お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

お片付けが苦手な人必見!壁面収納にすると生活が劇的に変わる。 

2257view|2018.11.22

お家の中でモノと暮らしていて皆さんは快適ですか?
心地良さ感じていますか?
快適に生活出来ているという事はモノにとっても快適な収納であり空間だという事。
でももしそうでないのであればおススメするのは「壁面収納」です。
ただ単に収納力が高いからではありません。その他にもメリットは沢山あります。
どんなお部屋でもできる壁面収納のメリット知ってもらいたいと思います。
お片づけが苦手な人でも大丈夫!!壁面収納で快適な毎日を送りませんか?

 

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038020112 )

インテリア性の高さ。 

壁面収納を取り入れると、お部屋にテーマ性を持たせたい時、インテリアを変えたい時に簡単に対応できます。
一番のメリットは壁面収納の中にあるモノにはあまり影響せずに出来てしまう事です。
例えばシンプルな空間を求めるのであれば存在感の無い壁と同色の壁面収納にすればよりスッキリ、広々とした空間を演出できます。
また、少し遊び心やアクセントを取り入れたいと思うのであれば扉の色を変えればお部屋のイメージを変えられます。
見せる事を意識するのであれば扉を取り除いて見せる収納が出来ます。
比較的広範囲ではなく小さいスペースから変える事が出来ます。お部屋のイメージを変えるとなると時間とお金を要する事が多いですがライフスタイル・ライフサイクルの変化に伴って失敗や負担も少なく気軽に楽しむ事が出来ます。 

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179006926 )

使い方は収納だけじゃない。 

壁面収納も高さとサイズによって機能的に使えます。
例えばベンチとして使壁面収納を壁面収納としてだけで使うのはもったいない!
う事も出来ます。ダイニングテーブルの片方を壁面収納のベンチに変えれば椅子の数も減らす事も出来ます。仕切りの無い平坦な空間の一部に高さを持たせ畳やラグを敷くと空間にメリハリを持たせる事ができ、それぞれの場所で違った使い方や過ごし方を楽しめます。机の上に壁面収納を付ければ本棚を置かなくても本や書類を収納出来ます。空間の広さに与える影響を最小限に抑え収納力は高いといういい事ずくめです。
 

イメージ

お部屋の清潔を保つ事が出来る。 

壁面収納で収納できるのは掃除道具もその一つ。
私達が日々、限られた時間の中、無駄無く効率の良い掃除が出来るのは整理収納が出来ているからです。収納力の高い壁面収納であれば床面積を広くできるので掃除が楽に出来ます。
もし、お部屋の掃除をしようとした時に床にモノが散乱していたら…。掃除からではなく片付けからしなくてはいけません。という事は余分な時間と労力がかかるというわけです。
掃除道具を使う時に、使う場所の近くに収納しておくといざと言う時にすぐ出せて使えます。アクション数をいかに少なく取り出せるかが大切なのです。
扉のないテレビの下の壁面収納にお掃除ロボットを収納。普段からリビングの床の上に出しっぱなしではなく壁面収納できるから目障りにはならず、ボタンで操作するだけでお部屋を綺麗にして定位置に戻ってくれます。 

イメージ

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント