お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/10/02 0:00

システム収納は「載せられる重さの制限」に注意

システム収納はさまざまなものを収納できますが、それぞれのモノの重さに合わせた棚にしていなければ、せっかくお片付けをしても棚が毎回外れるというようなことが起きます。強度のしっかりとしたシステム収納を選ぶためにも、置くモノの重さに合わせた耐荷重であるシステム収納を選びましょう。今回は耐荷重に合わせたシステム収納の選び方や注意点についてお伝えします。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル コーナーTVボードプラン55 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel55 )

耐荷重を考えて収納することで長く使える

システム収納ではテレビなど重いものを収納できるようになっています。見た目が強く作られているとしても、重さの制限を超えて載せてしまうと載せると長く使えないので注意が必要です。見た目が強そうという感覚だけではなく、耐荷重を確認してみてください。

大型のモノを置くタイプのシステム収納ではなくとも、棚の耐荷重は気にする必要があります。例えば服や本などは置いていくうちに負荷が増していき、棚が壊れる原因となります。壊れるとまではいかなくても棚やポールの真ん中が重さに耐えられなくなり、曲がってしまうという事態を招いてしまうでしょう。

重さで変形してしまうと扉同士がぶつかり開けづらくなったり、収納物が落下しやすくなったりするので放置するのはよくありません。最悪の場合、ラックが落下したり指が挟まれたりしてケガをする可能性が出てきます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 小上りコーナープラン75 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel75 )

耐荷重を考えてシステム収納を選ぶときのポイント

適切な耐荷重のシステム収納にするためにも、置く予定のモノの重さを計っておきましょう。その重さに合わせたシステム収納を見繕うようにしてください。

どれぐらいの量を置くかも耐荷重を選ぶさいの基準となります。今は服や本が少なくてもこれから増える予定であれば、それに合わせた大きさだけではなく重さに耐えられるシステム収納にしたほうが、不具合を起こさずに済むからです。

また、自分で取り付ける予定の人はシステム収納自体だけではなく取り付ける壁の耐荷重も気にしておく必要があります。壁が歪むということがないよう、耐荷重に合わせた取り付け方法を選択しましょう。そこまで考えてシステム収納を設置するのが自分では難しい場合、プロに任せたほうが安全です。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ブックシェルフプラン04 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft04 )

システム収納の耐荷重はそれぞれの棚と全体を見ておく

システム収納はいろいろなタイプの棚やラックなどがついていますが、そのそれぞれで耐荷重が違うので、なるべく細かく耐荷重を確認するようにしましょう。極端な例で言うとテレビを置ける棚は40kgの耐荷重でも、サポートラックは5kg程度の耐荷重というように違いがあります。

注意したいのは同じ引き出しでもスライドか樹脂製かなどタイプにより異なる場合です。同じようにモノを入れていくと耐えられず、壊れる可能性が出てきます。固定棚と可動棚、ガラス棚に樹脂棚など棚の種類が選べるようであれば、見た目や使い勝手とともにその耐荷重の違いを見ておくようにしましょう。

1部分だけの耐荷重だけではなく、全体の耐荷重もできれば確認してください。部分的な重さと全体の重さを合わせ、どれぐらい耐えられるかどうかを知ることは壁や床への負荷も考慮することにつながります。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングフローティングプラン54 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel54 )

大建工業のシステム収納「ミセルフローティングプラン」はテレビボードと書斎を兼ねることのできるシステム収納です。ウォールナット調で鏡面仕上げ、ダークカラーで高級感のある仕様となっています。宙に浮く形なので床の掃除がしやすく、棚板は1枚で10kg、テレビボードは40kgまで載せることが可能です。

システム収納はいかに多くのモノを置けるかだけではなく、耐荷重を考えて選ぶようにしましょう。置く予定のモノの重さやどれだけの量になるのかを考え、部分的な棚ごとの耐荷重だけではなく全体の耐荷重も考え家にかかる負荷も考慮しておいてください。長く安全に使うためにも耐えられる重さを知っておくことが大切です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングフローティングプラン54 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel54 )

関連おすすめ記事

システム収納の引き出しは強度を把握した上で使いましょう

注目を集めているシステム収納を活用してみようと検討されている方も多いはずです。実際に、設置をしてからどのような物を収納するのかによって選び方も変わってきます。特に、収納する物の重さはとても重要です。ここでは、システム収納を選ぶ際のポイントをご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  580view
洋服の片付けには高耐荷重のハンガーラックがうってつけ

ご自宅のクローゼットはキレイに片付けられていますか?収納スペースがあってもきちんと整理整頓されていなければ、収納力を発揮させることはできません。洋服の片付けに悩まれたら、ハンガーラックを活用してみてください。

お片付けレシピ編集部
  |  1261view
片付け革命!キャスターを付ける一工夫で生活が楽になる!

収納スペースを確保する為に、プラスチックケースやスチールラックなどを活用されているご家庭は多いと思います。それ自体はさほど重さがないのですが、中に物を収納すると一気に重くなってしまいます。ちょっと動かしたい時などには、女性など力の弱い人にはかなり大変な思いをしているでしょう。そうならないためにも...

お片付けレシピ編集部
  |  974view
中学生~高校生向けの本棚選び

小学生から中学生になると、とたんに教科書や副教材が増えて、今までの本棚では収納量が不足することも多いようです。新たに購入を検討されている方や買い替えをご検討の方に向けて、使える本棚のサイズや選ぶ際の注意点、使いやすい配置など中学生、高校生の本棚選びのヒントについてお伝えいたします。

澁川 真希
  |  21282view
子どものストックオムツ収納は「トイレスペース」利用でスッ...

子どものストックオムツ収納は「トイレスペース」利用でスッキリ | cataso[カタソ]

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  216view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント