お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2015/04/27 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.30】食事スペースを確保するワンルームの家具選び

3964view|2015.04.27

おひとりさまの居住空間の特徴

おひとりさまの居住空間の特徴

ワンルームで『衣・食・住』を完結させる。
コンパクトで暮らしやすい、反面、生活感が出すぎてしまうことがあります。

img1

『どんな風に暮らしたいか』 をイメージしてみる事が大切なポイント。
○人を呼びたい部屋なのか
○自分のリラックス空間なのか
○食事スペースと就寝スペースの区別はどうするか
○全体の色の配色を考える
○食事スペースと就寝スペースを交差させない
○家具を置きすぎると床面積が狭くなり住空間スペースが窮屈になる
○「○○○用」ではなく、兼用出来る家具を考える(例:イスでもサイドテーブルでも可)
○何を収納したいのかを考える
○ベッドを置かない選択もある
○移動できる家具で就寝スペースの自由化
○高さで変化をつけて空間を広く見せる(視覚)
○食事スペースをキッチンの近くに配置し、準備、後片付けを簡単にする
○コンパクトな家具で1人でも動かせる重さのモノにすると生活パターンの変化にすぐ対応できる

移動できる家具で就寝スペースを自由に変更

1ルームの限りあるスペースを有効活用するため、移動式家具で夜は寝室を作るのがオススメ

img4

人を呼べる部屋にしたい

普段はひとりを楽しんでいるけど、人を呼べない部屋にはしたくない。
そんな時の家具選びの重要ポイント

img6

Rのテーブルにして、来客人数の変化に対応出来る様にイスはカバーリング できるタイプにする。季節で変化を楽しむこともできます。


家具は移動が楽なように、余り大きなモノは選ばない

コンパクトな家具で1人でも動かせる重さのモノにすると生活パターンの変化にすぐ対応できます。
大人数にも対応出来る様に

img8

何を収容したいかを考える

家具を置きすぎると床面積が狭くなり住空間スペースが窮屈になる。
「○○○」用ではなく、兼用出来る家具を考える(例:イスでもサイドテーブルでも可)

img10

下部が引出しになっていてベンチにもなる家具ならスペースを有効活用

img11

木製スツールはサイドテーブルとしても使用

生活感を出したくない&広々としたくつろげる空間にしたい

img14 高さで変化をつけて空間を広く見せる(視覚)
img15

隠す収納と見せる収納が出来る家具で生活感を出さないようにする。 TV台はキャスター付きで食事スペースからも、ソファースペース

img16

床にモノを置かず広く使うため、コートハンガーは置かず、鴨居くぼみを利用してコート掛けにする。


移動できる家具で就寝スペースの自由に変更 介助できるよう配慮した動線

リビングスペースと就寝スペースを仕切る家具を用いて食事スペースと就寝スペースを区切ります。
キャスター付で自由に移動できるので、来客時、リビングスペースを広く出来ます。

img20

既製品でなければ自分に合わせてオーダーもおひとりさまの醍醐味

自分の暮らし方が良くわかっている方は、何が必要で、どこに置いたら使い易いか明確。既製品で使いづらさを感じるようであれば、思い切ってオーダー家具もオススメ。モノを厳選しておくと出来る醍醐味。

関連おすすめ記事

生活感を排除しつつ実用的に暮らすリビングの片付けのテクニック

家族が一日のほとんどの時間を過ごすのがリビングです。 そこには次から次へと家族共有の物から個人の物まで、多くの物が集まり、部屋の中は生活感が溢れ出ていると思います。 整然と綺麗に片付けられたモデルルームのようなリビングに憧れるけれど 片付けるのが苦手な方 忙しくて片付ける時間がない方 何か...

お片付けレシピ編集部
  |  1003view
システム収納の設置によるデメリットは存在しているのか?

システム収納を設置したときに感じるデメリットとしてよく言われているのが、移動や変更が難しい、圧迫感を感じる、上の収納部分が活用できないという点です。どんな家具にもデメリットは存在するように、システム収納にも存在するこのデメリットをカバーすることにより、システム収納を使いやすくすることができます。

お片付けレシピ編集部
  |  186view
家族のライフスタイルが変わってもみんなで使える壁面収納がGOOD

家族のライフスタイルが変わると、収納も変わってきます。しかし、その都度収納家具を新調するにはお金もかかってしまいます。子どもの成長によって自在に変えられる収納家具をつかえば、これらの悩みは解消できるでしょう。

お片付けレシピ編集部
  |  438view
システム収納を導入・設置することで生活はどのように変わる?

部屋が狭いせいで設置を諦めていた家具が利用できるようになる、自分のスペースの確保や1カ所へまとめて収納することが可能になるという特徴から見ても、システム収納には設置しただけで生活を変える力があります。狭いマンション暮らしや一緒に住む家族が多い人、お片付けが苦手な人がシステム収納を導入・設置すると生...

お片付けレシピ編集部
  |  162view
地震・災害に備える方法

災害の多い日本に暮らす私たち。首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、大きな地震への対策を取っている人はまだまだ少ないのが現状。これだけはやっておくべき!家の中で必要な3つの地震対策についてお伝えします。

澁川 真希
  |  9384view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント

Html->script('drawer.min.js') */?> Html->script('bxslider/jquery.bxslider.min.js') */?>