が無い為に床から浮かしたフロート家具を設置する事も出来なくなるのです。こうしたことが重なると、次第にそのお部屋の居心地が悪くなり、大切な住宅の「住み心地」そのものが損なわれてしまうのです。
そうなる事の無いように、間取り設計と同時に、各部屋の収納スペースをしっかり設計しておく事が重要なのです

img2

住み心地があがる収納スペース設計の仕方

img3

家具がWall to Wallで収まると、壁と一体化し、とても洗礼された空間となり、家と同化した家具は住み心地に直結します。しかもその家具が自分仕様にオーダーメイドしたものであれば、使うたびに心地良さと満足感を与え、家そのものを自分仕様のオーダーメイドにした喜びとなるのです。収納スペースをWALL to WALLの空間にするには、壁の形状を変更したり、仕切壁を立てるなどの方法があります。
以下は、いくつかの収納スペースの作り方と最適な製品について紹介させていただきます。

POINT1 収納スペースは、Wall to Wallの空間で作る

『収納スペース』はWall to Wallとなるように間取り設計を行い、収納スペースの寸法を確定する事がポイント。
(下図参照)

img4

POINT2 収納スペースに、どの様なカタチの家具(家具シェイプ)にしたいかを予めシェイプパターンを決めて選んでおく。

各収納スペースに対して設置する家具のカタチ(家具シェイプ)を決定することがポイント。
『家具シェイプ』を決定する事で、下地補強位置や、電源の位置などを予めパターン化することが出来ます。

img5

POINT3 WALL to WALLににおさめる際に最適な製品。

①MiSEL

壁面スペースをフル活用できるのが「ミセル」。「ミセル」のユニットは、日本の標準的な住宅の建築単位を考慮したサイズ。だからどんな間取りのお部屋でも、壁と壁の間、床と天井の間にピッタリと納めることが出来ます。

img6

②Fit Shelf

壁と壁の間にピッタリ納めることの出来る「フィットシェルフ」。棚板勝ちなので、写真のように窓サッシがあっても、ギリギリまで収納スペースとして、有効活用いただけます。

img7

③WALL 2 WALL

ミリ単位でのサイズ指定が可能で『壁から壁まで』ぴったり納められるローボード。フルオーダー家具のサービスで蓄積したお客様のご要望に対する答えと「新しい家具のカタチ」がたくさん詰まっています。

img8

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

【ルミナスで】デスク回りをすっきり!

デスク回りが積み重ね状態。学校へ行く準備が楽しくなるような収納が目標で、今回ルミナスのスチールラックを採用!すっきりとし、お部屋の有効活用につながりました。

飯田拓
  |  1361view
横に並べ置いてもすき間ができないブリックス

シンプルなデザインで美しく、並べ置いても「すき間ができず」「ムダな空間ができず」「生活感が出ず」気持ちのよい空間が演出できます。 仕切りを使う事で、物を立てて収納できるの何があるか人目でわかり探すムダがなくなります。ゆとりの時間で「くらし楽しく」

飯田拓
  |  248view
【DAIKENミセルで】壁面にピッタリ!収納量を大幅アップ!

お子さんの成長につれて、収納物は増えるもの。整理は必要ですが、収納スペースを大きく増やすことも重要です。2015年6月都内在住の4人家族のお客様宅で、ミセルをリフォームにて採用いただきました。リフォームの全貌をビフォー/アフターで紹介させていただきます。

飯田拓
  |  2429view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

SHINPEIのトッププロのお片付け講座_玄関の空いたスペースを...

BREAKERZのギタリストSHINPEIがお届けするお片付け講座です。皆さんは、「玄関の収納」と聞いて何を思い浮かべますか?靴や傘を置いておくだけの"物置き"でしょうか?僕が提案したい玄関収納は、少し違います。 ただ靴を脱ぎ履きするだけの場所にするのではなく、玄関も大切な"部屋の一部"と考えてみませんか?新たな収...

SHINPEI
  |  4227view
キッチンの収納に求められるのは機能性。たっぷり収納できる...

主婦の方々が一日でもっとも時間を費やす場所が、キッチンではないでしょうか。そのキッチンに求められるのは使いやすさや、高い機能性です。毎日使う場所ですので、たっぷり収納ができて、お片付けも楽にできる、そんなスマートな家具があったらキッチンも今以上に使いやすくなるはずです。今回はそんなスマートな家具...

お片付けレシピ編集部
  |  510view
収育スタイリングで叶える理想のリビング学習空間

「リビング学習」が注目を浴びています。学校で成績のよい子はリビングで学習している、ということが話題になり、 子ども部屋があっても特に低学年のお子さんは家族のいるリビングで宿題や予習、学校の準備等をすることが多くなっています。

伊藤 寛子
  |  619view
収納家具で生まれるデッドスペースが狭い部屋に見せてしまう原因

部屋のお片付けをする際、収納家具を部屋に配置してみると、物は整理されているのに、部屋が狭くなってしまうという問題があります。これは、天井と家具とに隙間ができ、デッドスペースができていることに関係しています。収納力があり、お部屋もすっきり見える収納方法の一つとして、壁面収納があります。カラーボック...

お片付けレシピ編集部
  |  204view
一大事を避けるための収納家具の耐震対策

日本は現在まで自然災害による大きな被害にあってきました。そのため地震などの自然災害に備えるよう各自治体を通して、呼びかけがなされています。その一つが家具の耐震対策です。耐震対策をしておくことで、地震で家具の下敷きになって怪我をしてしまうことや、命を失うという危険を回避することができます。今回は収...

お片付けレシピ編集部
  |  200view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント