お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

まるでショップのように!オシャレに、しっかりディスプレイできる棚に注目!

お店で並んでいる商品のように自分の好きなモノを収納したい場合、棚の選び方や収納の仕方をそれなりに工夫する必要が出てきます。単なる荷物として置くだけではもったいないモノたちは、大きめの棚を使うと余裕をもってお片付けしながらたくさん飾ることができるのでおススメです。

お店のように飾るための方法や棚の選び方などをご紹介するので、できるところから始めてみてください。

イメージ

出典元: ルミナススーパーライト  サニタリーラック W20 3段 ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_2380/#column-top )

棚選びの前に知っておきたいお店のように飾るためのポイント

お店のようにキレイに並べるためのポイントは、余白を持たせることです。間を空けて置くことによりスッキリと印象を持たせるだけではなく、取り出しやすくもなります。

また、たとえ違うアイテムだとしてもカラー別に置くとよりお店の感じが出てきます。お店がよくしているようにサイズ別にも置くことを心掛けてみてください。

立てたほうがキレイに絵柄を見ることができるタイプ、例えばお皿などはディッシュスタンドなどのアイテムを使うと絵柄が見えるようになります。アクセサリーであればブレスレット類は空き瓶などに巻くというように、モノ同士が重なり合わず、デザインや形がよく見えるようにするためのディスプレイアイテムを使うというのもポイントです。

イメージ

出典元: ルミナススーパーライト  ミニラック W45 3段 ( https://www.lumhttps://www.luminous-club.com/products/detail/product_2370/#contentt )

棚は見せやすいオープン型で大きめのタイプを選ぶ

余裕を持たせて飾ったり、スタンドやマネキンのようなアイテムを使って飾ったりする場合、実際に収納したいモノの量よりも大きめの棚を用意する必要があります。今あるモノの量に合わせて買うのでなく、ディスプレイしたときのことを想像しながら買うようにしましょう。

棚のタイプは飾るモノがよく見えるように、オープン型のものを選ぶようにします。食器など埃が付いてほしくないものであれば、ガラス板で中身が見えるようになっている棚を使うと汚れから守りつつ鑑賞することが可能です。

飾ったものがより存在感を放つように、できれば横板がなく多方面からよくモノが見える棚にすると、鑑賞しやすいです。見やすいようにするためには照明を使うという手もあります。大きめのオープン棚にすると、棚裏に照明をつけて照らすという方法を取りやすいです。

イメージ

出典元: ルミナスノワール  フリーラック 5段/80W ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_849/ )

棚のカラーや形状などは飾るモノに合わせると雰囲気が出る

帽子を飾りたいときにS字フックを使って引掛けると、たくさん飾ることができるうえ、型のキープにもつながります。そのためにはあらかじめ網目の棚板を選ぶようにして、フックが簡単に掛けられるようにしておくことが大切です。
逆に設置面積が少なく不安定なグラスなどを置きたいときは、網目の棚板ではなく穴のない平らな板のほうにしなければなりません。置いたときにグラスが傾いてしまったりするからです。

カラーは、置くモノが白系なら黒っぽいものにすると飾ったときに目立ちますし、アンティークものだと同じくアンティーク調のものにすると雰囲気を壊しません。置くモノに高級感をもたらしたければ高級感のある色合いの棚を、ナチュラル感を出したければ素朴な木目にするなど、置くモノの雰囲気をより引き出すことのできる棚を選ぶようにします。

イメージ

出典元: ルミナスホワイト  キャスター付すきまラック 3段[ホワイト] ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_247/ )

ルミナスのスチールラックは、棚板の耐荷重は120kg、防錆加工は2層式、移動させやすいポリウレタンのクリアキャスター付きというようなさまざまな機能に優れた棚です。棚板の高さは2.5cm間隔で調節可能であり、上の棚を網目ではない板状にできるので作業台にすることもできます。プラチナシルバーという銀白色のため、デザインに高級感があるのも特徴です。

飾りながら収納するためのポイントは、余白を持たせて置き、必要に応じてフックやスタンドなどのアイテムを使用することです。そのためにも棚は見せやすいオープン型の棚がオススメですが、実際の収納量よりもたくさんモノを収納できるタイプを選ぶことが何より重要です。飾ったときに出したい雰囲気や飾り方に合わせて、棚板やカラーなどを選んでみてください。

イメージ

出典元: ルミナス ウッドシェルフ フリーラック 4段/W60[ブラウン] ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_3226/ )

関連おすすめ記事

物の状態を悪化させる「湿気」の対策は棚から!

布団や洋服にカビが生えてしまった、物どころか棚自体にもカビが発生してしまい家じゅうがカビだらけという困った状態であれば、今すぐ湿気対策をしましょう。棚はサビ加工のしてあるメタル系で、さらに掃除がしやすいようにキャスター付きのタイプがおススメです。押入れにも隙間をもたせるために棚やスノコを設置する...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1144view
システム収納は「載せられる重さの制限」に注意

システム収納はさまざまなものを収納できますが、それぞれのモノの重さに合わせた棚にしていなければ、せっかくお片付けをしても棚が毎回外れるというようなことが起きます。強度のしっかりとしたシステム収納を選ぶためにも、置くモノの重さに合わせた耐荷重であるシステム収納を選びましょう。今回は耐荷重に合わせた...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1506view
レイアウトの可能性は無限大!商品の賢い選び方~収納棚編~

クローゼットの整理はなかなか大変なものです。衣類の他に靴や帽子、バッグ、ブーツなどといったアイテムをきれいに仕舞おうとすると、やはり既製の家具よりもオーダーメイドの方が便利です。高いお金をかけずに整理できる商品の選び方について考えてみました。

お片付け収納レシピ編集部
  |  5098view
システム収納はダイニングを形作る!好きなもので囲まれた空...

ダイニングは人が集まるところであり、食事や作業をしたりくつろいだりする場所となるため、さまざまな種類のモノが入り乱れがちです。好きなモノに囲まれた暮らしどころかお片付けをするのも困難と感じている人も多いことでしょう。そのような状態でもシステム収納というモノを収納する以外の機能を兼ね備えた家具を使...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1372view
デザイン性◎の棚を置くだけで、洗練された空間に近づく!?

リビングは、家族が使うだけではなく、来客を通すときにも使います。前もって連絡がある場合は、それなりに片づけておくことができますが、急な来客の時にはあわててバタバタと押し入れなどに押し込んでしまうことも。そんなリビングだからこそ、できれば急な来客でも困らない、いつも片づいて洗練された空間でありたい...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2573view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント