お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

捨てる勇気が出ないものは「保留ボックス」で時間をあけてから処理!

最近のお片付けのトレンドとして、手元に残すのは最低限生活に必要なモノだけで、あとは捨てる!と、テレビや雑誌ではミニマリストたちの成功例をよく見聞きしますが、実際捨てるとなると勇気がいります。どのようにすれば後悔なく処分できるのでしょう。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29981000319 )

ステップ1:「要る」と「要らない」を分ける

まず、必要なモノとそうでないモノに分けることです。たとえば、旅行先で購入した置物、実はもう邪魔と思っていたり、着なくなった服が大量にあったり。比較的安価なモノは捨てられますが、高価なモノやいただきモノ、思い出の品々は捨てることができません。

それならば、日常生活で使うモノと使わないモノに分けてみましょう。普段手に取りやすいところにあるモノは使うモノです。しかし、引き出しの奥にしまい込んでいるモノは、日常生活では必要ではないモノと考えましょう。分けた段階である程度、おのずと「これは捨ててもいい」と判断できるようになります。

ここで「要るモノ」と「要らないモノ」に分けることができたら、次のステップへ進みます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=29981000321 )

ステップ2:どうしても捨てられないモノ

「要る」「要らない」で仕分けする際に「いま使わないモノは必ず捨てなければいけない」と無理に思わないでください。普段は使わないけれど、大切な品々は誰にでも必ずあるものです。大切な人からプレゼントされたモノや、思い出の品々を使わないからといって全部捨てる必要はありません。

しかし「いまは使わないけれど、もしかして後から必要になるかも!?」と判断しづらいモノが出てくるはずです。たとえば、今シーズンは着る機会はなかったけれど捨てられない洋服や、親友の結婚式の引き出物、大好きな映画のパンフレットや卒業アルバムなど、処理に困ったものは一旦「保留ボックス」に入れてみましょう。

イメージ

ステップ3:「保留ボックス」に入れ時間をおく

「保留ボックス」に入れると、すぐ捨てる、処分するわけではないので、後悔や罪悪感が生じません。可能であれば、半年から1年、おいてみましょう。たとえば2シーズン(2年)着ない洋服は来年以降も着ないでしょう。お客様が来たときに使うかも、と思い悩んで取っておいた食器類も、1年使わなかったらきっとそのまま来年以降も使わないでしょう。一旦保留ボックスに収納することで、考える時間ができるのです。その時間の中で、そのモノに対する執着心や所有欲も薄まっていくはずです。時間をかけて決断を下せば、それが本当に「要るモノ」か「要らないモノ」か、判断がつきます。

昨今は、要らないモノはフリーマーケットやネットオークション(アプリ等)を通じて売ることができます。使わないのに持っているより、それを必要としてくれる人の元へ届けるのも一つの手です。モノが少なくなれば自然とお片付け上手になるので一石二鳥ですね。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132112297 )

関連おすすめ記事

どうしても捨てられなかった服を、後悔せずに断捨離するため...

断捨離のやり方や無理なく片付けられる順番、難しくない収納方法や楽家事について考えていくシンプルライフブログ。考・衣・食・住、すべてをシンプルにしていきます。

さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事)
  |  657view
後悔しないための下着の断捨離。捨て時サイン4つと捨て方 - ...

断捨離のやり方や無理なく片付けられる順番、難しくない収納方法や楽家事について考えていくシンプルライフブログ。考・衣・食・住、すべてをシンプルにしていきます。

さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事)
  |  363view
納戸・物置に入れっぱなしの物の処理の仕方

納戸(なんど)や物置には、ついつい使わない物を溜め込みがち。若い頃の服や趣味の道具、子どもの学用品などを入れっぱなしという家庭も多いでしょう。今回は、納戸や物置の中を点検してお片付けを行い、不用品の処理をしながら美しく収納する3ステップをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  856view
親の家の断捨離は、介護の一部である | 私流ゆるやかな暮らし

捨てられない、片付けられない主婦が、シンプルライフを目ざして断捨離していきます。親の家の断捨離も実践中。きれいになるまで見届けてください。

私流ゆるやかな暮らし
  |  1139view
チェスト?クローゼット?「衣類収納が苦手な私」にぴったり...

収納の悩みの中でも多く寄せられる、洋服の収納の悩み。自分に合った収納方法を見つけることが大切です。洋服の収納方法についてのご質問を頂いたのでご紹介します。片付けが続けられそうな収納用品を検討したり、ご自身に合う収納方法を見つけてくださいね。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  895view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント