お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

ディスプレイ型収納の究極系!スタイリッシュな壁面シェルフ

インテリアにこだわる人の間ではすでに常識となっている壁面収納。壁に取り付けて使うウォールシェルフは、ディスプレイに収納にと大活躍する、かなりの実力派アイテムです。賃貸の人でも使えるタイプも揃っていますので、今度の休日にでも探してみませんか?

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ 間仕切りシェルフプラン21 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft21 )

壁面シェルフでおしゃれにディスプレイ

海外のインテリアを見ていると、とてもおしゃれで憧れてしまいますが、自分の家とは何が違うのかなと思ったことはありませんか?その理由のひとつが壁面収納にあります。

センスのよい部屋に住んでいるひとは、壁面も上手に使って全体をおしゃれでスタイリッシュにまとめています。壁面シェルフはいわばディスプレイ型収納の究極の形です。
大好きなものを飾ってインテリアとして使うのもよし、散乱しがちな小物たちを収納するのもよし、置く場所の工夫などアイディア次第で生活動線や家事効率もアップします。なにか物足りない感じのインテリアも、壁面を上手に利用すると、ぐっとおしゃれに変身しますよ。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ リビングシェルフプラン19 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft19 )

形を選んで収納力を上げる

最もポピュラーでインテリア雑誌などでもよく見る棚の形のシェルフ。取り付ける場所を選ばず、組み合わせ次第でどんな収納もできるのが魅力のひとつです。材質や色によって雰囲気がガラリと変わるので自由度も高く、使いやすい形ですね。

また、コーナーに取り付けるL字型のものも便利です。奥行きが同じものを選べば、まっすぐの形のシェルフと組み合わせてL字形の棚も作れます。ボックスタイプのものにはオープン型と扉つきもあります。収納したいものに合わせて選ぶと、それだけで収納力が上がりますね。
またキッチンやサニタリーに便利なポケットタイプなら、雑然としがちな調味料や小物などのお片付けにも役立ちます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

賃貸でもOKなタイプも

壁面シェルフは欲しくとも、賃貸では無理だと諦めている人もいるかもしれませんね。でも今はビスで固定せず、形跡が残らないタイプのものもたくさんあります。
重量のあるものを乗せるのは無理ですが、剥がした跡が残らないテープで止めることもできます。
突っ張り式のシェルフや、ディアウォールというアイテムを利用すれば、しっかりとした壁面収納も作れます。もちろん壁に釘を打てる自宅であれば、本格的なディスプレイスペースが出来上がりそうですね。

壁面シェルフの魅力は、好きなアイテムを好きな場所に、高さに関係なく取り付けられることです。
部屋の雰囲気を変えたいときにも重宝します。壁面を上手に使う収納をうまく使って、素敵な部屋を作ってくださいね。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローシェルフプラン03 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft03 )

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント