お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

ベビー用品は一箇所にまとめて集約収納がオススメ!

赤ちゃんが産まれると、必要なベビー用品がどんどん増えていきます。必要なものがあるのに、すぐ見つからないなんてことはありませんか。そんな問題を解決するために、この記事では一箇所にまとめて集約収納するメリットと、収納する際のポイントについてご紹介します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10272000702 )

集約収納するメリット

移動しなくて済む

例えば、赤ちゃんが食事中に汚してしまった場合「タオルは洗面所」「雑巾は台所」「ティッシュはリビング」「新しい洋服は子ども部屋」と必要なものが別々の部屋にあってはママも大変です。必要なものが一箇所にあれば、移動する必要がなく子育ての負担も軽減できます。

すぐに必要なものが見つかる 集約収納するメリットは、探し物をするとき一箇所で済むところです。家族も「なにがどこにあるか」質問する必要がなくなるので、お互いのストレスも減らすことができます。

不要になったものもわかりやすい 赤ちゃんの成長とともに必要なものも変わってきます。不要なものを押入れにしまってしまうと、何年も気づかずにそのままなんてこともあるのではないでしょうか。集約収納しておけば不要になったものもわかりやすくなり、家にいらないものを貯め込むこともなくなります。

イメージ

ベビー用品を集約収納するときのポイント

取りやすさを考えて収納する

集約収納するということは、それだけたくさんのものが一度に集まるということ。移動しなくてよい反面、必要なものを見つけるのが難しくなる可能性もあります。必要なものがすぐに見つかるように、頻繁に使うものはできるだけ見つけやすく取りやすいところへ入れるように収納しましょう。

安全面と衛生面を考慮する

赤ちゃんは目を離したすきに引き出しを開ける可能性もあるので、まずは、安全面を考えて危ないものは赤ちゃんの手の届かないところに収納しましょう。 また、哺乳瓶や食器セットなど直接口を付けるものは、ほこりがかぶらないような場所を選んで収納します。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10231000367 )

集約収納に役立つアイテムの紹介

赤ちゃんが産まれると、オムツ、おしりふき、綿棒、ガーゼ、肌着などさまざまなベビー用品が必要となります。そんなときに役立つのがキャスター付きワゴンです。お片付けが苦手で、物がごちゃごちゃになりがちな人でも、集約収納ができ大変便利です。キャスター付きで簡単に移動できるのも助かります。

持ち運びができるかご

かごは大容量でおむつなどを収納できます。蓋つきなので中身が見えず、デザインもおしゃれなのでインテリアの邪魔にならずおすすめ。持ち手も付いているので持ち運びにも便利です。

中身が見やすいボックス

集約収納が便利でも、どこに何を入れたかわからなくては意味がありません。クリアボックスであれば、どこに何が入っているか一目瞭然。急になにかが必要になったときにすぐに取り出せるので安心です。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit カフェスタイル ジョイントラック3段 ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/all/cfs-15.html )

小さなお子さんがいるご家庭のケースで集約収納のメリットをご紹介しました。ヘビー用品が増え、必要なものがすぐに見つからないとお困りの方は、ぜひとも集約収納をお試しください。

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント