お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/11/26 0:00

「棚板」は使える!物が落ちない収納はこう作ろう!

家中にあふれる沢山の物を、きれいにお片付けするために必要な収納スペース。収納スペースを増やすために収納棚をDIYする場合、新しい収納棚を購入する場合でも、後々失敗しないために棚板の重要性についてまとめてみました。

イメージ

出典元: ルミナスレギュラー ホームラック 5段/60W ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_920/#content )

DIYで簡単に収納棚をつくる

家中にあふれる物を収納するためにDIYで収納棚をつくる人も多いですね。突っ張り棒を取り付けるだけでも棚はできますが、収納した物が隙間から落下する可能性があります。隙間からの落下を防止するためには、棚板をしっかりと取り付ける必要があります。
100円均一やホームセンターにあるワイヤーネットを棚板として使用することも可能です。色も沢山あるので、お部屋の雰囲気に合った物を選べば、おしゃれなインテリアとしても活躍します。

ワイヤーネットは棚板としても使用できますし、縦に取り付けてS字フックを利用して物を引っかけて収納することもできます。突っ張り棒やワイヤーネットは色々な使い方ができるのでDIY初心者の方にもおすすめです。

イメージ

棚板で使用する木材の種類

DIYでつくる棚に重さのある物を収納するのであれば、ある程度厚みのある木材を棚板として使用する必要があります。木材も色々な種類が販売されています。

「ラジアータパイン棚板」加工がしやすいのでDIY初心者におすすめの黄色味のある木材。

「桧棚板」水回りで使用しても長持ちして、桧の良い香りが人気の木材。

「桐棚板」木材の中でも軽い素材で利便性は高いのですが、やわらかいため傷つきやすい木材。

「焼桐棚板」バーナーで桐材の表面を焼いてロウ引き仕上げをしているものです。和室にも洋室にも合い、落ち着いた空間を演出することができる棚板。

まだまだ色々な種類の木材があるので、部屋にマッチした木材を選ぶことができます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10173002908 )

収納する物にあった収納棚

部屋の物を整理する収納棚を購入する場合、どんな物を収納するか、どの位の量を収納するかを考えましょう。棚板に負担がかかる重さを把握できれば、収納棚を購入するときに参考になります。

例えば、1枚の棚板にトータル50kgの物を収納したい場合は、収納棚の棚板の耐荷重が50kg以上あるかを確認します。ここで注意しなければいけないのは、耐荷重は棚全体に均一に荷重がかかった場合の数値だということ。棚板の一部分に荷重が集中すると棚板が変形することもあります。

また下の段に軽い物、上の段に重い物を収納すると重心が高くなるため転倒する可能性もあります。下の段に重い物を収納すると重心が低く安定しますし、棚板の全体に重みを分散させることも必要です。

イメージ

出典元: ルミナスレギュラー ホームラック 5段/90W ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_916/ )

ルミナスのスチールラックは、しっかりした棚板耐荷重で重いものも安心して収納できる収納棚。色々な物を収納することができます。高度防錆加工が施されていて、サビに強いので水回りでも活躍。ストッパー付きのキャスターが付いているため、移動も楽にできて便利です。

DIYでも既製品の収納棚でも棚板は重要な役割をしていることがわかりました。棚板があることで、物が隙間から落下することを防ぐことができます。収納棚を購入するときは、デザインだけでなく、耐荷重をしっかりと確認しておくことも必要ですね。

イメージ

出典元: ルミナスプレミアム ソリッドシェルフラック 4段/60W ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_1198/#column-item )

関連おすすめ記事

DIY初心者必見!クローゼットに棚を取り付ける前に考えてほし...

「充分活かされていない収納スペースを改善したい」と考えている場合、棚やパイプなどをDIYで設置してコストダウンを図りたい方も多いと思います。既存のウォークインクローゼットをもっと活用したい方からご相談をいただきましたのでご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  343view
「カラーボックス×つっぱり棒」で段数自由自在の棚ができる!

安くて軽くて、片づけなどにとても便利なカラーボックスですが、棚板の高さが固定されているものも多く、もっと段数を増やしたい、と思うこともあるでしょう。カラーボックスの多くが、2枚の棚板で3つのスペースに仕切られていますが、しまう物のサイズによっては、棚の段がもっとほしいということもあります。 そん...

お片付けレシピ編集部
  |  2475view
ミリ単位でのサイズ指定が可能で『壁から壁まで』ぴったり納...

フルオーダー家具のサービスで蓄積したお客様のご要望に対する答えと「新しい家具のカタチ」がたくさん詰まっています。

飯田拓
  |  553view
ここに収納棚が欲しい!突っ張り棒よりも専用アイテム「突っ...

クローゼットや押入れ、収納スペースを増やしたいと時に便利なアイテムの突っ張り棒。でも棚を作りたいのであればもっと適したアイテムがあるのをご存知ですか?棚を作りたいなら、突っ張り棒より「突っ張り棚」がおすすめです。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  352view
クローゼットや納戸に組み込めるオリジナル収納「リラクロ」...

ただ広いだけのクローゼットや納戸は、奥にしまった物が出しにくく、とにかく使いにくいもの。どんな棚や引き出しを組み込んだら、我が家にあった収納スペースになるのか、じっくり考えてみました。

ngi
  |  1930view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント