お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

洋服の収納テクニック集|棚・ボックス・ラックで衣類をおしゃれに片付ける!

整理しようとしても、うまくいかない洋服の収納について「うまく洋服の収納をできる方法が知りたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。ちょっとした工夫やテクニックを知らないだけで、洋服はかさばっていき、収納しづらくなっていきます。

そこで今回は、カラーボックスやハンガーラックなど身近にあるものを工夫して収納する方法や、洋服別の正しいたたみ方など、洋服の収納に関する情報について詳しくご紹介していきます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161005238 )

洋服の押入れ収納術

収納スペースとして活用できる押入れはスペースが広い分、たくさんの洋服を収納することができますが、うまくスペースを活用しなければデッドスペースがうまれてしまいます。

押入れにデッドスペースを作らず、うまく洋服を収納するにはどのような工夫やテクニックが必要なのでしょうか。 ここでは洋服の押入れ収納術をご紹介していきます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131078515 )

カラーボックスでコンパクトに収納する

最初にご紹介するのは、押入れにカラーボックスを入れ、コンパクトに収納する方法です。カラーボックスは積み上げることができ、うまく組み合わせることができれば、押入れの高さを無駄にすることなく、洋服の収納に役立てることができます。押入れにカラーボックスを入れて収納するメリットは以下の3点です。

カラーボックスは透明になっていることが多く、何が入っているのか把握しやすい

カラーボックスは積み上げることができるため、多くの洋服を収納することができる

カラーボックスに収納する洋服の印をつけることによって、綺麗に整理することができる

押入れで洋服の収納をするためにカラーボックスを使うことは、クローゼットと同様に難易度も低く、手軽に取り組むことができるでしょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

ハンガーラックでたたまずに収納する

次にご紹介するのはハンガーラックで洋服をたたむことなく、押入れに洋服を収納する方法です。比較的大きなハンガーラックを入れることができるのは、奥行きのある押入れだからこそ可能な収納方法でしょう。

押入れにハンガーラックを入れて収納するメリットは以下の3点です。

たたまずに洋服を収納することができる

ハンガーで吊るして収納するため、洋服がしわになりにくい

押入れをスタイリッシュに見せることができる

押入れにハンガーラックを入れることによって、洋服をたたまずに収納できるため、時間短縮にも繋げることができます。ハンガーラックはクローゼットで使うイメージがある人もいると思いますが、このように押入れでも応用することができます。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

フリーラック(棚)でスペースを有効活用しながら収納する

続いてご紹介するのは、押入れにフリーラックを活用して洋服を収納する方法です。フリーラックはスペースが小さい分、小回りが利くのでとても便利です。フリーラックもクローゼットで使うイメージがあるかと思いますが、押入れでも活用することができます。 押入れにフリーラックを入れて収納するメリットは以下の3点です。

カラーボックスやハンガーラックを入れて空いたスペースを有効に活用することができる

下着やバックなどの小物をうまく収納することができる

伸縮可能なフリーラックもあるため、使い勝手がいい

押入れにデッドスペースを作らず、洋服を収納するためには、使い勝手のいいフリーラックは欠かせない存在です。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

頻繁に出し入れする洋服は引き出し付きチェストに収納する

最後にご紹介するのは、押入れに引き出し付きチェストを使った洋服の収納方法です。引き出し付きチェストは奥行きがある場合が多いため、押入れを活用する収納にはとても適しているアイテムです。 押入れに引き出し付きチェストを入れて収納するメリットは以下の3点です。

押入れの奥行きまでしっかり使うことができ、デッドスペースをうみにくい

引き出し付きチェストは床に置くことが多いため、子どもやお年寄りでも安全に洋服の収納をすることができる

キャスターを付けることによって、移動する際も便利である

また、移動が気軽にできることによって、掃除などもしやすいでしょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

洋服収納のおすすめアイテム

洋服の収納アイテムは、身近にあるお店でも購入することが可能です。また、少し使い方を工夫するだけで、とても便利な商品がたくさんあります。 ここでは洋服を収納するための便利なおすすめアイテムをメーカー別にご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144098720 )

無印良品の洋服収納アイテム

最初に無印良品で販売されている洋服収納アイテムをご紹介します。ご紹介するのは

「吊るせる収納・小物ポケット」

です。

「吊るせる収納・小物ポケット」は、多数の小物入れにハンガー状になっているフックが付いていることによって、クローゼットなどにかけることができる商品です。収納に困る「靴下」などの小物も、洋服と同じようにクローゼットにかけることができるので、スマートに収納することが可能です。

また、価格も2,500円以下 と良心的な値段に設定されているため、小物の収納に困っている人にはおすすめできる商品です。

商品URLはこちら

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738369554

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131067695 )

100均の洋服収納アイテム

続いて100均で販売されている洋服収納アイテムをご紹介します。

安くて便利な商品を多数取り扱っている100均ですが、洋服の収納に使える便利なアイテムも多数販売されています。その中で今回ご紹介するのは

「ラッセバスケット ワイド ホワイト 1352」

です。

サイズは253×189×150mmとコンパクトな収納アイテムとなっており、小物の収納などには最適です。

「そんな大きい収納はいらないけれどシンプルに洋服を収納できるアイテムが欲しい」という人にはおすすめの商品です。持ち手も付いているので、運ぶ時も楽に利用することができます。

商品URLはこちら

https://www.kilat.jp/shop/g/gHA2191/

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272001188 )

IKEAの洋服収納アイテム

続いてIKEAで販売されている洋服収納アイテムをご紹介いたします。数多くの便利商品を販売しているIKEAですが、今回ご紹介するのは

「STRYKIS(ストリーキス)」

という商品です。

ストリーキスは、ズボン専用のハンガーです。ズボンをかけてもすべって落ちることがなく、跡も付きにくいのが特徴です。また、料金も1つ500円以下と手に入れやすい値段となっています。IKEAストア内でも高い評価を得ている商品となっており、1つのハンガーで最大3つのズボンを収納できるため、使い勝手がよい商品です。

商品URLはこちら

https://m.ikea.com/jp/ja/catalog/products/art/40317064/

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10445000756 )

ニトリの洋服収納アイテム

最後にニトリで販売されている洋服収納アイテムをご紹介します。デザイン性の高い商品が多いニトリですが、今回ご紹介するのは「

ハンガーラックセット(Nステイン1880BR/追加引出しユニット)」

です。

「ハンガーラックセット(Nステイン1880BR/追加引出しユニット)」は、ハンガーラックと引き出し収納が一体となっており、非常に収納力の高い商品となっています。 また、デザイン面でも細部にまでこだわりがあり、木の独特の雰囲気とモダンな印象が部屋のおしゃれさをアップさせてくれることでしょう。

商品URLはこちら

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/StorageRackDresser/WardrobeLocker/8800470-8800473s?ptr=item

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179004753 )

洋服のDIY壁面収納を紹介

趣味としてDIYを楽しむ人が増加していますが、洋服の収納にもDIYを活用して壁面収納することができます。 そこで、洋服や小物を壁面収納するためのDIYについて、方法やメリットなどをご紹介します。DIY好きの人はぜひチェックしてみてください。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10387003463 )

フィッシングネットを使った壁面収納

フィッシングネットとは、名前の通り、魚釣りに使用されるネットのことです。しかし、フィッシングネットは魚釣りの時のみ使用されるものではなく、少しの工夫で壁面収納できるアイテムに代わります。

壁面収納する方法は簡単で壁に固定するだけです。フィッシングネットは魚釣りに対応できるように比較的頑丈に作られているため多少重いものをぶら下げたとしても破れる確率はとても低いと言えます。 フィッシングネットを活用し、壁面収納するメリットは以下の3点です。

壁面に固定することによってスペースを取らない

帽子やカバンなど、多くの小物を吊り下げることができる

さまざまな色があるため、他インテリアや部屋の雰囲気に合わせて使用することができる

釣り好きの人には向いている収納方法ですのでぜひ試してみてください。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

次にご紹介するのは、パンチングボードを活用した壁面収納の方法です。パンチングボードとは、シンプルに説明すると「穴の開いた板」のことです。穴が開いている分、釘やフックをかけることができるため、ハンガーなどをかけることができ、簡単に壁面収納ができるようになります。

パンチングボードを活用し、壁面収納するメリットは以下の3点です。

パンチングボードと釘やフックを活用するだけのため、DIY初心者でも比較的取り組みやすい

釘やフックを付ける場所はカスタマイズできるため、自分好みにすることができる

2,500円から販売している商品もあるため、購入するハードルも低い

パンチングボードをうまく活用することができると、カスタマイズしておしゃれに洋服を収納できます。自分好みでチャレンジしてみるとよいでしょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

最後にご紹介するのは、オープンクローゼットで壁面収納をする方法です。オープンクローゼットは大きな壁面収納のため、DIY経験者が作成することをおすすめします。

オープンクローゼットは、扉の開け閉めがないクローゼットで、インテリアとしても活用しながら、おしゃれに洋服を収納することができます。また、正しい設計をすることができれば、非常に頑丈なオープンクローゼットを作成することも可能です。

オープンクローゼットを活用し、壁面収納するメリットは以下の3点です。

インテリアなどと一緒におしゃれに洋服を収納することができる

扉の開け閉めがないため、すぐに洋服を取り出すことができる

収納場所もすぐにわかるため、時短にも繋がる

DIYで作成するには少しハードルが高いですが、洋服をおしゃれに、且つ実用的に収納することができます。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

洋服別の正しいたたみ方

洋服をたたむ時に「どうすれば効率よくたためるのか」「しわになりにくいたたみ方になっているのか」と考える人もいると思います。洗濯をして綺麗な状態になっても、洋服をたたむ時にしわができてしまっては勿体ないですよね。ここでは収納に役立つ正しいたたみ方を洋服別にご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038022392 )

シャツのたたみ方

まずはシャツの正しいたたみ方をご紹介します。シャツは正しくたたまなければ、しわになりやすく、実際にしわがあるシャツを着るとなると、周りの人から「だらしない」と感じられてしまう可能性もあります。 今回はしわになりにくい正しいシャツのたたみ方を紹介されている動画を元に解説していきます。

参考動画URLはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=BvYIcF0g910

しわになりにくい、正しいシャツのたたみ方の手順は以下の通りです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131039279 )

1. 最初にシャツを仰向けにして、上からボタンを1つ飛ばしでとめていきます。

2. ボタンをとめたら、シャツを裏返しにし、袖をたたんでいきます。アーム部分を折りたたみ、肘あたりで再度 襟のほうに斜めに折りたたみます。

3. 肘から下の袖を折りたたんだら、再度下に折り返します。しわにならないように注意し、逆アーム部分も同様に折りたたみます。

4. 次に身頃を重ねていきましょう。折った袖に合わせて重ねると綺麗にたたむことができます。逆側も同様に折りたたみます。

5. ここまでたたむことができたら、最後はすそです。10~15㎝ほど襟のほうに折りたたみ、半分に折りたたみましょう。ひっくり返すとしわになりにくいシャツのたたみ方の完成です。

パーカーのたたみ方

次にご紹介するのはパーカーのたたみ方です。うまくたたまなければ、かさばってしまうパーカーですが、ちょっとしたポイントをつかむだけで綺麗に、且つスマートにたたむことができます。動画を元に詳しく解説していきます。

参考動画URLはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=S69tBz4O6D0

綺麗に、且つスマートに収納できる、正しいパーカーのたたみ方の手順は以下の通りです

イメージ

1. 最初に、チャックを開けて、フードに付いている紐をパーカーの中に入れ込みましょう。

2. 次に裏返し、フードを横に広げた状態で逆三角形を作るようなイメージで折りたたみましょう。

3. 続いて身頃を重ねていきます。折りたたんだフードに重ねるように身頃を折りたたみ、アーム部分はすそのほうに折りたたみます。逆側も同様に折りたたみます。

4. 最後に、すそを半分に折りたためば完成です。

ズボンのたたみ方

最後に、ズボンの正しいたたみ方をご紹介します。ズボンもいい加減にたたんでしまうことで、特定の位置に線が入ってしまったり、かさばってしまったりコンパクトに収納することができません。 ズボンにも正しいたたみ方がありますので、動画を元に正しいズボンのたたみ方を解説していきます。

参考動画URLはこちら(2分57秒あたりからズボンの詳しい解説です)

https://www.youtube.com/watch?v=zDr1kr9mThI

かさばらずコンパクトに収納できる正しいズボンのたたみ方の手順は以下の通りです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131054581 )

1. 最初に、ズボンを仰向けにし、ボタンがある場合は外しておきましょう。そして内側に折りたたんでいきます。

2. 内側に折りたたむと、お尻の部分が尖った状態になるので、ズボン全体が長方形となるように尖った部分をさらに折りたたみます。

3. 折りたたんだお尻の部分をすそで抑えるように、半分に折りたたみます。そしてさらに折りたたんだすそを2度折りたたみ、ズボン全体が正方形になるようにたためば完成です。

今回は、洋服に関する収納の方法やポイントをご紹介してきました。 身近なものを使った収納アイデアやお店で販売されている小物、また洋服のたたみ方のポイントを知ることで、綺麗でコンパクトに洋服を収納することができます。今回をご紹介した方法を参考にして洋服の収納を実践してみてはいかがでしょうか。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038001884 )

関連おすすめ記事

スペースを活かし切る「折りたたみ式の物干し」に注目!

洗濯は生活していく面でとても密接に関わっています。そのため洗濯に関するアレコレに煩わしさを感じている部分もあるでしょう。 今回は、そんな洗濯に欠かせないものである、ランドリーラックをご紹介したいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3654view
壁面収納は「詰め込み型お片付け」には不向き?上手に活かす...

最近の家具の流行では壁全体に収納スペースを作るとタイプ、つまり壁面収納があります。壁一面にスッキリと家具がはまっているため、見た目はとってもスッキリとしていて、部屋の中の雰囲気ががらりと変わってしまいます。しかしながら、「詰め込み型お片付け」をしたいという方には不向きなのでは?という声もあります...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2508view
ニット収納アイデア13選「毛玉・型崩れ・虫食い…デリケートな...

寒くなってくるとふわふわであったかいニット製品が恋しくなりますよね。寒い季節の必需品ですが、厚手のものはかさばるし、薄手のニットはハンガーにかけると伸びる。毎年クローゼットのニットの収納方法には頭を悩ませてしまいます。 そこで今回は、デリケートなニットを上手に収納するコツをご紹介します。

ニット収納アイデア13選「毛玉・型崩れ・虫食い…デリケートなニットの正しい収納法」
  |  834view
ハンガーラックってどんなのを選べば良いの?お部屋に合った...

洋服や帽子、バックなどを収納する際に大活躍するハンガーラックは、どこのご家庭にも1つはあるのではないでしょうか? ハンガーラックの種類や選び方のポイントをご紹介したいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
  |  4976view
洋服を収納するときのコツ|楽して整理整頓できるアイデア術

断捨離が流行っていますが、**おしゃれな人ほどファッションアイテムが多く、どれも捨てられない**と感じているのではないでしょうか。 とはいえ、適当に置いているだけや収納ケースにとりあえずたたんでいるだけでは、ごちゃごちゃしてしまい、目当ての服がみつけらないこともあると思います。 ここでは ### 洋服...

お片付け収納レシピ編集部
  |  332view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント