お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

無資格の人が自力でDIYリフォームをするときの注意点

DIYブームの今、住まいのリフォームを自分でしたいと考えている人も多いですね。しかし、無資格の人が自力でリフォームをした結果、大切な家を傷つけてしまい、余計に費用がかかってしまうというケースがあります。

そこでDIYリフォームをするときの注意点をまとめました。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10387003466 )

無資格の人がやってはいけないこと

建築基準法などの法令が適用されている建物。資格のない人が、建物の構造に影響を与えるようなDIYリフォームをするのは危険です。建物の構造上で重要な役割をしている梁や柱に穴や切り込みをいれてしまうことで、建物の強度を著しく低下させることになります。

さらに、電気の配線や給水管の工事などは、無資格の人は施工ができません。仕組みや手順を知らないで施工してしまい、感電や漏水などの事故が起こる危険があります。安心安全で快適な暮らしを手に入れるためのDIYリフォームなのに、ケガや事故を引き起こしては意味がありません。 無資格の人が行うDIYリフォームは、失敗してもやり直せる内装仕上げの工事から始めてみるのが良いですね。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208001487 )

DIYリフォームの注意点

【塗壁にする

ホームセンターなどにある漆喰を使用して、壁をリフォームする人も多いですね。漆喰には水を入れて練る粉のものと、最初から練られているものがあります。施工に何日かかかることが多いため、開封後の使用期限が短い練上がっている漆喰ではなく、粉タイプのものを使用するようにしましょう。

【クロスの張替え】

最初から糊がついている初心者向きのクロスと、自分で糊を塗布しなければならないクロスがあります。DIY初心者の方は、難易度が低い糊がついているクロスを使用すると良いですね。

【クッションフロアの設置】

クッションフロアの施工にはボンドを使用するものと使用しないものがあります。賃貸物件などはボンドを使用せずにマスキングテープを使用する方が良いです。反対に分譲ならば、ボンドを使用すれば持ちが良くて耐用年数が長いです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10387001703 )

DIY初心者におすすめの壁面収納

ホームセンターなどにあるディアウォールを使用すれば、初心者でも簡単に収納スペースをつくるリフォームをすることができます。ビスやクギを使用することなく、家の中のデッドスペースを有効活用できる壁面収納。ディアウォールを使用するときには、上下垂直に使用すること、フローリングではなく畳やクッションフロアに設置するのならば状態をよく見て設置の判断をすることを注意しましょう。

壁や床、天井を傷つけることないので賃貸物件でも心配ありません。空間を有効活用して、散らかる部屋のお片付けに欠かせない収納スペースの確保をすることができます。力がない女性でも一人でできてしまう簡単リフォームなのでおすすめですよ。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11065000053 )

ケガや事故、余計な費用をかけないためには、無資格の人が決して手をつけてはいけないリフォームもありますね。

DIY初心者の方は、家の中を傷つけることのない収納の設置や、何回でもやり直しができる内装仕上げのリフォームから始めてみることをおすすめします。

関連おすすめ記事

耐震・防火リフォームを行う際に気をつけるべきこと

中古物件を購入して住んでいる場合や、親族が建てた家が古くなったため、リフォームで防火性や耐震性を上げることがあります。しかし耐震・防火リフォームで気をつけるべき点にはどんなものがあるのか、把握している人は少ないです。今回は耐震や防火目的でリフォームを行うときに気をつけるべき点についてお話していき...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1279view
システム収納設置前には必ず「設置予定箇所の寸法」を測りま...

新築の家を建てるときや家をリフォームするときなどに、システム収納を検討される方は多いでしょう。最近ではホームセンターやネット通販、雑誌などでも、システム収納を目にする機会が増えてきました。そこで今回は、システム収納を検討されている方のために、購入前に知っておきたい注意点などをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2795view
ふた部屋をひと部屋に繋げるリフォームのポイント・注意点

仕切壁を取り払ってふた部屋をひと部屋にし、お片付けや掃除のしやすいような部屋にリフォームをするとなると、まずそれが可能な建物かどうかを確認する必要があります。また、このようなリフォームは**ひと部屋にしたときに部屋が寒すぎる、窓が少なすぎる、統一感がないという事態を招きがち**です。 今回はそうした...

お片付け収納レシピ編集部
  |  353view
賃貸でもシステム収納が取り付けられる「オンボード工法」

システム収納で部屋をすっきりさせたいけれど、賃貸住宅のためにシステム収納をあきらめている人は多いです。しかしDIYや工務店で、壁を傷つけない方法でシステム収納を作ることができます。壁に傷をつけたくないのであれば「オンボード工法」がおすすめです。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2454view
収納スペースを増やすリフォームに踏む切る際の注意点

リフォームで収納スペースを増やしたいときに失敗しないための注意点をご紹介します。登記変更をしたくない、カビが生えないようにしたい、使い勝手のいい収納にしたい方はぜひ参考にしてください。リフォームを考える前に知っておくことでムダな作業を増やさずに済みます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1896view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント