お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

壁面収納DIYでよく使われる「2×4」「1×4」木材はどんな特徴があるの?

話題となっている壁面収納DIYにチャレンジしてみたいという方も多いのではないでしょうか。

ですが、いざ木材を購入しようとホームセンターに足を運んでみたものの、山積みされている多種多様な木材を目の当たりにしてしまうと、どれにしていいか見当がつかずに困ってしまうことも珍しくありません。 ここでは、DIYでよく使用される木材についてご紹介します。

イメージ

木材の特徴

ホームセンターの木材コーナーには、数えきれないほどの木材が販売されています。DIY初心者だと、この中からどの木材を選べばいいのか悩んでしまいかねません。まずは、木材の特徴について知識を得ておきましょう。

木材は、広葉樹と針葉樹に大別され、ホームセンターで私たちがよく目にする木材のほとんどは針葉樹になります。針葉樹は、広葉樹と比べると、加工がしやすく価格がリーズナブルといったメリットがあります。

針葉樹にも、スギ、マツ、ヒノキ、ホワイトウッド、SPFなどさまざまな樹種があります。これらの中でも、SPFやホワイトウッドは、加工がしやすく、とても安価なのでDIYには最適な木材なのでとてもおすすめです。

イメージ

木材のサイズ

ホームセンターの木材コーナーにいくと「2×4」「1×4」と表記されて販売されています。初めての人にはまったく意味がわかりませんよね。これらは木材の寸法を表記しているのです。 アメリカの建築工法で使用されている規格化された寸法で、単位はインチになります。これは、角材や板材でも同様です。

「1×4」は、1インチ×4インチという意味で、ワンバイフォーと読みます。 「2×4」は、2インチ×4インチという意味で、ツーバイフォーと読みます。

1インチは25.4mmになりますが、乾燥や表面加工をするため実際の寸法は一回り小さくなり、「1×4」は19mm×89mm、「2×4材」で38mm×89mmになります。

イメージ

樹種による違い

「1×4」「2×4」と呼ばれる木材の樹種は、SPFホワイトウッド、ウエスタンレッドシダーなどが代表です。SPFは、S(スプルス)P(パイン)F(ファー)という木材の頭文字をとった総称であり、さまざまな樹種を含む混合材です。 ホワイトウッドは、見た目はSPFと似ているのですが、節が小さく白っぽいという特徴があります。SPFよりは耐久性が劣るのですが、樹種を特定していないため安価に手に入れやすい材料なのでおすすめです。

ウエスタンシダーは茶色っぽいところが特徴です。腐りにくく、柔らかいので加工がしやすく、節が少ない木材です。価格は他と比較すると高いですが、ウッドデッキ材として人気のある木材です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038021346 )

壁面収納DIYでよく使われる「2×4」「1×4」の木材から、自分にあったものを選んで、オリジナルの棚作りを楽しんでください。使いやすい収納スペースがあれば、お片付けも楽にできるようになるはずです。

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント