お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2015/04/27 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.30】食事スペースを確保するワンルームの家具選び

2781view|1clip | 2015/04/27 0:00 投稿者 遠矢 菜織

おひとりさまの居住空間の特徴

おひとりさまの居住空間の特徴

ワンルームで『衣・食・住』を完結させる。
コンパクトで暮らしやすい、反面、生活感が出すぎてしまうことがあります。

img1

『どんな風に暮らしたいか』 をイメージしてみる事が大切なポイント。
○人を呼びたい部屋なのか
○自分のリラックス空間なのか
○食事スペースと就寝スペースの区別はどうするか
○全体の色の配色を考える
○食事スペースと就寝スペースを交差させない
○家具を置きすぎると床面積が狭くなり住空間スペースが窮屈になる
○「○○○用」ではなく、兼用出来る家具を考える(例:イスでもサイドテーブルでも可)
○何を収納したいのかを考える
○ベッドを置かない選択もある
○移動できる家具で就寝スペースの自由化
○高さで変化をつけて空間を広く見せる(視覚)
○食事スペースをキッチンの近くに配置し、準備、後片付けを簡単にする
○コンパクトな家具で1人でも動かせる重さのモノにすると生活パターンの変化にすぐ対応できる

移動できる家具で就寝スペースを自由に変更

1ルームの限りあるスペースを有効活用するため、移動式家具で夜は寝室を作るのがオススメ

img4

人を呼べる部屋にしたい

普段はひとりを楽しんでいるけど、人を呼べない部屋にはしたくない。
そんな時の家具選びの重要ポイント

img6

Rのテーブルにして、来客人数の変化に対応出来る様にイスはカバーリング できるタイプにする。季節で変化を楽しむこともできます。


家具は移動が楽なように、余り大きなモノは選ばない

コンパクトな家具で1人でも動かせる重さのモノにすると生活パターンの変化にすぐ対応できます。
大人数にも対応出来る様に

img8

何を収容したいかを考える

家具を置きすぎると床面積が狭くなり住空間スペースが窮屈になる。
「○○○」用ではなく、兼用出来る家具を考える(例:イスでもサイドテーブルでも可)

img10

下部が引出しになっていてベンチにもなる家具ならスペースを有効活用

img11

木製スツールはサイドテーブルとしても使用

生活感を出したくない&広々としたくつろげる空間にしたい

img14 高さで変化をつけて空間を広く見せる(視覚)
img15

隠す収納と見せる収納が出来る家具で生活感を出さないようにする。 TV台はキャスター付きで食事スペースからも、ソファースペース

img16

床にモノを置かず広く使うため、コートハンガーは置かず、鴨居くぼみを利用してコート掛けにする。


移動できる家具で就寝スペースの自由に変更 介助できるよう配慮した動線

リビングスペースと就寝スペースを仕切る家具を用いて食事スペースと就寝スペースを区切ります。
キャスター付で自由に移動できるので、来客時、リビングスペースを広く出来ます。

img20

既製品でなければ自分に合わせてオーダーもおひとりさまの醍醐味

自分の暮らし方が良くわかっている方は、何が必要で、どこに置いたら使い易いか明確。既製品で使いづらさを感じるようであれば、思い切ってオーダー家具もオススメ。モノを厳選しておくと出来る醍醐味。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

薬を見やすく取りやすく

常備薬、引き出しについつい入れっぱなしになってしまいます。見直しと、管理しやすいように、仕切りをして、見やすく、取り出しやすく、誰でもわかる収納へ♪

遠矢菜織
  |  351view
容器を変えるだけで気分UP♪

調味料の容器・・・なんとなく使っていませんか?容器を変えるだけで、冷蔵庫を開けた時、使用する時の気分がUP♪入れ替えが用意で、500mlの入れ替えがしっかりできるそんな容器に変更してみました♪

遠矢菜織
  |  146view
玄関スッキリで冬を待つ

靴は、シーズンで見直し、お手入れ、入れ替えをしないと・・・ついつい入れっぱなしにしてしまう事が多くなりがちです。夏のサンダルをお手入れして、使いやすい場所から移動。冬のブーツのスペース確保。これからの季節一番使う靴を一番使いやすい場所へ移動。一人一人の場所をきちんと決める事で取り出しやすく、仕舞...

遠矢菜織
  |  208view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

SHINPEIのトッププロのお片付け講座_玄関の空いたスペースを...

BREAKERZのギタリストSHINPEIがお届けするお片付け講座です。皆さんは、「玄関の収納」と聞いて何を思い浮かべますか?靴や傘を置いておくだけの"物置き"でしょうか?僕が提案したい玄関収納は、少し違います。 ただ靴を脱ぎ履きするだけの場所にするのではなく、玄関も大切な"部屋の一部"と考えてみませんか?新たな収...

SHINPEI
  |  2390view
「仕切る・立てる・掛ける・重ねる」整理収納アドバイザーの...

どのようにものを片づければいいか悩んだとき、今はインターネットでもたくさんの整理整頓の技を見つけることができます。整理収納アドバイザーの資格をもった人、資格はないけれど片づけの知識に長けている人が大勢自身のブログであらゆる整理整頓のテクニックを紹介しています。 とくに収納のプロとも言える整理収...

お片付けレシピ編集部
  |  131view
整理収納アドバイザーの整頓テクニックは「見える」化がポイント

整理収納アドバイザーについてご存知ですか? 整理収納アドバイザーとはハウスキーピング協会の整理と収納に関した資格のひとつです。整理整頓が上手にできることで、どこかにいってしまったモノを探す時間が省けたり、重複して同じモノを買うことがなくなったり、気持ち的にもスッキリできます。 整理収納アドバイ...

お片付けレシピ編集部
  |  232view
整理収納アドバイザーの文具整理!トレーをうまく使う技

ご自宅や職場の引き出しの中は、物が綺麗に整理収納されていますか? とても便利な引き出し収納ですが、とりあえず入れたり、無意識になんでもかんでも入れてしまったりして、ゴチャゴチャとして使いづらいと悩まれている方は多いと思います。 今回は引出し内でゴチャゴチャとしてしまうことの多い文具を例に、整理...

お片付けレシピ編集部
  |  198view
実用性最大かつ生活感最小!整理収納アドバイザーのレイアウ...

どうせ片づけるのなら生活感は出さずに、いつ人が来ても綺麗と思われるのが理想ですよね。 しかし綺麗に片づけたはいいものの、普段よく使うものなどを奥に入れすぎていざ使おうと思ったときにすぐに取り出せないというのも不便さを感じます。 そこで今回は整理収納アドバイザーが実践している、生活感を無くしつつ...

お片付けレシピ編集部
  |  167view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント