お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

自分の目的に沿ったシステム収納の探し方

お家のお片付けにシステム収納を取り入れたい!最近そう考えるご家庭が多くなっています。
システム収納と言っても天井から床まで壁一面に設置するものから、洗面所やトイレの限られたスペースに取り付けるものまでサイズや用途も様々です。
そこで今回は自分を目的に合ったシステム収納の探し方をご紹介したいと思います。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ブックシェルフプラン04 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft04 )

システム収納をどこに設置しますか?

システム収納とは、規格化された棚や引出し等のパーツを、用途に合わせて組み合わせて作る収納家具のことです。システム収納の設置を検討したらまず、どこに設置したいのかを一番に考えましょう。なぜなら設置する場所によってサイズが変わり、サイズによってお値段も変わってくるからです。
たとえばリビングに設置する場合は家族で共有して使うものや、AV機器等を収納ができるように、出来るだけ収納力のあるもので、尚且つゲストをもてなす場所でもあるのでデザインにもこだわりたいですね。

システム収納はパーツだけではなく、デザインやカラーもバリエーションが豊富ですので色合いを統一させてインテリアコーディネートすることも可能です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

システム収納にどんな物を収納しますか?

設置する場所が決まると次にどんなものを収納したいのか考えましょう。システム収納は収納するものによって必要なパーツが違ってくるので、収納するものに合わせてパーツを取り付けないといけません。
クローゼットでよくありがちなのが詰め込み過ぎて必要な時に見つけるのに時間がかかってしまうことです。そこでシステム収納のポールハンガーと引出し式のチェストを上手く利用すると「パッと出せてサッとしまえる」理想的なクローゼットが完成します。

子供部屋では成長と共に必要なものが変わっていくのでアレンジがしやすいタイプのシステム収納がおすすめです。システム収納の優れている点はその時の必要に応じてパーツを増やしたり、組み換えが出来たりするところです。子供部屋のように用途が変化していくお部屋にはピッタリの収納と言うわけです。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット I型6尺間口プラン-1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk6-1 )

お部屋をどんなデザインにしますか?

システム収納はただ収納するだけではなく棚をディスプレイにしてコレクションやお気に入りのものを飾る「見せる収納」や細々したものや人目には触れさせたくないものには扉を付けて「隠す収納」ができます。またシステム収納は部材がモジュール化されているのでデザインとしても統一感のあるスッキリとした印象になります。色合いを黒や濃い茶色にするとシックになり、白やアイボリーにすると清潔感が出てきますし、木目調にすればウッディでオシャレな感じになるのでお部屋のインテリアのコーディネートにも役立ちます。

システム収納を上手く活用するポイントは「どこに·何を·どんな風に収納する」と言う事ことをしっかりと把握しておくことです。ライフスタイルに合わせて設置ができるシステム収納はどんな世代の人にもおすすめできる収納法です。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

関連おすすめ記事

無駄にしてませんか?壁面収納を活用しきる方法

たくさんの物を効率よく収納できる壁面収納は、自分の好みであったり用途であったりに合わせて、自由自在に取り付けることができるのが魅力です。しかし、シンプルがゆえに上手く活用できていない方も多いようです。そこで今回は壁面収納を無駄なく活用できる、とっておきの方法をご紹介したいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1574view
壁面収納は自由度が高い!素材・色・パーツを選んで設置する...

壁面収納というと新築やリフォームの際に取り付ける大型の収納というイメージがありますが、大げさな工事をしなくても、部屋の一部を利用して設置できるものもあります。 最近では目的や用途に応じて自由に設計できるタイプが増えていますので、自由にプランニングできる自由度の高い収納になっています。

お片付け収納レシピ編集部
  |  368view
寝室に置くシステム収納の容量はどれくらいが適切?

使う人のニーズに合わせて組み合わせができるのが人気のシステム収納。近頃はシステム収納を使用しているご家庭も多く、リビングやキッチン玄関に洗面所などの家の中の様々なところで活用されています。使い勝手の良さに寝室でもシステム収納を設置したいと考えるご家庭も少なくありません。 そこで今回は寝室にシステ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1707view
テレビ周りのコードを隠したい!ホコリも防げるスタイリッシ...

暮らしの空間作りで意外に大変な場所が、リビングのテレビ周りです。雑貨が散らかっていたり、コード類が乱雑になっていたりと、どうしても生活感が出てしまいがちなのではないでしょうか。 そんなテレビ周りをスッキリさせて、しかも大容量の収納スペースを確保できるのが、壁面収納システムです。賃貸だから無理なの...

お片付け収納レシピ編集部
  |  3923view
システム収納は賃貸住宅でも取付可能!

賃貸住宅にお住まいの方でシステム収納を利用したいと思われている方におすすめしたいのが、壁を傷つけずに取り付けできる「オンボード工法」です。これはDIYで取り付けるか、工務店に依頼して設置することができます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1354view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント