お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

我が家の浴室・脱衣所が快適なのは...『収納』+αだから。

1503view|2018.09.27

お料理もほんの少しのひと手間でグーンと味が良くなる様に、整理収納もほんの少しの+αで快適で心地よい生活を送る事が出来ます。
今回は「お風呂場・脱衣所」の整理収納の+αのコツです。
毎日使う場所だから、ただ綺麗にするだけじゃない!
生活が、家事が快適で楽になる我が家のちょっとした+α(プラスアルファ―)をお教えします。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10518000418 )

浴室にある掃除道具に+α  

皆さんは浴室にお風呂掃除の道具置いてますか?
お風呂は一日の疲れを取る為の大切な時間です。
バスタブに浸かりながらフッと浴室に目をやるとボディータオルハンガーに掛けてある掃除道具。
確かに、使う場所の近くに置いておくととても便利ですよね。「取り出しやすく、戻しやすい」。
しかし、だからと言ってそれが湯船に浸かりながらフッと目に入った瞬間気持ちがいいですか?
考えてみてください、食事をしている時ダイニングテーブルの側に掃除機やモップが立てかけてあったら食事はより美味しく食べられますか?
使う場所ですぐ使える様に収納しておくばかリでは片付けは楽になるかもしれませんが、そこで過ごす人が心地よいと感じれないのであれば定位置ではないと思っています。
我が家の浴室に置いていた掃除ブラシは出入り口の扉を開けて手を伸ばせばすぐとれる場所に吊るしています。カビ対策にもなります。
   

イメージ

脱衣所に+α

我が家は脱衣所スペースにバスタオルをサイズごとに置いています。子供と大人の使うタオルのサイズが違うからです。そしてそれだけではなく下着も収納しています。無印のポリプロピレン収納ケースを使ってまだ字の読めない下の息子にはシールを貼って目印にしています。収納ケースの中は不織布仕切りケースを使って下着を収納しました。
どうしても湿度の高い場所だからと敬遠していましたが下着だけでもここに収納しておくとその後の歯ブラシやドライヤーをするのに動線の流れがスムーズです。
お風呂から上がって、タオルで体を拭く➞下着を着る➞使ったバスタオルを片付けるの流れがその場で動かずに出来てしまいます。ここは我が家のお風呂上がりのゴールデンゾーンです。


イメージ

使い終わった洗濯機に+α

脱衣所には洗濯機が置いております。洗濯機の正面には洗剤や洗濯ネットが収納してあります。ラベリングは英語と日本語両方で表示しています。「家族が使いやすい思いやり収納」を大切にしているからです。片手で出し入れできる様にボトルとボトルの間は握りこぶし一つ分以上は空けています。そうすると隣のボトルを気にすることなく使う事が出来ます。
そして毎日使う洗濯機ですが、使い終わったら必ず洗剤を入れる場所の蓋は空けておきます。次洗剤を入れる時の蓋を開ける手間も省けるし、洗剤入れの中はカビや菌が繁殖しやすいからです。カビの大好物は「洗剤・湿度・水分」だから。使い終わったら洗剤入れは必ず開けておくだけで衛生的です。これは洗濯機の修理に来て下さったメーカーの方にもとても褒められました。


イメージ

関連おすすめ記事

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント