お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

扉が軽い壁面収納なら、赤ちゃんや音に敏感な人がいる家庭でも安心!

家の中にある収納家具には、扉付きのものが多くありますが、その扉の明け閉めの際の音が気になるということはありませんか? 些細なことのようで、気になる人にとってはとても深刻な問題です。この音を防ぐには、どんな方法があるのでしょうか。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

意外に気になる収納家具の開閉音

食器棚の扉をバターン!と閉めたり、クローゼットや下駄箱のドアをドン!乱暴に閉めたり… どんなに注意をしても気をつけてくれない家族がいると、イライラしてケンカの原因になることもありますね。 気にならない人にとってはなんて事のない動作に思えても、音に敏感な人から見ると我慢できないような生活音になることがあります。特に大きな音が苦手な人は、扉やドアを閉めるバン!という音に飛び上がるほど驚き、とても不快な思いをするものです。

そんな音が家庭の中でするのは、かなり大きなストレスになると言ってもいいでしょう。また赤ちゃんがいるご家庭では、問題はもっと深刻です。 やっと寝てくれた赤ちゃんが、音で目を覚ますなどということになると、お母さんのイライラは募るばかりですね。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161012104 )

市販の対策グッズで軽減する

こうした扉やドアの閉め方は、癖になっている人はなかなか治すことができませんし、小さな子供だとまだ力の加減が上手にできないということもあります。家族でも生活音に対する感じ方は一人一人違いますので、何らかの対応策を考えることは大切です。

例えば戸棚の板にはめるだけで、開閉音を軽減できるグッズをつけたり、ゴム製のクッションやシリコン製のシートを貼るなど、手頃な価格で音をやわらげる工夫もありますし、蝶板を少し調整して、ドアの当たり具合を軽くするという方法もあります。 音が気になる扉はどれなのか、状態を確認してどんな音の軽減対策が取れるかを考えてみましょう。

イメージ

開閉音が静かな壁面収納を選ぶ

壁面収納では全面が扉になっているものも、扉が全くないものもありますが、音が気になるからといって全てオープンの収納にすると、お片付けが苦手な方は収納方法に苦労するでしょう。 その場合は扉が軽い壁面収納にしたり、引き戸タイプで静かに開閉ができるタイプを選んだりするのがおすすめです。

特に寝室の壁に設置する場合は、音の静かな扉であることは最低限必要な条件になります。ぐっすり眠っているときに、収納の開閉の音で起こされるのは誰だって不愉快でしょう。 あまり音を立てずに静かに開け閉めできる収納なら、赤ちゃんのいるご家庭でも安心ですね。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

大建工業の壁面収納「フィットシェルフ ローボードPLAN10」は、和モダンスタイルのローボードで、ちょっとした畳スペースにも洋空間にも自然に馴染みます。扉部分はすべて軽い操作感の引き戸なので、音に敏感な人や赤ちゃんがいるお部屋にもピッタリです。

家族の中でも気になる部分は一人一人違うものです。お互いの苦手なことを理解して尊重し、不必要なストレスがたまらないように対策を考えて行きたいですね。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

関連おすすめ記事

引き戸のシステム収納なら大きな音がならなくて安心

音に敏感な家族がいる場合、ドアや収納の扉の開閉音などに気を使うこともあるかもしれません。お片付けのために取り付けたシステム収納の音が意外に大きかったという話はよくあることです。 一口にシステム収納と言ってもさまざまなタイプがありますが、今回は大きな音も出ないので安心して使うことができる引き戸タイ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1200view
扉の役目は目隠しだけじゃない!湿気排出&指挟み防止を目指し...

家の収納などに取り付けられている扉の役目と言えば、**中に収納しているものが、外から見えないようにするための目隠し**のようなものです。中がどんなにごちゃごちゃしていても、扉を閉めさえすれば、すっきり片付いてみえるのです。 最近は湿気を排出する、指挟みを防止するなど、さまざまな機能を持つ優れものの...

お片付け収納レシピ編集部
  |  170view
見せたくない収納スペースは「扉」でスマートに目隠し

使いやすくスッキリ見えるよう収納したいと誰もが思いますが、どのように収納すればいいのか、どんな収納家具が良いのか迷うところです。また、モノを収納するときに内側がすべて見えてしまうと、中も常に片付けておかないといけないので気が落ち着きませんね。 そこで今回は、扉をうまく使って収納を目隠しする方法...

お片付け収納レシピ編集部
  |  881view
壁面収納の扉の上手な使い方

沢山の物を収納することができる壁面収納。オシャレ雑貨を並べれば、見せる収納としてインテリアにもなり、扉をつけて生活感のある物を隠すこともできます。扉の使い方によって、部屋の雰囲気がガラリと変わる壁面収納。壁面収納の上手な扉の使い方をまとめてみました。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2794view
扉の裏も壁も使おう!スペースを活かし切る収納術

部屋の収納はいくつあっても困らないものですが、収納家具を置きすぎると、今度は部屋そのものが狭くなってしまいます。バランスよく収納家具を置いて、さらに収納スペースをもっと増やしたいのなら、**デッドスペースを上手に使うのがポイント**です。 そんなときに着目したいのが、扉の裏です。扉の裏は、普段それ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  154view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント