お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

キッチンの床下収納を効率よく使うためのコツ

キッチンは、色々な種類の物が多く集まっている場所なのでどうしてもゴチャついた印象になってしまいます。一日に何度も使用するキッチンを使いやすくするために収納が大事になってきます。

今回はキッチンの床下収納のコツをご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10131046815 )

キッチンの床下収納に最適なもの

キッチン収納は、使用頻度の高い物は腰から目の高さの間に収納するのがコツです。目から腰の高さに収納されていると、すぐに手が届きやすく家事の作業効率をアップさせることができるからです。

床下収納はその逆で、使用頻度が低く普段すぐ手に届かなくてもあまり困らないようなものをいれるのがコツとなります。冬などにしか使用しないお鍋や使用回数の少ない調理器具、長期保存ができる洗剤や調味料などの収納が特におすすめです。

キッチンの床下収納なので、キッチンに関係するものだけを収納するようにしましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736003593 )

収納する時の一工夫

床下収納は、あまり開ける機会がないからといって、ただ単に物を詰め込むようなことは避けましょう。開ける機会が少ないからこそ、開けたら一目で中の物が見えるように入れるのがコツです。下から物を重ねる入れ方は、下の方の物が見えにくく取り出しにくいのでおすすめしません。物が重ならないように、立てて入れるようにしてください。

収納する物が細々としていれば、カゴや箱などを使用して仕切りを作ると、中でゴチャつくことを防げます。蓋を開けて上から見たときに、何が入っているのかラベリングしておくのも便利です。また、取り出しやすいように持ち手が付いた袋やカゴに入れるのもおすすめです。

イメージ

万全な湿気対策が必要!

キッチン内はとても湿気がこもりやすく、さらに床下収納も他の場所に比べて湿気が多いので、床下収納を使用する際は万全な湿気対策をする必要があります。きちんと湿気対策をしておかないと、次に蓋を開けたときにカビやにおいに悩まされてしまいます。

身近なもので簡単にできる方法としては、湿気を吸う特性のある新聞紙を使用すれば、充分な湿気対策になります。それだけでは気になる方は、湿気取りや除湿剤も併用するとより効果が期待できて安心です。ふだんあまり開ける機会がないだけに、しっかりと対策をしておくことが重要です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10757000393 )

キッチンのお片付けの味方である床下収納を、効率的に使用するコツをご紹介しました。参考になりましたでしょうか?

床下収納は外から見えないので、入れたまま忘れてしまうことも多い場所です。詰め込みすぎは禁物です。また定期的にお片付けするのも忘れないでください。

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント