お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

小刻みに調整可能な壁面収納で理想通りの棚を実現!

壁を利用した壁面収納は、さまざまなサイズのものを上手に収納できます。特に、収納スペースをカスタマイズできるタイプは、使う方のニーズに合ったサイズを作り出すことができます。 設置する部屋に合った自由なレイアウトは、収納スペースとしてはもちろんのこと、インテリアとしても部屋を美しく見せることができます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

隠す収納から見せる収納へ

収納というと、散らかっているものをお片付けして部屋をきれいに見せるというイメージがあります。しかし壁面収納は、収納スペースとして、さらに飾り棚としても活用することができます。

たとえば本やCD、DVDなどを収納するにも、すべて背表紙を揃えて並べるのではなく、気に入った装丁の本や好きなCD、LPをインテリアのアイテムとして飾ることができます。

また、布製や木製などのボックスを使うことで部屋全体の雰囲気を統一させるほか、逆にそのスペースだけ特別な雰囲気を施すこともできます。壁面収納は使う方のアイデア次第で、世界に一つだけのスペシャルな棚にすることができるのです。自由自在なレイアウトを活用して、その部屋に一番合った棚を活用しましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ブックシェルフプラン04 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft04 )

棚スペースを自由自在に調整

小刻みに調整可能な壁面収納は、オーダーする前のレイアウトを考えるだけで楽しくなります。たとえば壁面収納の中央部分にテレビを設置し、その下にDVDやBlu-rayを収納するなど、お好みにカスタマイズすることができます。

事前に収納するもののサイズを図り、それに合ったスペースを作ります。書籍やインテリア雑貨、場合によっては衣類を吊すスペースにしてもかまいません。

自由自在にカスタマイズできるということは、既成概念に囚われることなく、ユーザーそれぞれのニーズにあった棚を作りだすことができるのです。壁面収納は設置する部屋の雰囲気を壊すことなく、統一感を深めます。既製品の棚にはない、独自のスタイルを築くことができます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

既製品にはないメリットがたくさん

壁面収納はその部屋に合ったサイズ、機能を持たせることができます。たとえば既製品の棚を使用した場合、どうしてもデッドスペースが生まれてしまいます。ただでさえ日本の住宅は収納スペースが大きくありません。限られたスペースは最大限活用したいものです。

そんなニーズに応えるのが壁面収納です。既製品と違って、細部にいたるまでカスタマイズできます。たとえば棚の素材や色、収納スペースの区分けの仕方など、ユーザーの好みに合わせて調整できます。

全面的に「見せる収納」「見せない収納」にすることもできますし、一部を「見せる」、一部を「見せない」収納にすることも可能で、既製品にはないメリットがたくさんあります

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

小刻みに調整可能な大建工業の壁面収納「フィットシェルフ ダイニングシェルフプラン PLAN02」は、縦横自由自在に、好きなサイズにカスタマイズできます。細かく区分けすることも、大きなスペースとして使うこともでき、ニーズに合った棚を作ることができます。

小刻みに調整可能な壁面収納は、使う方のニーズに合ったカスタマイズができます。大きさ、色、素材、デザインなど、自由度が高い収納棚は限られたスペースを最大限有効に使うことができ、散らかりやすいお部屋のお片付けもスムーズに行うことができます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ダイニングシェルフプラン02 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft02 )

関連おすすめ記事

細かくサイズ調整できる壁面収納ならレイアウトはうまくいく!

壁面収納は壁を有効的に使うことにより、収納力をアップして部屋をお片付けすることができます。メーカーにもよりますが、壁面収納の容量やレイアウトはある程度決まっていて、自分の好みのレイアウトがしにくいという場合が多いようです。ですが、サイズ調整のできるシェルフタイプの壁面収納も存在します。今回は、そ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2326view
部屋の角を「奥行」として活用する技ありの壁面収納

部屋の角はレイアウトによってはデッドスペースとなってしまうことがあります。お片付けが得意な人ならこのデッドスペースも収納スペースとして活用しています。壁面収納と角のデッドスペースを合わせれば、収納スペースも増え散らかっている部屋もすっきりさせることができるはずです。今回はこの部屋の角のスペースの...

お片付け収納レシピ編集部
  |  4381view
テレビ周りのコードを隠したい!ホコリも防げるスタイリッシ...

暮らしの空間作りで意外に大変な場所が、リビングのテレビ周りです。雑貨が散らかっていたり、コード類が乱雑になっていたりと、どうしても生活感が出てしまいがちなのではないでしょうか。 そんなテレビ周りをスッキリさせて、しかも大容量の収納スペースを確保できるのが、壁面収納システムです。賃貸だから無理なの...

お片付け収納レシピ編集部
  |  5222view
暮らしの質が上がる!?システム収納活用方法!

システム収納はモジュール化された板、部品を自由に組み合わせ、自分好み、ニーズにあった収納を作れます。壁やデッドスペースなどに工夫しだいで、収納スペースが増えるだけではなくインテリアとしても部屋の質を向上させることができます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1359view
壁面収納・システム収納のメリットとは|種類や場所別の特徴...

壁に収納スペースを増やせる壁面収納やシステム収納は便利なので、リフォームや設置を検討している方も少なくないのではないでしょうか。壁面収納やシステム収納を導入すれば、**収納スペースが増えてきれいに片付く**ため**部屋がすっきりとした印象になります。** しかし、テレビなど家具の位置を変えることができな...

お片付け収納レシピ編集部
  |  481view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント