お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

本棚を美しく魅せるためのテクニック|鍵は高さの統一にあり

もしも本棚が本で氾濫している状態の場合、収納棚が合っていないというだけではなく実は統一感のなさが原因かもしれません。本棚は高さを揃えるというポイントさえ押さえれば、それだけで整然とした美しい本棚に魅せることができます。お片付けが苦手な人でもできる、氾濫状態の本棚から美しい本棚に化けさせるためのテクニックをご紹介いたします。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10285002927 )

並べる本の高さを揃える

本棚を美しく魅せるためにまずしたいのが、本の高さを揃えるという作業です。図書館並みの分類とはいいません。持っている本を高さごとに並べてみてください。オシャレに見せたい場合は高さだけではなく色も揃えるといいでしょう。色がだんだん変化するように並べるだけでも、お部屋にオシャレな感じをもたらしてくれます。

しかし、雑然とした本棚にならないために最も大切なことは高さの統一にかかっているので、色の統一ももちろん大事ですが、高さを何よりも優先させてみてください。実際に本棚を部屋に置いたときに美しく魅せられるよう、本棚の購入は所有する本のサイズの傾向を真っ先に考えるようにしましょう。

イメージ

棚も固定してスッキリした印象をもたせる

所有する本の種類が多くてサイズもマチマチだと、可動式で棚の高さが変えられる本棚の購入を検討する人も多いのではないでしょうか。確かに効率よくサイズの違う本を納めるためには可動式が最も便利に見えますが、美しく魅せたいのであれば固定式のほうがオススメです。

可動式だとそれぞれの棚の高さを変えただけでも部屋の美しさを損ねてしまいます。よって統一感を持たせるためには本の高さだけではなく、棚の高さも統一することが重要だということです。

そして棚の高さを決めるためにも自分がどんなサイズの本を多く所有しているのかを把握しておいてください。実際に本を入れたときに入らない、もしくは隙間がありすぎるという事態を防ぐことにもつながります。

イメージ

どうしても揃えられない場合は扉をつけてみて

「本の高さも棚の高さも揃えた、でもまだ美しいとは言い難い」というときは、棚ごとの本の高さや色も統一する必要が出てきます。そこまでする場合、そのままの本の状態で揃えることはシリーズものでもない限り困難を極めることでしょう。

ブックカバーを付けたり本の下に台を付けてとにかく揃えるのもアリかもしれませんが、簡単な解決策としては棚に扉を付けるという方法があります。どうしても揃えられない場合は無理せず、可能であれば扉を、難しければお気に入りの布をピン止めするだけもいいので隠してみてください。

空きスペースが気になるとき、これも無理に本で埋める必要はありません。単にブックエンドを置くだけではなく、素敵な雑貨や観葉植物を置くと、より美しく魅せることができます。

イメージ

本棚を美しく魅せるときのポイントは「高さの統一」だということがお分かりいただけたでしょうか。本や本棚の高さを合わせるだけでも整然とした本棚に近づけることができるので、ぜひ試してみてください。
余裕があれば色を揃えることや、小さすぎる本、大きすぎる本は扉付きの棚に隠すことでお片付けが苦手な人でも簡単に美しく魅せることができます。

関連おすすめ記事

本好きさん必見!すっきり見えて気分が上がる本棚整理の9つ...

本が好きな方にとっては増え続ける本の整理は難しい問題です。たくさん持ちたいけど散らかってみえるのは困りますし、置くスペースにも限りがあります。手元に置いておきたい本を、限られた本棚スペースに見やすくすっきり収納するコツをご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  1494view
工夫次第で大変身!手狭な家でも広く感じるお片づけの裏技4...

日本の住宅って狭いですよね。窮屈に感じたりもっと広々していたら寛げるのにと思った事はありませんか。原因の一つはモノの多さですが、収納家具自体がお部屋を圧迫し、より狭く感じてしまうことも多いのです。視覚的なテクニックでお部屋が広く感じられる裏ワザをご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  1375view
壁面スペースを占める収納は、地震に強いものを選びましょう!

「収納はできるだけたくさんほしい!」多くの方がそう思っているのではないでしょうか? しかし使えるスペースは限られているのに、モノは増えていくばかりでどうやって収納すればいいのかわからない… そんな方にとっておきの収納方法をご紹介いたします!

お片付け収納レシピ編集部
  |  2218view
お料理が楽しくなるかも♪冷蔵庫の中身はここまでキレイに出来...

冷蔵庫は、食材も形もバラバラなものを納める場所です。 食材を買っては詰め込み、日常的に出し入れが頻繁に行われます。 なので、気がついたら、ぐちゃぐちゃなカオス状態になっています。 さらには賞味期限切れのものが奥の方から出てくることもよくあります。 たまに、ネットなどで見かけるブロガーの、整然と...

お片付け収納レシピ編集部
  |  3475view
「物を隠す」のも立派な片付けテクニック!完全に中が見えな...

片づけがニガテな方がインテリア雑誌やwebなどで、モノが見えた状態でも美しく収納されている画像を見つけてしまうと、ますますニガテ意識が出てしまいますよね。 本来ならモノが見えない収納方法が美しいはずなのに、検索すればするほど「見せる収納」がたくさん… こんなのムリ!と諦めてしまう方もいらっしゃるで...

お片付け収納レシピ編集部
  |  5451view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント