お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

洋服を収納するときのコツ|楽して整理整頓できるアイデア術

断捨離が流行っていますが、おしゃれな人ほどファッションアイテムが多く、どれも捨てられないと感じているのではないでしょうか。

とはいえ、適当に置いているだけや収納ケースにとりあえずたたんでいるだけでは、ごちゃごちゃしてしまい、目当ての服がみつけらないこともあると思います。 ここでは

洋服の正しいたたみ方や、おしゃれな収納アイデア

をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

イメージ

洋服を収納するコツ

おしゃれに洋服を収納するといっても、見た目優先で使い勝手が悪くなるのは考えものです。 収納するのが難しく、取り出しも簡単にできない状態では意味がありません。収納力は

基本を抑えるだけで各段にアップさせることができます。

ここでは、おしゃれで便利、ずっとスッキリを継続できる収納のコツをご紹介します。

ポイントは大きく3つです。

ハンガーに吊るして収納する

立てて収納する

ボックスに入れて収納する

これらを正しく守れば、あなたも収納名人になれることでしょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

たたまずハンガーにかけたまま収納する

一番楽な方法がハンガーにかけたまま収納することです。 干したまま収納するだけなので手間がかかりません。だからといって全部をハンガー収納にするのではなく、以下の点を踏まえて切り分けするようにしてください。

洋服の丈を揃える

洋服に長さがバラバラだと下スペースが無駄になります。

ポールにかける目安は7〜8割を目安に

ぎゅうぎゅうにかけていては、ハンガー収納でもシワになってしまいます。

ハンガーを揃える

統一感が生まれ、スッキリします。

洋服の裾が収納ケースなどに当たらないようにする

ケースに当たっては、どうしてもシワになってしまいます。

のびやすいニットなどはNG

肩や袖がのび型崩れの原因になります。

ほこりをかぶる可能性も

クローゼットの中もほこりは飛んでいます。

これらを怠るとごちゃごちゃ収納になるので注意しましょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

洋服をたたむ手間が省けて楽

ハンガー収納の最大の魅力はとにかく楽であることです。たたむ手間がなく、洗濯をして干したものをいつもの場所にひっかけるだけなので、忙しい主婦の人にはもってこいです。

収納は便利であることも重要なので、決してズボラではありません。最近ではハンガーの種類も多く、洋服のサイズや素材に合わせたものが販売されています。 統一感のあるハンガーを選べば見た目もスッキリするので、おしゃれに仕上がるでしょう。

また、自分の持っている服が一目瞭然になるので、選び出しやすく、コーディネートの幅が広がります。 目の届かない場所に収納すると忘れてしまい、同じようなアイテムをまた買ってしまうという無駄も省けます。 面倒でたいへんで憂鬱になりがちな衣替えも、ハンガー収納なら少し配置を換えるだけで完了です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28182000267 )

ハンガーにかければシワになりにくい

お気に入りのジーンズやカットソーにシワが入って焦ったことはありませんか? コートやジャケット・ワンピースはもちろん、クリーニング上がりのワイシャツもたたまれた状態ではたたみジワが入ってしまいます。

そこでおすすめなのが

たたまずハンガーごと収納する方法です。

ハンガー収納にすれば、衣類のシワを気にする必要がなくなり、いつでもさっと着られます。

出番が多い服ならたたみジワが気になる前に着用することもできますが、出番の少ない服や久しぶりに着る服はどうしてもアイロン掛けが必要になります。 突然必要になった冠婚葬祭用の服や、おしゃれ用のシャツやワンピースもハンガーに吊るしておけば、手間なしですぐに着用することができます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10230000003 )

洋服を立てて収納する

収納ケースに衣類をたたんで納めるとき、どのように収納していますか? 重ねて入れている人なら

「下から衣類を引っ張り出したところ、他の服がぐちゃぐちゃになってしまった」

「そのまま適当に押し込んで、シワだらけに」

なんて経験もあるかもしれません。

また、下の方に収納した服は発見しづらく、探し回ることもあると思います。これでは完全に時間の無駄です。 それらを解消するのが、立てて収納する方法です。 同じサイズになるようにたたみ、きれいに立てるように並べます。するとすべての服が一目瞭然となり、見落としもなく、取り出しやすくなります。 たたんだ服を仕切るためにブックスタンドを利用すると、よりきれいに整理できるのでおすすめです。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

洋服の上手なたたみ方

いくらハンガー収納が便利とはいえ、スペースの問題もあるため、すべてを吊るすわけにはいきません。 洋服は上手くたためばたっぷり収納でき、スッキリ見せることも可能です。 逆にたたみ方が適当だと、へんなシワが入ってすぐには着られない状態になることもあります。

また、カタチや素材によってはかなり手ごわいと感じるものもあります。 ここではシワになりにくい正しいたたみ方を紹介いたします。

Tシャツのシワにならないたたみ方

ワンピースのたたみ方

子供服のたたみ方

コツさえつかめば誰にでもできる簡単なたたみ方なので、ぜひ実践してください。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038022393 )

Tシャツのシワにならないたたみ方

Tシャツのシワにならないたたみ方としては、仕上がりを

「身頃を中心とした長方形に仕上げる」

ことです。

最初は、テーブルや床上で広げ、さっと手でシワをのばし、全体にねじれがないように正します。これがどんなたたみ方でもすべての基本となります。

次に、身幅を三つ折りにします。(前身頃でも後ろ身頃でもどちら向きでもOKですが、どちらかに揃えましょう) 長袖や長めの半袖の場合、余った袖は折り返します。

横が三分の一のサイズになったら、今度は縦に折り曲げます。このとき、下に数センチ余りを残したまま半分に折り、今度は三分の一幅に折ります。

最後に余り部分をくるっと回せば、シワにならず自立するTシャツの出来上がりです。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

ワンピースのたたみ方

ワンピースのたたみ方も、基本は

Tシャツと同じ長方形を作ってたたむようにしましょう。

まずは、床に広げてシワやよじれを正します。 裾がフレアなものもタイトなものも、基本は身頃を三分の一に折り曲げます。このとき、フレアは余りが出やすいですが、横幅に合わせて丁寧に折り曲げます。 細長い棒状になったら、下部分を数センチ残し、半分に折り、今度は三分の一幅に折り完成です。

マキシ丈の場合は、折り返す回数を増やして仕上がりサイズが同じになるように工夫をしてください。 柔らかなつるりとしたポリエステル素材の場合は、身頃を三分の一にし、棒状になったところで、くるくると丸めていきます。 そのときは裾からではなく襟から丸めることで弱い部分が守るためと覚えておきましょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

子供服のたたみ方

子供服のたたみ方も小さくなるだけで基本的には同じたたみ方です。

ですが、子供が自身で出し入れをする際、どうしてもバラバラになってしまうのであれば

「輪の中に入れる」

たたみ方がおすすめです。

たたみ方は、他と同じでシワをのばし、身頃を三分の一に折り曲げます。 裾を長めに残し、半分に折ります。後は残しておいた裾の輪に、先ほど折った身頃を入れ込むだけです。

下着も基本は同じです。身頃を三分の一にして、腰の部分を長めに残しておき縦半分に折ります。 最後は腰の輪の部分に裾の部分入れ込みます。

靴下はより簡単です。二つを重ね、シワをのばします。 横幅はそのままで、縦を三分の一に折り曲げ、つま先を輪の中に入れ込むだけです。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

ボックスに入れて収納する

タンスや収納ケースでは広すぎて、いつの間にか全体的にごちゃごちゃしてしまうというお悩みの方には

ボックスを使った収納がおすすめです。

好みの大きさのボックスを用意し、ジャンルごとにそれぞれ収納できるようにします。細かく分けることで、全体的に乱雑になることを防ぎ、整理整頓がしやすくなります。 特にハンカチや靴下、下着など小物類や、ベルト、アクセサリーなどの分別に使うとよいでしょう。

Tシャツは長袖と半袖を分け、靴下は長さ別に、下着はアイテム別にすることで、スッキリきれいに収まるのでおすすめです。 断然選びやすくなるので、朝からバタバタすることもなくなるでしょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

小物類の収納におすすめ

靴下や下着類はごちゃごちゃしやすく、Tシャツにように立てて収納するのも難しいので、ボックスを利用しましょう。

たとえば、ネクタイの場合、ネクタイの横幅サイズに合った細長いボックスを選びます。できれば最初から仕切りのあるものを選ぶとより便利です。 スペース一つにつきくるりと丸めたネクタイを一つ収納すれば、色柄もわかりやすく、シワにもなりません。

下着の場合は、ネクタイより詰めていれても大丈夫なので、細かく仕切られているものよりもアイテムごとに分けられる程度のもので充分です。下着用収納ボックスも販売されているので利用するのもよいでしょう。

仕切りが自由に動かせ、アイテムごとの収納も簡単なのでおすすめです。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit  ST-02 ランジェリーケース ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/case/st-02.html )

スペースを有効活用できる

ボックスタイプは

少々乱雑にものを入れても広がりません。

大き目のボックスを用意し、あまり利用しないものをざっくりと入れ、クローゼットの上段に並べれば、スペースの有効活用になります。この場合、ボックスが大きいからと、パンパンに詰め込んで重くなりすぎては危険ですので、注意しましょう。

ボックスには、季節はずれのストール類や、あまり使わない靴やスリッパ、行事ごとにしか使わない小物類や衣装など、出番の少ないものを入れておきます。お片付けが進めば、収納スペースもアップします。

ただし、ボックスならなんでもいいというわけではありません。

同じシリーズにもので揃えるようにすると見た目もスッキリします。

中が見えない場合は、タグや写真を貼り付けておくとわかりやすくて便利です。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit UC-06 340引出しL ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/case/uc-06-340l.html )

収納スペースがおしゃれに見えるコツ

「収納力スペースがなんだかダサくてかっこ悪い」

とお悩みではありませんか?

毎日目にする場所だからこそおしゃれに見せたいですよね。 収納スペースがおしゃれに見えないのは、統一感がなく、雑然としているためです。

「収納グッズのサイズや素材がバラバラ」

「全体的に色がごちゃごちゃしている」

は、そのもっとも典型的な例です。これらを解消するため、ここでは

100均グッズを使用した場合

押し入れ収納の場合

クローゼットに収納する場合

棚に収納する場合

の4つのコツについてご紹介いたします。 工夫すれば簡単にできることばかりなので、ぜひ参考にしてください。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

100均グッズを使用した洋服収納のコツ

100均ショップは、お手頃価格で生活に役立つアイデア商品が多数並べられています。もちろん、収納に便利なグッズもたくさん揃っています。 ここでは100均ショップにある、おすすめのアイテムをご紹介します。

仕切り板

仕切り板は、収納ボックスが広すぎる場合に使うと便利です。ボックス内が乱雑にならず、下着や靴下などの整理にピッタリです。

突っ張り棒

突っ張り棒は、収納ケースをおおまかに仕切るのに便利です。下着やTシャツが倒れないための支えにもなります。

柄入りの厚紙

柄入りの厚紙は、種類も豊富でお好みの世界観が表現できます。収納ボックスの表面やダンボールに貼り付けるだけで、おしゃれに変身します。

文庫本収納袋

文庫本収納袋は、溜まりがちな本の収納だけではなく、子供服の収納にも便利です。積み重ねることができ、取り出しも簡単です。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

押し入れに洋服を収納するときのコツ

押し入れの中をおしゃれな収納スペースにするには、デッドスペースができないように、上手く区切って使うことです。使い勝手がいいように押し入れを区切るためのおすすめのグッズをご紹介します。

突っ張り棒

ハンガーがかけられるポール代わりになります。

ボックス

天袋にボックスを並べて普段は使わないものを入れておけば、ほこりよけにもなります。また、ボックスはテイストや柄を揃えることでおしゃれに見えます。

かご

小さな小物類やバッグは取り出しやすいかごに入れておけばスッキリと納まります。

ラック

ラックで棚を作れば、上下にスペースが分けられるようになり、布団やボックスを無駄なく収納できます。 です。

これらを上手く使うことで、クローゼットより大容量で使いやすい収納を作ることは可能です。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

クローゼットに洋服を収納するときのコツ

クローゼットを無駄なく使うには空間を分けて収納することです。 おしゃれに見える収納方法を空間ごとにご紹介します。

上部

上部は手が届きにくいので、普段は使わないものを納めます。シーズンオフの洋服や小物を軽くて大き目のボックスにざっくりと収納しましょう。取手付きのボックスが取り出しやすく便利です。

中部

一番使いやすいポジションです。ハンガーを並べ、コートやジャケット、ワンピースなどのたたみにくいものや日常的に使うものを優先的に並べていきます。

下部

ハンガー収納で余ったスペースを流用するため収納ケースを並べ、その中にたたんだ衣服を入れていきます。型崩れを起こしやすいニット類やたたみジワができにくいTシャツやカットソーがおすすめです。 下着やソックスなどは同じ大きさになるようにたたみ、箱や仕切りを活用すればきれいに収まります。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

棚に洋服を収納するときのコツ

クローゼットや押し入れ収納が少なく、衣類が収まりきらない場合には棚に収納することもおすすめです。 以下アイテム別に使用方法をご紹介します。

ラック

ラックがあれば、制服やコートなど毎日使うものをさっとかけて保管できます。フックを増やせば、かばんもひっかけられるのでたいへん便利です。 商品によってはパーツを組み合わせて引き出しや棚を増やすなどカスタマイズが可能です。

引き出し収納

いわゆるタンスやチェストというものです。ハンガーをかけることはできませんが、衣類をたたんで収納する以外にも、アクセサリーや小物類を並べて保管するのに便利です。

イメージ

出典元: ルミナス レギュラー ハンガーラック スチールラック 3段 幅60 [ウッド:ブラウン] ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_255/ )

キャスター付きボックス

自由自在に置き場所を変えられるキャスター付きボックスは、少々重いものを保管するときや奥からものを取り出すときにたいへん便利です。 キャスター付きボックスは置き場所を変えられるので見栄えを意識した場所に置くのもよいでしょう。

イメージ

出典元: https://stock.adobe.com/jp

洋服収納はアイテム選びが肝心

服の収納は「ハンガーにかける」「畳む」だけだと、すぐにスペースが埋まってしまいます。 収納を補助してくれるアイテムを使って、お手持ちの洋服を出しっぱなしにしないための収納を実現しましょう。

ここでは、洋服を収納する方法の学び方について

洋服収納の専門家に相談する

収納のショールーム見学に行く

の2パターンをご紹介いたします。

洋服収納の専門家に相談する

洋服の収納方法のパターンは

「ハンガーにかける」

「畳む」

が基本になりますが、そのうえで空間を活かしきることが重要です。ハンガーにかけた洋服の下などは空間が余りがちなので、そこにカラーボックスなどを入れて畳んだ服を収納するのが良くある空間活用術の一例です。

洋服収納の専門家に相談すれば目からうろこの洋服収納術を知ることができる可能性もあるので、ネットでの相談窓口や店頭での相談イベントなどを見つけたら駆け込んでみることをおすすめします。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736005590 )

収納のショールーム見学に行く

局所的な洋服収納テクニックが分かっても全体像をうまくイメージできない場合は

ショールームに見学に行ってみるのがおすすめです。

ショールームは「実際の生活に収納家具を導入したらどうなるか」を具現化している空間なので、フワフワしている洋服収納実践後のイメージも明確化されます。

もちろんご自宅と同じ家具が並んでいるわけではありませんが、収納のヒントは多く得られます。 気になったことがあれば、その場でスタッフさんに質問できるのもショールームに足を運ぶことのメリットです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28202000018 )

いつの間にか溜まった洋服は

収納の正しい知識と少しの工夫があれば、おしゃれに保管することは可能です。

気を抜くとすぐに部屋中に服が散らかってしまうのであれば、収納スペースが有効に使えているかすぐにでもチェックしてみましょう。 クローゼットや押し入れ、収納ケースやボックスの中、どこか無駄にしているところがあるはずです。

かわいい服やステキな服を着るときだけではなく

収納時もきれいに並べてこそ、本当におしゃれな人です。

洋服が増えてきたと思ったら、適度な断捨離と収納の見直しをし、お部屋も気持ちもスッキリ過ごせるようにしましょう。

関連おすすめ記事

ズボン収納アイデア12選「シワになりにくいものはたたむ・シ...

クローゼットの中でもかさばるアイテムのひとつ、ズボン。生地によっては厚みがありかさばる、たたんでおくとシワがつくなど収納に苦労している人もいるのではないでしょうか?

ズボン収納アイデア12選「シワになりにくいものはたたむ・シワになりやすいものはハンガーにかける」
  |  31view
クローゼット内の夫婦の持物を分けて収納し、お互いに使いや...

夫がクローゼットに洋服をしまう度に、その都度空いている適当な場所に服を掛けていたために妻の服が落ちてしわくちゃになってしまった。今回はそんなお話です。夫婦で使うクローゼットの正しい使い方を知りたい、という方にオススメ。

お片付け収納レシピ運営事務局
  |  7830view
Tシャツ収納アイデア9選「便利グッズを使って上手に!コレク...

デニムやスカート、どんなボトムスにも合わせられるTシャツ。ブランドのロゴがプリントされていたり、アーティストのライブ会場でグッズとして売られていたり、コレクションしている人もいるのではないでしょうか。

Tシャツ収納アイデア9選「便利グッズを使って上手に!コレクションTにも、もう困らない」
  |  112view
たたみ方を変えれば収納スペースも増える!収納の基本はたた...

洋服の収納に悩まれている方はとても多いと思います。 洋服といっても、下着や靴下、トップス、ワンピース、スカート、ズボンなど、アイテム数が多く、形やサイズも異なります。 成長と共に、また時代と共にその数もどんどん増えていくので、スッキリと整理整頓して収納するのはとても難しいです。 洋服の収納は...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2541view
スカート収納アイデア15選「ニトリ・IKEA・無印・100均のハン...

女の子のおしゃれアイテム「スカート」。シフォン素材、ウール素材、プリーツスカートなど、デリケートで、型崩れしやすいものもあり収納するのが難しいですよね。夏物と冬物の衣替えも必要で、どうやって保管しておけばいいか悩んでしまいます。

スカート収納アイデア15選「ニトリ・IKEA・無印・100均のハンガーに吊るして収納」
  |  30view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント