お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

リフォームに伴う「短期引越し」で気をつけること

住まいのリフォームをするときは、賃貸物件に短期引っ越しをすることが多いですね。普通の引っ越しとは違うリフォームに伴う短期引っ越し。仮に住む物件探しや引っ越し業者の選び方などで、何か気をつけることはあるのでしょうか?

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10757000628 )

初期費用のない物件探し

リフォームに伴う引っ越しは、期間も限定されています。短期間の住まいに仲介手数料や敷金、礼金などの初期費用をかけるのは、もったいないですね。ただでさえ、沢山の出費が発生するリフォームなので、短期引っ越しにかかる費用は抑えていきましょう。

不動産会社には、リフォーム業者や建設会社と提携しているところがあります。短期の引っ越し先を提携している不動産会社の物件にできれば、初期費用をかけることなく負担を減らすことができます。

提携している不動産会社がない場合は、その旨を不動産会社に伝えて、初期費用がかからない部屋や安物件を紹介してもらいましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736003550 )

仮住まいには必要な荷物だけを持ち込む

リフォームに伴う短期引っ越しの場合、仮に住む物件はどうしても狭くなってしまうため、収納できない荷物もでてきます。狭い場所にギュウギュウに荷物を押し込んでは、生活するスペースがさらに窮屈になってしまいます。

そこで、生活に必要なものだけを仮の住まいに持ち込み、それ以外の荷物は一時的に別の場所に保管する必要があります。トランクルームやレンタル倉庫を利用することもできますが、リフォーム専用の引っ越しプランがある引っ越し業者であれば、荷物の保管がセットになっている場合もあるので、より費用を抑えることができます。

仮住まいに持ち込む荷物、一時的に保管する荷物を分別すると同時に、不要品は処分するようにしましょう。不用品の選別や処分には時間がかかるので、早い段階から準備をしておくことが大切です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28208001324 )

引っ越しプランの内容を確認

リフォームに伴う引っ越し専用プランがある引っ越し業者は沢山あります。「不用品処分」「仮住まいへの引っ越し」「荷物の一時保管」「リフォーム完了後の自宅への引っ越し」がセットになっていることが多いですが、業者によって違うので確認が必要です。
ピアノ、オルガン、美術品、オートバイ、自転車などの荷物は一時保管してくれないこともありますし、パソコンは処分できないこともあります。また、荷物の一時保管には期間が定められている場合があり、期間延長したときに延長料金が発生します。プランの内容はしっかり確認して、自分たちの引っ越しに合ったプランがある業者に引っ越しをお願いしましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10248020398 )

リフォームに伴う短期引っ越しでは、初期費用がかからない物件探しや、短期引っ越し専用プランがある引っ越し業者選びが必要です。また、不用品を処分することで、仮住まいでもリフォーム完了後の住まいでも、お片付けを楽にすることができますよ。

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント