お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

扉の裏も壁も使おう!スペースを活かし切る収納術

部屋の収納はいくつあっても困らないものですが、収納家具を置きすぎると、今度は部屋そのものが狭くなってしまいます。バランスよく収納家具を置いて、さらに収納スペースをもっと増やしたいのなら、デッドスペースを上手に使うのがポイントです。

そんなときに着目したいのが、扉の裏です。扉の裏は、普段それほど気にすることはありませんが、上手に活用することができたら、優れもの収納スペースとして、大いに活躍することは間違いないでしょう。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit DH-06 ドアフックプラス・リング ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/multi/dh-06.html )

シューズボックスの扉の裏を活用

玄関であふれてしまいがちな靴の収納に困ったら、シューズボックスの扉の裏を活用するのもおすすめです。ホームセンターや百円ショップ、インターネットなどで手に入るタオルハンガーなどの収納アイテムを取り付けたら、サンダルなど、軽量のものを引っかけて収納するのにぴったりです。

また、扉の裏に小さな収納カゴなどを取り付けておくと、雑多な印象になりがちな、カギや印鑑などの小物をまとめて入れておくことができます。扉を閉めてしまえば見えなくなるので、すっきりきれいに片付くでしょう。

ほかにも狭い玄関を広く使いたいなら、雨の日にしか必要ないけど置いておかないと困るといった傘なども、扉の裏を使って収納できたらすっきりするでしょう。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit DH-01 ドアフック ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/multi/dh-01.html )

キッチンでも扉の裏や壁の収納は大活躍

家の中でも、整理整頓が難しくモノがあふれてしまいがちな場所のひとつに、キッチンがあります。毎日使う場所だから、きれいに片付けておきたいものの、毎日朝から晩まで使う場所なので、意識をして片付けないと、すぐに散らかってしまいます。そんなキッチンだからこそ、収納スペースは上手に使いたいです。

扉の裏や壁には、よく使うものを収納しておくと使い勝手もよくお片付けもらくになるでしょう。調理の際には必ず使うといってもいい調味料や料理油などを、収納カゴを取り付けて収納しておいてもよいですし、フックやタオルハンガーなどを取り付けて、キッチンツールなどを引っ掛けて収納するのもおすすめです。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit Mag-On 8050 マグネットスパイスラック ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/kitchen/mag-on-8050.html )

洗面所の壁も活用できる

洗面所も、家族全員の歯ブラシや化粧品、薬など必要な小物が多いために、散らかった印象になりがちな場所です。家族一人ひとりが使ったあとにきちんと元の場所に戻すことを徹底しなければ、1日で散らかってしまいます。 特にドライヤーなどは特殊な形でなかなか収まりにくいので、収納に困る方は少なくないでしょう。女性の場合はドライヤーも1種類とは限らず数種類所持している方も多いです。出しっぱなしになったり、コードがきれいにまとまっていなかったり、すっきり片付かない原因となってしまいます。

そんなときは、洗面所の癖辺が役に立ちます。フックを使い壁に引っ掛けて収納しておくと、すぐに取り出せるだけでなく、インテリアとしてもオシャレになじみます。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit DH-01 ドアフック ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/multi/dh-01.html )

毎日生活する家の中には、さまざまなモノがあふれてしまって、すっきり片付かないものです。特に小物は、出しておくと雑多で散らかった印象になりがちですが、よく使うモノはしまっておくと取り出すのが面倒です。 そんなときは、使う場所にある収納家具の扉の裏や壁に引っ掛けてしまっておくのがおすすめです。 扉の裏や壁などのデッドスペースを上手に活用して、すっきり片付いた空間で過ごしましょう。

関連おすすめ記事

立体的にスペースを使うなら壁面収納は必須!

収納スペースが足りない、お片付けができないと感じている方におすすめなのが、壁面収納です。アイデア次第では自分で取りつけることができます。壁面収納で立体的にスペースを使うなら、隙間やデッドスペースを有効に活用できます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  5441view
無印良品のキャビネットは別売りパーツで拡張も可能!

テレビ周りをスッキリさせたい、キャビネットに注目しているけれど大きさが好みではない、そうお悩みの方は無印良品キャビネットはいかがでしょうか。 壁のスペースを上手に収納に活用できるので、お片付けが苦手な方も楽しみながら収納が出来ます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2387view
「壁面フック×穴あきボックス」で収納スペースをメキメキ拡大!

ご自分のお部屋の中に、もう空いている収納スペースがないから、お片付けができないと諦めてしまっていませんか? もう一度お部屋の中をぐるりと見渡してみてください。 穴あきボックスを引っ掛ける場所さえあれば、簡単に収納スペースを作ることができますよ。今回は簡単に収納スペースを作ることができる便利アイ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  3532view
ほうきとちりとり収納方法とアイデア9選「毎日使うから手に取...

掃除機が普及した現在でも、畳の部屋や玄関のたたき、ベランダ、庭など、屋内外問わず重宝されています。そこまで場所は取らないほうきとちりとりですが、各所に必要になってくるので場所に合わせた収納をしなければなりません。

ほうきとちりとり収納方法とアイデア9選「毎日使うから手に取りやすい場所にセット収納!」
  |  1713view
スペース節約!壁面収納に一体化したデスク

収納のスペースがないと途方に暮れてしまっている方もいるのではないでしょうか。ダイニングや寝室、キッチンはまだいいものの、仕事部屋や子ども部屋など、物があふれかえっている部屋のお片付けは大変です。そんな時に活用したい、デスクと一体型の壁面収納などをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  4410view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント