お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

壁面収納の「部屋の統一感を演出する力」に注目!

壁面収納は部屋に対する面積が広い分、きれいに収納できれば部屋全体が美しくなりますが、きれいに収納できないと、部屋全体が散らかっているように見えてしまいます。部屋全体に統一感を持たせ、きれいに演出できる収納のコツをご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

収納するものの形、大きさをそろえる

一般的な壁面収納といえば本棚です。壁面は部屋の中でも一番目につく場所なので、収納するのにもそれなりの演出が必要です。一昔前なら、文学全集などをきれいに並べている書斎などがありましたが、昨今の住宅事情ではそのようなスペースを作ることは難しいのが現状です。

壁面にある本棚に本を収納するときのコツは、並べる本の大きさをそろえることです。たとえば単行本、新書、文庫本など本の大きさの規格が決まったものは、そろえて並べることができます。その際、出版社別、または著者別などテーマを持って収納すると本棚に統一感が生まれます。

問題は写真集や画集など判型の大きな書籍です。これらは本の大きさの規格が決まっていないので、大きさもバラバラです。このようなタイプの本は、単行本や文庫本などと一緒に収納するのではなく「規格外の大きさの本」をまとめて収納できるスペースを作りましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ブックシェルフプラン04 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft04 )

収納するものを敢えて「見せる」 

壁面収納を敢えて「見せる」、つまり部屋のインテリアとして演出することもおすすめです。たとえばCDやLPなど趣味のものを収納するのに、特に気に入ったジャケットは部屋のインテリアとして飾ることができます。気に入ったポストカードやオブジェなど、あなたの世界観を壁面収納で演出すると、部屋全体がおしゃれな雰囲気になります。

たとえばジャズのCDやLPなど、まとめて収納すればそれだけで部屋のインテリア度も高まり、おしゃれ感、統一感も増します。

また昨今は、テレビが収納できる壁面収納も人気です。テレビを単体で部屋の中央に設置するより、壁面収納だと壁と一体化し、部屋全体が広々とした印象になります。オーディオ機器なども、壁面収納に納めれば、よりすっきり、おしゃれにまとまります。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

収納するものを敢えて「見せない」

必ずしも、収納するものを同じ大きさでまとめられるとは限りません。たとえば子どものオモチャなど、大きさや色もバラバラといったものは、そのまま収納するとゴチャゴチャに見えて、部屋全体が散らかっている印象を残してしまいます。

そのような場合、収納ボックスやケースなどを使いましょう。同じタイプのボックスやケースを並べると、それだけで統一感が増し部屋がきれに見えます。中身が見えないボックスなら、多少乱雑にものを収納しても、きれいにお片付けができているように見えます。

木製や布製のボックスを使えば、部屋全体に温かみを演出することができます。スチールやプラスティックなどのボックスならクールな印象を与えることができます。このような外観を統一させるボックスやケースを使った収納は、整理整頓してお片付けすることが苦手な人におすすめです。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit JT-05 コンテナースリム(浅) ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/multi/jt-05.html )

大建工業の「 ミセルパーソナルデスクプラン(PLAN62)」は、壁面収納スペースを部屋の壁紙と統一させた色合いになっているので、壁との一体感が増し、部屋全体の統一感がより一層深まります。「見せる」収納スペースは飾り棚として、「見せない」引き出しなどの収納スペースは、大きなものや普段使わないものなどを収納し、部屋のインテリアを損なわずにお片付けすることができます。

壁面収納は、使い方によって部屋の雰囲気をいかようにも演出することができます。壁との一体感を増して部屋全体を広く見せるようにするほか、飾り棚として自分の趣味、好みの世界観を演出することもできます。お片付けが苦手な人でも、かんたんに部屋をきれいにすることができます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル パーソナルデスクプラン62 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel62 )

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント