お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

利点はここ!規格を揃えて「お片付けボックス」を用意するとこんなに便利!

規格が同じボックスを用意しておくと、収納上手になることができます。まとめてお片付けができ、省スペース化につながるといった利点があるからです。規格タイプの利点を挙げましたので、これから揃えようかどうか迷っている方や自分に合っているかどうか確認したい方は購入する前の参考にしてみてください。

イメージ

出典元: カインズ 整理収納小物ケース Skitto スキット スリム ( http://www.cainz.com/shop/g/g4549509198772/ )

サイズが違ってもまとめて収納できる!

ひとつの棚にさまざまなモノを置きたいとき、規格が揃っているボックスを使うとまとめて置くことができます。大きさなどがまったく違うものを入れておいたとしても、統一感が出て見た目もキレイです。

モノは少ないけれど片付いているように見えないのであれば、それは規格の違うボックスを置いていることが関係しているかもしれません。また、大きさが違うからと1つの棚にポツンとモノを数個置いた状態、あるいは詰め込みすぎという状態であることが考えられます。

規格が同じボックスを組み合わせて使うと統一感が出るだけではなく、その収納箇所に入るモノの最大量も決まってきます。バランスの悪い見た目を解消し、適量の収納を目指すことが可能です。

イメージ

出典元: カインズ 整理・冷蔵庫トレー Skitto (スキット) K Mサイズ ( http://www.cainz.com/shop/g/g4549509272366/ )

規格を揃えると省スペース化につながる

まとめて収納することで省スペース化にもつながります。規格を合わせると隙間なくボックスを置くことができるからです。連結できるようにしてあるタイプも多く、くっつけやすいうえにぶつかり合って無駄な空間ができるということも少ないという利点もあります。

連結ができるタイプは直角型など、あらかじめ隙間なく置けるように設計されていることも多いです。同じサイズのボックスではなくとも規格さえ合っていれば、効率よくスペースを使うことが可能です。

狭い場所に置くのであれば、なおさら規格を揃えて置くようにしてみてください。収納場所としては狭すぎて使えないと判断しているところや、空洞の多い棚などが規格ボックスを置く場所として狙い目です。

イメージ

出典元: カインズ 立てて収納できるケース Skitto (スキット) K Sサイズ ( http://www.cainz.com/shop/g/g4549509346227/ )

長く使いまわしたいのであれば規格ボックス

規格を定めてシリーズ化されたタイプのボックスは、スペースの異なる場所で使っても買い足したりするのが簡単です。引越しが多い、生活スタイルがこれから変わっていくという人は長く使うためにも規格タイプを使ったほうが長く使えます。

自分仕様に収納箱を変えたりするのは大変ですが、規格タイプを組み合わせて使うのであれば、誰でも簡単に場所に応じた収納箱にすることが可能です。自分仕様であれば使いやすく長く使おうという気にもなってくることでしょう。

引っ越す予定のない人でも、今ある場所から違う場所にモノを移動させることもあるのではないでしょうか。場所が違っても容易に使える規格ボックスであれば、引っ越す度にまた違うボックスへと買い直す必要がなくなります。

イメージ

出典元: カインズ 整理・冷蔵庫トレー Skitto (スキット) K Lサイズ ( http://www.cainz.com/shop/g/g4549509272373/ )

カインズの「スキットシリーズ」は、連結するためのパーツがついており、縦でも横でも組み合わせて使うことができます。内側がカーブしているので、埃が溜まりやすく拭き取りづらい角もお掃除がしやすいです。レギュラーである深型タイプと浅型タイプの種類があり、サイズの種類も豊富なボックスとなっています。

規格を合わせると見た目がキレイになることはもちろんのこと、省スペース化につながり部屋をスッキリと見せつつも最大限モノを収納できるようになります。

生活が違ってきても買い足したりするだけでその生活に合わせた収納に変えることができるという利点もあります。スペースが狭く、モノを種類ごとに置くことができない場合もボックスを組み合わせれば、まとめて一カ所に置くことができるので、単身世帯から家族世帯まで上手に使うことのできるボックスといえるでしょう。

イメージ

出典元: カインズ 整理収納小物ケース Skitto スキット ハーフ スリム ( http://www.cainz.com/shop/g/g4549509346791/ )

関連おすすめ記事

壁面収納で「場所を取っていた邪魔なもの」を一掃できる!?

お部屋はキレイに整理整頓できているでしょうか。片付け方が分からない、収納スペースが足りないとお片付けをあきらめてしまっているという人もいるかもしれません。そこで今回は、スッキリ片付いたお部屋で快適に過ごしたい方におすすめの、壁面収納についてご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1931view
お家スッキリ!生活のなかにあると便利な壁面収納

お家の中をスッキリさせたい!とは誰もが思うことです。 片付けても片付けてもすぐに散らかってしまって、イライラすることもあるかもしれません。どうすれば、スッキリと片付けることができるのでしょうか。 そこで今回は、便利に収納できる壁面収納について解説します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1960view
壁面収納に「小物」を収めれば部屋がスッキリします!

お片付けをきちんとしたはずなのに、いつの間にか散らかってしまう、というストレスを感じることはありませんか? 物がたくさんあると必要な時に探す手間がかかってイライラしてしまうこともあるでしょう。そこで今回おすすめしたいのが壁面収納です。壁面収納に小物を収めれば、見た目もスッキリして機能的に利用で...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1948view
置き家具と壁面収納の長所を比較してみましょう

置き家具と壁面収納を比較する時、その長所をよく見るようにしましょう。長所が分かれば、自分にその家具が向いているかどうかが分かります。合わない家具を購入して後悔したあげく、もう一度購入し直すということがないように、長所を比較してみてください。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1632view
壁面収納を活用するために「壁面収納の特性」を把握しましょう

壁面収納ってよく聞く言葉だけど、実のところよくわからない、という方は案外多いのではないでしょうか。オーダーしないといけないのか、そうなると価格も高そう、そんな風に敬遠する方もちらほら。壁面収納の特性をここで把握してみましょう。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1520view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント