お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2015/04/27 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.23】海水浴グッズの収納ポイント

2359view|0clip | 2015/04/27 0:00 投稿者 岩原 博美

海水浴グッズの収納ポイントをご紹介

暑くなってきて子どもたちが楽しみにしている夏の一大イベントに海水浴があるかと思います。 家族でのおでかけともなると準備も後片付けも大変ですね。 夏になると海水浴やプールと泳ぎに行く回数も増えて、グッズの出番も多いはず。 そこで、「出かけるときに慌てない」「次のシーズンも快適に使う」海水浴グッズの収納ポイントをご紹介します。

1. 出かける前にはシーズン中に使えるかをチェック

img1

去年ちょうどよかったサイズも今年は小さくて着られない、お下がりや頂きもので今はまだ大きかった…ということは、水着にもよくあることですね。 破れやほつれも気になるところです。シーズン中にグッズが使えるかどうかのチェックをしておきましょう。更衣室で困った!ということにならないためにも、下準備は万全にしておきたいですね。


2. 使う人ごとに分ける

img3

スムーズに着替えが出来るように、水着やタオルを使う人ごとに 分けておきます。各自必要な物がその中に入っていれば、忘れ物する心配も減ります。更衣室の前でパパとママが分かれて入るときも、 サッと手渡せてスムーズに着替えることができます。


3. こまごましたグッズは小分けしても便利

img5

ジッパーバッグに入れておくと探しやすく便利です。スマホやカメラなど濡れたら困るアイテムなどもこれに入れておけば多少の水滴や砂がかかっても安心ですね。ジッパーバッグはキッチンのみならず、 収納では大活躍するアイテムなんです!


4. 出発時はまとめて運ぶ

img7

人数分ひとまとめにして出発!楽しく遊んだ後、濡れた水着やグッズをそのままビニール袋などに長時間入れておくと雑菌の繁殖や色移りなどが気になります。なるべく通気性の良いカゴに出して持ち帰ることをオススメします。脱いだ水着やタオルもカゴへポンポン入れてOK!そのままランドリーバスケットとして使えばお洗濯の仕分けもとても 楽! シーズン中は、グッズをまとめてカゴにしまっておけばお出かけ前に慌てることもありません。

浮き具もくっつきにくい収納アイデア

img9

浮き輪を膨らますときに、くっついてはがすのが大変だったりしませんか?これを防ぐには、よく乾かした後、たたむ前にベビーパウダーを軽くはたいておきます。こうしておくことで広げるときもとても楽です。


img11

浮き輪は半分にたたんでから、くるくると丸めていきます。何度も折りたたむよりも簡単で広げやすいので、これならお子さんでもお手伝い出来ます ね!


オフシーズンに収納場所で気をつけておきたいこと

夏季は短く、スタンバイ時間のほうが長いので、次の出番まではクローゼットの上段や天袋などへ収納しておけば、邪魔にならずにしまっておけますね。
水着も浮き具も近くにまとめておくと、次のシーズンにすぐ用意することができます。

img13

次のシーズンも気持ちよく使うためには、お手入れも気にしておきたいですね。グッズは全てきれいに洗って、直射日光に当たらないところで干し、よく乾かしておく事が重要です。特に浮き具などの塩化ビニール製品は、高温に弱いのでなるべく涼しいところに保管しておくと良いでしょう。

シーズン関係なく使う場合も出し入れ簡単コンパクトに

水着を使う機会は、夏だけではない方も多いはず。スイミング教室、スポーツジムなどの温水プールに行く事が多いならば、海水浴グッズとは別で、使う人ごとにまとめておくと良いでしょう。しばらく行かない時でも、折りたたんで1箇所にまとめて収納しておけば次に行く時に用意も楽にできますよ。

img16

まとめ

あれはどこ行った?と、間際になって慌てることなく、グッズを用途、頻度、使う人ごとにまとめる「グルーピング」をして近くにまとめておくことで、探す手間もななり、「今日はお天気が良いから泳ぎに行こう!」とすぐにお出かけができますね。
上手に収納して夏の楽しい時間を有意義に使いたいものですね。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

No.23 海水浴グッズの収納ポイント

夏の一大イベント海水浴。家族でのおでかけともなると準備も後片付けも大変。夏になると海水浴やプールと泳ぎに行く回数も増えて、グッズの出番も多いはず。そこで、「出かけるときに慌てない」「次のシーズンも快適に使う」海水浴グッズの収納ポイントをご紹介します。

岩原 博美
  |  2359view
2015/7/29  整理収納アドバイザー2級認定講座

開催日時 ■平成27年 7月29日(金) 時間 ■9:30~16:30 場所 ■港南区民文化センター ひまわりの郷 〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおか中央棟4階 京浜急行上大岡駅 徒歩2分 横浜市営地下鉄ブルーライン 上大岡駅 徒歩2分 直結ゆめおおおかビル内 地図はこちら 受講料 ■23,100円(テキスト代・税込・...

いわはらひろみ
  |  114view
エスプレッソのカプセルホルダー

台形のような円形カプセルは、不安定で収まりが悪く、もう少し取り出しやすく見た目が良いケースが欲しい。ただ、市販のものは結構高い…ならばDIYで身近に手に入る材料でDIYにチャレンジ

いわはらひろみ
  |  509view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

SHINPEIのトッププロのお片付け講座_玄関の空いたスペースを...

BREAKERZのギタリストSHINPEIがお届けするお片付け講座です。皆さんは、「玄関の収納」と聞いて何を思い浮かべますか?靴や傘を置いておくだけの"物置き"でしょうか?僕が提案したい玄関収納は、少し違います。 ただ靴を脱ぎ履きするだけの場所にするのではなく、玄関も大切な"部屋の一部"と考えてみませんか?新たな収...

SHINPEI
  |  2879view
新年早々!お片付け初め

新年におすすめ!場所別ワンポイントお片付け。取り組みやすく、効果を実感しやすい「場所別ワンポイントお片づけ」について学びましょう!

藤原 友子
  |  2628view
片付けや掃除が好きな人は取るべき!「整理収納アドバイザー...

片付けや掃除は得意な方ですか? 資格の取得や、自分にしかできない仕事がしたいという思いがある方は数多くいらっしゃいます。 その中で片付けが好きで、整理整頓に興味がある方であれば、好きという気持ちを活かして「整理収納アドバイザー」の資格を取得することをオススメします。

お片付けレシピ編集部
  |  566view
2017/8/11  北千住【整理収納アドバイザー2級認定...

足元を邪魔するモノの床置き。頭上から落ちてくる積み上げたモノ。備えたつもりで天袋に保管してある防災用品。モノの価値と所有する意味。必要以上の買い溜め行為。など、なぜ、そのような状況になっているのか? 私、収納ドクター@長柴美恵はもっと多くの方に『整理・収納・お片付け』についてしっかり学んでいただく...

収納ドクター長柴美恵
  |  228view
プール用品と水着の収納

水着やプール用品は形もバラバラでたたみにくい。。いざ使おうと一枚だしたらせっかくきれいに入れてもすぐぐちゃぐちゃに、、といったことから入れ物を工夫していきついた楽チン収納法です

北林敦子
  |  3255view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント