お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

玄関は家の顔 「プライバシー保護」と「整理整頓」を両立させた空間にするには?

玄関のドアをあけると、お部屋の中が丸見えというご家庭はありませんか?
荷物の配達や回覧板などドアを開けた一瞬でも、年齢や家族構成など様々な情報が見えてしまっているのです。

玄関はプライバシー保護を重視してお片付けすることがとても重要です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10531002223 )

貴重品は絶対に置かない

つい便利だからといって、靴箱の上など玄関先を自転車やご自宅の鍵、印鑑などの大切な物の定位置にしてしまってはいませんか。
慌ただしいお出掛けの際や疲れて帰ってきた際、確かに玄関に置いた方が次使用するときに忘れることなくとても便利です。
しかし、荷物の配達や回覧板の際に、やむを得ずドアを開けることがあります。また短時間玄関を開けたまま離れることもないとはいえません。そのような際に盗難にあってしまう可能性があります。玄関周辺には鍵や印鑑などの貴重品を置くことは、絶対に避けましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144081683 )

個人情報がわかるものは置かない

ポストからとってきた郵便物や公共料金の領収書など、つい玄関先に置きっぱなしにしてしまっていませんか。あとで片付けるつもりと思っていてそのまま忘れてしまうのは、実はとても危険なのです。その状態で配達業社や来客などがありドアを開けてしまっては、個人情報を読み取られてしまう可能性があります。郵便物や公共料金の領収書などから、家族の人数や家族構成、電話番号などが分かってしまうからです。鍵や印鑑などと同じように玄関から離れた室内で、厳重にしまっておくようにしてください。

イメージ

視線を遮る工夫をする

まずは訪問者の側に立って玄関先に立ち、室内がどのように見えるのか確認してみてください。寝室の中、洗濯物など意外にも多くの物が丸見え状態なことに驚かされるかもしれません。
お部屋の間取り上お部屋と玄関に仕切りがない時などは、のれんをつけてみてください。とても簡単に、丸見えの状態を防ぐことができます。目隠し的な役割をするだけなので、薄い素材の布などで充分です。
また、もし生活動線の邪魔にならないのであれば観葉植物などを置くのもいいかもしれません。

人はつい他人の物を観察してしまう傾向にあります。防犯の観点から、他人に興味を持たれるような場所に物を置かないように、他人の目を遮る工夫をするようにしましょう。

日常生活を送っている中で、やむを得ず玄関のドアを開けないといけない場面はあります。家族の安全を守るためにも、プライバシー保護を重視した玄関まわりの収納を心がけてみて下さい。

イメージ

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント