お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

話題のキーワードはこちら

子供部屋におすすめの壁面収納2選

壁面収納と言えば固定することで地震に強く、子ども部屋にも安全に使うことができるというメリットがあります。また、子どもの身を守れるだけではなく、散らかりがちな子どものモノをすっきりと収納するのにも便利な収納でもあります。

親子のコミュニケーションをはかれる、家具の買い足しが不要、収納付きの部屋の仕切りとしても使える壁面収納をご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179005314 )

「子どものモノをすべて納められる壁面収納で家具の買い足しが不要に」

子供部屋をしっかりと作り、なおかつ子供が大きくなってもずっと使える壁面収納にしたいのであれば、多機能性を秘めた壁面収納がおすすめです。今や子供1人につき1部屋が当たり前の時代となり、テレビやパソコンも子供用のモノを必要とする家庭も多くなっています。そんなとき、MiSELの多機能性のある壁面収納であれば、家具を増やさなくてもすべてのモノを一緒に置くことが可能です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 間仕切プラン63について詳しくはこちら→ ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel63 )

そんなに場所がないという家庭であっても、壁面収納で子供のものをすべて置ける、言わば子供専用スペースを作ってあげることで、子供も自分の場所だと認識して、自分で自分のものを管理できるようになります。帰ってきたらカバンや脱いだジャンパーを置くところがちゃんとあるというのが、お片付けのポイントです。それらすべての収納を叶えてくれるのが多機能性のある壁面収納です。

==============================

■PLAN 63 価格:\ 350,000 色:扉・カウンター・デスク面 ウォールナット柄(ダルブラウン)/ユニット ホワイト 寸法:幅2018×奥行540×1975mm

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 間仕切プラン63について詳しくはこちら→ ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel63 )

子供目線の設計だから自分で片付けができる」

玄関にランドセルは放り投げられたまま、持ち帰った教科書類も床に放置という状態を解消させるためにはまず収納を整える必要があります。壁面収納であればランドセル置き場があるなど、学校に使うモノをちゃんと収納できる場所があります。MiSELのローシェルフプランは子供に配慮したプランなので、壁に沿って低い位置で収納を確保できるのがポイントです。わざわざ大型の収納ボックスを買わなくても済みます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03について詳しくはこちら→ ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

子供っぽくないシンプルなデザインなので、長く使用できます。また背面の壁にしっかりと固定するので、部屋で子供が暴れても倒れたりする心配がないのも魅力です。

==============================

■PLAN 03 価格:\ 141,900 色: 棚板 メープル柄(ミルベージュ)/方立 モノホワイト/扉 アッシュ柄(ネオホワイト) 寸法:幅2280×奥行360×高さ925mm

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03について詳しくはこちら→ ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

子供が増えて子供専用のスペースが必要だというとき、簡単に子供のスペースを作ることができるのが壁面収納です。壁面収納でコーナーを作るだけでも子供のスペースが確保でき、子供自身でお片付けができるようになるきっかけとなります。成長しても使い続けたければパソコンやテレビなども置けるタイプを、学校用品を収納したければランドセルも仕舞えるタイプなどを選んでみてください。兄弟姉妹が多い場合や、収納と部屋をそれぞれ用意する余裕がないときは仕切りとして使える壁面収納がおすすめです。

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント