お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

話題のキーワードはこちら

両面テープとフックを使えば、壁は「収納スペース」になる!

お片付けをするための収納スペースが足りないと部屋を見渡したとき、そこに壁さえ存在していれば収納スペースを増設させることは可能です。使うものは両面テープとフックだけで、あとは作りたい収納に応じて板やカゴなどを用意すると、さまざまな収納スペースを作り出すことができます。

今回はL字フックを使った棚やフックだけでできる吊り下げ収納、アイディア溢れるオリジナルフック収納などをご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144081674 )

L字フックと強力な両面テープで作る棚

棚を設置したくてもスペースが足りないという場合、L字フックと両面テープを使って壁に棚を作るという方法が使えます。賃貸でもキレイに張って剥がせるタイプの両面テープであれば大丈夫です。ネジでL字フックを止めなくても、強力な粘着を誇る両面テープを使うと、壁に穴をあけずに棚を作ることができます。

ポイントはL字フックを水平に貼り付けることです。その上に箱や板を載せてしまえば棚は完成します。L字フックはアイアン風や木製のものなどさまざまなタイプが売られているので、オシャレ感を出すことも可能です。上に乗せる板や箱、カゴのタイプに合わせてL字フックを選んでみてください。

トイレに棚がなくてトイレットペーパーの替えを置くことができない、キッチンに調味料を置くほどのスペースがないときも、この即席のL字フック棚が活躍してくれます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131050813 )

両面テープ付きのフックですぐできる吊り下げ収納

両面テープが最初からついているフックであれば、複数個並べてくっつけるだけで吊り下げ収納ができあがります。キッチン台の天井にフックを貼り付けておけば、お玉やフライ返しを吊り下げて置くことが可能です。

収納扉の裏にフックを貼り付けることにより、計量カップや小鍋、まな板を吊り下げられるようになるので、デッドスペースの解消にもなります。ポイントはフックを選ぶときにフック部分が動かしやすいタイプを選ぶことです。天井につけても可動式だと下にフックを下げられるので吊り下げやすくなります。

他にもゴミ箱の横につけて袋を吊り下げる、棚の横に付けて買い物バッグを吊り下げるなど、両面テープ付きのフックをつけるだけでも収納場所を簡単に増やすことができます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131054512 )

ワイヤーや洗濯ネットをフックにかけてオリジナル収納を

フックを並べて壁などにくっつけ、そこに引っ掛けるものを変えればさまざまなオリジナル収納を作り出すことができます。よくある例としてはワイヤーを吊り下げて、そこにカゴや新たなフックを吊り下げるというアイディアです。

他にも洗濯ネットを2つのフックに広げて引掛けて小物入れにするなど、吊り下げるアイテムによってオリジナル収納を無限に作り出すことができます。穴付きのクリップをフックに掛ければ、手袋などを引っ掛けて置いておける場所になりますし、フックを2つ離してくっつけておき棒を渡せば、タオル掛けの完成です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11021000876 )

瓶や小さな植木鉢などに紐をつけてフックに吊り下げ、観葉植物の置き場所にしてしまうというアイディアもあります。フックを両面テープにつけるだけでできる収納のアイディアはたくさんありますので、いろいろ試してみてください。

粘着テープもフックも100円ショップで簡単に手に入ります。棚を作りたいときは超強力な粘着テープを使えば、ある程度重いものを載せることも可能です。壁というスペースがあったらそこはすべてフックをつけるだけで収納場所となるので、賃貸だから、狭いからと諦める必要はありません。作ったり設置したりするのが面倒だという人でも、両面テープ付きのフックをつけて吊り下げ収納を作るという方法であれば簡単にできます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144096315 )

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント