お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

低めの壁面収納を設置して、子供にお片付けを伝授!

ちょっと目を離すとすぐにおもちゃが散乱して散らかってしまう子供部屋は、お母さんにとってはイライラの原因です。 子どもが自分でお片付けができるように環境を整えてあげて、そんなイライラから開放されませんか?

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038007333 )

遊びの延長でお片付けができる工夫を

すぐにおもちゃが散らかってしまうのは、子どもが自分で片づける方法がわからないからです。わかりやすく片付けやすい収納があれば、遊んだあとはきちんとお片付けをする習慣もつきやすくなりますね。 そのためには楽しんでお片付けができるような工夫をしてあげることです。そして、ポイントは

おもちゃの種類ごとに定位置を決めること。

例えばぬいぐるみはお家に帰してあげようねとか、おままごとの道具であればお皿やお茶碗はこの棚に、お野菜はかごに入れようね、などと教えてあげると、子どもが遊びの延長でお片付けもできるようになります。 ブロックなどの細々したものはカラフルなケースに、お気に入りのフィギュアは透明のケースに入れるなどするのもいいですね。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit JT-05 コンテナースリム(浅) ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/multi/jt-05.html )

子どもの目線に合わせて低めの棚を

おもちゃを片付けるための専用棚を用意してあげると、それぞれの定位置に戻しやすくなります。扉のついた部分とオープンになっている部分がある棚だと、子どもがストーリーを作りながら片付ける場所を覚えていけるでしょう。 棚は子どもの目線に合わせて、低めのものを設置することが大切です。低めの壁面収納であれば、子どもがぶつかったりしても倒れる心配がないので安心です。 重いおもちゃは一番下に入れると安全ですし、浅めのスタックボックスを用意してあげれば、自分で棚から出したりしまったりもできます。絵本もちょうど子どもが立ったときの目の高さに並べるのがポイントです。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

子どもの成長に合わせて長く使えるものを選ぶ

子どもの成長は早く、必要なものも年々変化していきます。そうした子どもの成長に合わせて、収納するものが変わっても対応できる収納家具を選んでおくと、長く使うことができてコストパフォーマンスも高くなります。 棚は学校のプリントなども無理なく入るサイズの物を選ぶようにし、あとから組み合わせて収納を増やせるタイプのユニットシェルフにするのも良い方法ですね。子どもが愛着を持って長く使えるような、シンプルでも温かみがある収納家具であれば、次第に自分なりの使い方を工夫しながら大切に使ってくれることでしょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 間仕切プラン63 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel63 )

大建工業の「フィットシェルフ ローシェルフプランPLAN03」は、ランドセルなどもしまいやすい高さがあり、本もたくさん置けるような仕様になっています。デザインが子どもっぽくないので、長く愛用でき、壁に固定するので安全です。

子ども部屋は子どもの成長を育む大切な場所です。早いうちから整理整頓の習慣を身につけさせ、きれいに片付いた部屋の快適さを覚えさせてあげましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

関連おすすめ記事

幼稚園~小学生の子どもに合わせた高さのシステム収納なら、...

成長とともに増えていく子どものおもちゃなどに、頭を悩ませている親御さんはとても多いと思います。まずはある程度数を減らす事が大切ですが、その後子どもが自分で出し入れしやすい環境を整えてあげることが重要になってきます。子ども自らがお片付けしたくなるような、システム収納を準備してはいかがでしょうか?そ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  3061view
できる子に育つ!子供が”毎日の服を自分でしまう”システムを...

洗濯をお母さんが全部1人でしてしまっていませんか?洗濯物をしまうことを通じて、子供達が毎日の自分の服を自分で収納できるようになるシステム作りのアイデアをご紹介します。これができれば、収納することが習慣になり、お片付けができるようになりますよ。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  710view
安全性が高いシステム収納は子供部屋との相性抜群!

居間や台所など物がたまりやすい場所はありますが、子ども部屋も成長するにともない、おもちゃや勉強道具などがたまって散らかりやすいという家庭は多いです。システム収納は安全性が高く、子ども部屋とも相性がよいので、お片付けの苦手なお子さんにおすすめできます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3208view
リビングを親子でくつろげるスペースに!「ラック収納」活用...

子供が小さいうちは親の目が届くよう、家族の集まるリビングに「おもちゃ収納」をすることも多いと思います。ラック収納は、ちょっと片付けるだけでスッキリと見えて便利ですよね。リビングで親子でラックを快適、安心に活用する為のポイントをご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  1081view
「園」の収納が最高のお手本!子供が片付けられる仕組み作り ...

幼稚園や保育園では片付けられるのに家ではできない、我が子のそんな姿を見て「どうして?」と思われた事はありませんか?一番の原因は家の収納が子供目線で作られていないから。子供が片付けられるようになる園の収納のポイントについてお伝えいたします。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  744view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント