お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

お片付けできないループにハマるのはなぜ?心理面の影響は?

いつも部屋の中が片付かないという人は、なぜかお片付けをしてもすぐに元に戻ってしまうというループにハマってしまいます。その原因はどこにあるのでしょう?なぜいつまでもそのループから抜け出せないのでしょうか?

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10733003623 )

ものが多すぎるから片付かない

どうしてもお片付けができないという悩みを持っている人に多いのが「ものを捨てられない」「ものを持ちすぎる」「ものを買いすぎる」という性質です。

ものが多すぎると収納をする場所が足りなくなり、どうしてもいろいろな場所に物を置きっぱなしになりがちです。そのために部屋がものでいっぱいになり、ますますお片付けができないというループにハマるのです。部屋の中が雑然として整理整頓ができず、いつも何かを探している状態です。
また、自分が何を持っているかがわからなくなり、同じものを2個も3個も買ってしまうようなことになります。時間もお金も莫大な無駄遣いをしていることに気づきましょう。

イメージ

雑然とした部屋にいると奪われるもの

「ものを捨てるのはもったいない」「いつか使えるかも」などと思っているのかもしれませんが、実は片付かない部屋に住んでいると、もっと大事な物を知らず知らずのうちに損失しています。それはエネルギーです。

散らかっている部屋は私たちの心理に影響を及ぼして、心のゆとりを奪います。常に雑然とした中にいると、まず集中力がなくなります。
自由に動けず何をしようにも物が邪魔になるため、なにかをしようという気持ちが妨げられ、すぐに諦めてしまいます。「まあいいか、今じゃなくてもいいか」という気持ちに支配されてしまうのです。
いつもイライラして、ゆったりくつろぐことができず、心身が本当の意味で安らぐことがありません。

イメージ

心身の健康にも影響を及ぼす

散らかった部屋は私たちの健康にも害を及ぼします。掃除がしにくいので、隅々まできれいにすることができず、隙間にほこりがたまっていきます。すると、ダニや虫が増えてアレルギーになりやすく、鼻炎や気管支系の症状に悩まされるようになり、喘息を発症する可能性が増えます。

つまずいて転んだり、不自然な姿勢が癖になって身体が歪んだり、片付けなくてはという気持ちに追われて無力感に苛まれ、自己評価が下がって鬱の原因にすらなることがあります。
こうして心の余裕や落ち着き、意欲が奪われるため、いつまでもお片付けができずにさらに部屋が散らかっていく、という無限ループに陥ってしまうのです。

いつも部屋の中が片付かないという人には、部屋の中が汚いということの他に、目に見えない悪影響が及んでいるものです。知らないうちにやる気が奪われないよう、少しずつでもお片付けを進めて行くように心がけましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10236000418 )

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント