お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/11/05 0:00

リフォームで間取りを変えたい!壁や柱はどこまで動かせる?

リフォームをして部屋を今よりおしゃれな空間にしたい!より住みやすい空間にしたい!と思っていても、壁や柱を自由自在に移動して、間取りを好きなように変えられるわけではありません。

そこで、壁や柱はどこまで動かせるのかをまとめてみました。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174006125 )

建物を支えている構造

建物の全体を支えている骨組みの方法が、建物を壁で支えている「壁式構造」である場合、撤去ができない壁があります。そのため、リフォームで好きに間取りを変更することができない所もあるでしょう。
建物の全体を支えている骨組みの方法が、建物を梁や柱で支えている「ラーメン構造」である場合でも、全ての壁を撤去できません。建物の構造を支えているために撤去することができない「耐力壁」が、部屋の所々に位置していることがあるので注意してください。

間取り図を見て、四角い柱が四隅にあるなら「ラーメン構造」、四角い柱が四隅にないなら「壁式構造」の可能性があります。詳細な間取り図であれば「耐力壁」はわかりやすく表記しています。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28056002123 )

壁式構造の場合のリフォーム

低層マンションなどに多い「壁式構造」の場合、壁を撤去することができないため、自由にリフォームができないことがデメリットと思われています。しかし、「壁式構造」でも理想のデザインや間取りにリフォームをすることができるのです。
例えば、どうしても撤去できない壁は家具として利用してしまう方法。撤去できない壁を壁面収納として利用すれば、部屋の雰囲気に馴染んだ圧迫感のない大型の収納家具に変身です。壁面収納は取り出しやすく、お片付けも簡単な収納方法なので、家族が自然とお片付けをするようになりますよ。

また、元々は2つに分かれていた部屋をつなげたい場合、間に撤去することができない壁があるのなら、この壁はパーテーションとして利用してしまいましょう。撤去できない邪魔な壁を、さりげなく空間に取り入れることができますよ。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット I型6尺間口プラン-1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk6-1 )

ラーメン構造の場合のリフォーム

高層マンションなどに多い「ラーメン構造」の場合、建物を支えている梁や柱を撤去することができません。それでも、リフォームで壁面収納を設置することで、梁や柱を隠すことができます。壁材の厚みを調整することで、目立つ柱の存在感をなくすこともできます。また、デザインや壁紙の色を工夫して、梁と柱を目立たなくすることも可能です。
反対に、梁や柱を部屋のデザインとしてわざと目立たせる方法もあります。天井にある梁は照明の位置を工夫することで、おしゃれな空間を演出することができます。撤去できない柱は色を変えれば、部屋のアクセントになります。または、柱に写真や絵などを飾って特別な空間にするのも良いですね。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル SOHOプラン20 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel20 )

建物を支えている「壁」「柱」「梁」は撤去することはできません。しかし、リフォームで目立たなくすることができますし、アクセントとして利用することもできます。
リフォームの邪魔になっていた、動かせない「壁」「柱」「梁」を上手に利用して、住み心地の良いおしゃれな空間をつくりましょう。

関連おすすめ記事

リフォームで増築する際に必要な「確認申請」とは

ご自宅の増築、改築をお考えの方、リフォームする際に「確認申請」が必要な場合があるのをご存じですか?条件によっては申請が必要な場合とそうでない場合があります。ここではわかりやすく、確認申請が必要な場合のご説明をします。

お片付けレシピ編集部
  |  100view
家具の隙間にほこりが溜まらない!お掃除楽々収納家具!!

置き家具は家具の背面や側面の壁にほこりが付いたり、下部の隙間にほこりが溜まりますが、MiSELは壁床にぴったり固定されているので、ほこりが溜まりません。だからお掃除の手間がかかりません。

たかはしきょうこ
  |  4131view
耐震・防火リフォームを行う際に気をつけるべきこと

中古物件を購入して住んでいる場合や、親族が建てた家が古くなったため、リフォームで防火性や耐震性を上げることがあります。しかし耐震・防火リフォームで気をつけるべき点にはどんなものがあるのか、把握している人は少ないです。今回は耐震や防火目的でリフォームを行うときに気をつけるべき点についてお話していき...

お片付けレシピ編集部
  |  121view
部屋数はそのままで間取りを変えるリフォームのポイント

部屋数を変えずに間取りを変えるだけで、部屋の雰囲気はずいぶん変わります。効率良いリフォームができれば、同じ部屋数のまま収納スペースが増えますし、居住スペースが使いやすくなります。ではどのようなリフォームがあるのでしょうか。

お片付けレシピ編集部
  |  386view
リフォームによって建物の耐用年数は伸びるのか?

中古物件の購入を検討している、またはご自身の家の耐用年数を伸ばしたい、とお考えの方にはリフォームがおすすめです。長年住み続けた住宅も、ニーズに合ったリフォームをすることで格段と住みやすくなり、資産価値も高まるのです。

お片付けレシピ編集部
  |  109view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント