お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

2014/11/04 0:00

トッププロのお片付け講座
【Vol.2】収納の基本講座

31299view|1clip | 2014/11/04 0:00 投稿者 関 美恵子

「片づかないのは、収納が足りないから!」「収納たっぷりの家に住みたい!」・・・・収納というのはモノを仕舞いこむ事だと勘違いしていませんか?
仕舞い込むためのスペースを増やしてもかえっていつも探し物をしている事になりかねません。
使いやすくモノを収めることが大切です。何が何処にあるのか一目で分かり出し入れしやすい収納、そんなスペースなら探し物も無くなります。

収納場所の決め方

生活動線を意識する

img01

家の中で人が行動する道筋の事を生活動線といいます。例えば玄関からリビングに行く、リビングから洗面所へ行くなど、様々な動線が張り巡らされています。
玄関近くにコートかけがあればリビングのソフィァーの上にコートを置いてしあう事も無くなります。動線を意識してモノの収納場所を決めましょう。

使う場所と収納場所をなるべく近くにする

使ったモノを元に戻す距離が長いと面倒になり散らかる原因となります。
そのモノをどこで使うのかを考えて収納場所を決めていきます。
ハサミや爪切りをリビングで使うのなら、リビングの棚などに収納します。

目線から腰高にある物は出し入れしやすい

img02

背伸びもしゃがむこともせず立ったままの姿勢でモノが取り出せる場所=「目線から腰高までの高さにある収納」が最も出し入れしやすい場所と言えます。
そこを「中段」とすると、しゃがんで物を取りだせるのは「下段」、背伸びしたり、台に上らないと届かないのは「上段」になります。
使いやすい高さの順は「中段→下段→上段」いつも使うモノが上段に入っていませんか。
めったに使わないモノなのに中段に置かれていませんか。
使いやすい中段を有効に使いましょう。

収納の方法(工夫)

スペースを区切る

1段の高さが高すぎる棚、奥行きのありすぎる納戸・・・収納スペースは広ければ良いというものではありません。スペースを区切ると使いやすくなります。

スペースの区切り方の基本は3つ。
これさえ覚えておくと広さにかかわらず使いやすい収納が簡単に作れるようになります。

img04

毎日使うモノは取り出しやすい場所へ

img05

モノの使用頻度を意識した収納にすると取り出しやすさがアップします。
例えば、毎日使う食器、メニューによってはたまに使う食器、来客のときに使う食器と分けて毎日使うモノを一番取り出しやすい場所へ収納します。

グルーピング収納のすすめ

一緒に使うモノがまとまっていれば、一度に取り出すことが出来て、探し物が減るだけではなく手間も時間も省く事が出来ます。
例えばアイロンセット、お葬式セット、靴磨きセット、宅配荷造りセット、毎朝の身支度に使うモノ、朝食に使うモノ、来客客用の食器、クリスマスの飾り・・などなど
一緒に使うモノをまとめてグループを作って収納しましょう。
使用頻度の低いモノにも高いモノでもおすすめです。作ったグループは崩さないようにしましょう。

img06

取り出しやすい仕組みを作る

img07

取り出すまでの動作の回数をアクション数といいます。踏み台に上り、扉を開けて、箱を下ろし、箱のふたを開けて、取りだしたモノは仕舞うのが面倒です。アクション数が多い収納は片付かない原因になります。
アクション数を減らすことはとても大事です。
他にも、ガゴに入れてまとめたり、持ち手やキャスターなどを付けて取り出しやすい仕組みを作りましょう。
ただし、頻繁に使うモノであれば使い勝手を優先して出しっぱなしでもOKです。

指定席とラベリング

img08

モノにも指定席を決めましょう。
すべてのモノに指定席があれば使いたいものを探す必要もなくなります。
指定席は、家族の身長や行動範囲を考えてそれぞれの家族が使いやすい場所に決めます。また、温度、湿気、安全、健康なども考慮しましょう。
そして、ラベリングの併用がおすすめです。ひと手間かけるだけで指定席が崩れにくくなります。幼稚園や保育園を思いだして見て下さい。
ラベルがあるだけで、小さな子供でもしっかりとモノの出し入れが一人で出来ています。

維持するための極意

余裕を持った収納・・

img09

基本は「取り出しやすく、戻しやすい」仕組みを作る事。
そして、「わかりやすく、手間がかからない」と維持しやすくなります。そのためには、空間に余裕を持つようにモノを配置しましょう。
目安は収納スペースに対して80%以下。
毎日使うモノの収納には余裕を持たせましょう。

見た目に配慮した収納

テイストや色や形を揃えるだけでも綺麗に見えます。
美しい収納は気分が良いだけでなく維持するためのモチベーションが上がります。

指定席は永遠ではない!

収納は、常に使いやすい状態になっていることが理想です。
衣替えの時に洋服、年末や年度末、ライフスタイルの変化、家族が増えた、身体的能力が変った時は整理収納の見直しの時です。一度決めた収納場所や収納方法も「使いづらい」と感じたら見直しましょう。

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

このライターの記事

2015/9/19  整理収納アドバイザー2級認定講座

経験豊富な2人の講師による認定講座 詳細はhttp://cotatidist.i-ra.jp/e876388.html

関美恵子
  |  136view
No.26 スポーツ用品は用途ごとに管理

スポーツ用品の管理に悩んでますか?使いたい時にさっと使える用品管理でスポーツを心置きなく楽しみましょう。

関 美恵子
  |  2403view
忙しい人向け郵便物の一時置き場

毎日届く郵便物、油断すると溜まってしまします。でも、毎日はチェックできないかので、一時置き場を作ました。ポイントは箱の大きさ、陶器の湯呑みの入っていた箱を利用。

関美恵子
  |  1721view

このライターの記事をさらに見る >>>

関連おすすめ記事

整理の基本講座

整理はお片付けの第1歩。整理するかしないかで、収納やお片付け、掃除にも大きく影響します。収納方法ばかりを考えず、「本当に必要なモノなのかを見極める事」から始めましょう

髙橋 美和子
  |  52573view
朝の支度は動線が勝負

小さなお子さまがいるワーキングママの朝は動線が勝負。動線を見直すだけで朝の支度が楽になります。

長柴美恵
  |  16388view
キッチン収納

毎日使うキッチン。必要としているものが多い分、モノであふれかえってしまいがち。そんなキッチンがポイントを押さえれば使いやすくなります。片付けが簡単に出来ていつもキレイを保てるキッチンにするひと工夫教えます。

大木 聖美
  |  32738view
寝る前の10分片付け

整理収納にもっとも大切なのは「少しずつ」「毎日行う」こと。急激な変化はリバウンドをもたらします。頑張らず、楽な気持ちで、ちょっとした新しい習慣を暮らしに取り入れてみましょう。

大法 まみ
  |  26777view
勉強したくなる机まわり

子どもが小さいうちは子供部屋ではなく目の届くリビングで勉強させたいという方は多いはず。ただリビングは物が多くてちらかりがち。楽しく集中して勉強できるスペースをお子様と一緒に創りましょう!

北林 敦子
  |  59871view

感想・コメントはこちらにお書きください。

みんなのコメント