お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/11/07 0:00

リフォームによって建物の耐用年数は伸びるのか?

中古物件の購入を検討している、またはご自身の家の耐用年数を伸ばしたい、とお考えの方にはリフォームがおすすめです。長年住み続けた住宅も、ニーズに合ったリフォームをすることで格段と住みやすくなり、資産価値も高まるのです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10531002321 )

耐用年数とは

建物の「耐用年数」と「耐久年数」という言葉を見聞きしますが、この2つの言葉の違いは何だかご存じですか?まず「耐用年数」とは「減価償却資産が利用に耐える年数」のことです。ボロボロの家だけれど何とか住めるというものではありません。収益物件なら賃貸物件として価値がある、一定の家賃収入を得られるものを指します。

一方「耐久年数」とは各住宅メーカーの判断で、住宅としての使用に問題ないとされる年数のことを言います。耐久年数を過ぎたからといって、もうその住宅に住めなくなるというわけではありません。リフォームすることで耐用年数の寿命を延ばすことは充分に可能、となるのです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038020482 )

リノベーションで耐用年数はどれぐらい伸びる?

リフォームを検討される際、住みやすい、使いやすい、収納スペースを増やしたい、というような要望はもちろんですが、リフォームすることによって耐用年数がどれぐらい伸びるかを考慮することも大切です。
具体的に、リフォームをしたから「○○年、耐用年数が伸びた」と言えるものではありません。戸建て住宅なのか、集合住宅なのかによっても異なりますし、リフォームにどれぐらい費用をかけるかによっても耐用年数の伸びは変わってきます。

もちろん、耐用年数が伸びることは大切ですが、そこだけにこだわるのではなく、リフォームすることでいかに資産価値が上がるか、自分たちが住みやすくなるかを重視しましょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10236001075 )

リフォームすることで何が変わる?

今、お住まいの住宅をリフォームするのなら、最優先事項は「住みやすい」「使いやすい」です。たとえば、お子さんが独立したので夫婦2人暮らし用にリフォームするとか、二世帯住宅にするなど、リフォームする目的を明確に持ちましょう。

では、どのようなところにこだわりを持てばよいのでしょうか?たとえばお片付けが苦手な方は、リフォームを機に、収納スペースを増やしてお片付けしやすい住宅にする、というのもおすすめです。家具を増やすよりも、作り付けの収納スペースを増やすほうが、居住スペースを広く、フレキシブルに使うことができます。台所に床下収納を設置すると、買い置きした缶詰めなどを収納することができます。また、デッドスペースともいえる壁面を収納スペースとして活用する、システム収納の導入を検討するのもおすすめの方法です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

リフォームすることで住みやすく、使いやすい住宅にすることは、その建物の耐用年数を伸ばすことになります。住む方のニーズに合ったリフォームで、建物の耐用年数を伸ばし、資産価値を高めることができます。

関連おすすめ記事

耐震・防火リフォームを行う際に気をつけるべきこと

中古物件を購入して住んでいる場合や、親族が建てた家が古くなったため、リフォームで防火性や耐震性を上げることがあります。しかし耐震・防火リフォームで気をつけるべき点にはどんなものがあるのか、把握している人は少ないです。今回は耐震や防火目的でリフォームを行うときに気をつけるべき点についてお話していき...

お片付けレシピ編集部
  |  121view
リフォームの費用を賄うために住宅ローンは組めるの?

お片付けが苦手な人は住宅をリフォームして収納を増やし、お片付けのしやすい家に変えてしまうという方法があります。資金調達のためにリフォーム費用を借り入れしたいとき、住宅ローンでリフォームローンを組むことが可能です。実際にどんなローンの組み方があるのか、必要な条件と共にそのメリットや最初にするべきこ...

お片付けレシピ編集部
  |  348view
リフォームで間取りを変えたい!壁や柱はどこまで動かせる?

リフォームをして部屋を今よりおしゃれな空間にしたい!より住みやすい空間にしたい!と思っていても、壁や柱を自由自在に移動して、間取りを好きなように変えられるわけではありません。 そこで、壁や柱はどこまで動かせるのかをまとめてみました。

お片付けレシピ編集部
  |  98view
リフォームで増築する際に必要な「確認申請」とは

ご自宅の増築、改築をお考えの方、リフォームする際に「確認申請」が必要な場合があるのをご存じですか?条件によっては申請が必要な場合とそうでない場合があります。ここではわかりやすく、確認申請が必要な場合のご説明をします。

お片付けレシピ編集部
  |  100view
家を建てます! : ぽかぽか日和

今日はお祝い そう、タイトル通り、念願叶って家を建てます 半年ほど前から賃貸にしようか、新築にしようか、中古にしようか・・・と いろいろ物件を見て回っていました。 最初考えたのは賃貸でしたが、希望をかなえるには家賃が高くなり、初期費用もかなりかかる こと

ぽかぽか日和
  |  203view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント