お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

システム収納設置の正確な見積もりを出すなら現地調査をしてもらうべき

お片付けを効率よく行いたい、見せる収納をしたいとシステム収納をみるためにショールームへ足を運ぶことも珍しくないようです。また、その場で見積もりを出してもらう人も少なくありません。しかし、正確な見積もりとなると、設置場所の調査を行わないと出すことができないのです。今回はシステム収納を設置するときの見積もりについてお話していきます。

イメージ

出典元: 大建工業 ショールーム ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/nayami/08 )

システム収納はオーダー品扱いになるので見積もりはしっかりと!

システム家具は一般の家具屋さんで展示販売されている「置き家具」とは異なり、設置する家に合わせて作る「造作家具」になります。家や住んでいる人のライフスタイルに合わせたシステム家具を設計するため、オーダー品と考えてもよいでしょう。展示品はあくまでも展示用なので、ショールームで営業と話をした段階では家の詳細がわからず、おおよその見積もりしか出してもらうことができません。

契約後に正確な金額を出してもらったら予算がオーバーしてしまい、システム家具の設置を断念したという人も多く、最初からシステム収納を希望するのなら契約前に現地調査をしてもらったほうが、後から金額が合わないといったことになる可能性が低くなります。また現地調査をしてもらうことで、家にあうような素材やデザインを提案されより具体的な金額を知ることができます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセルリビングカウンタープラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

システム家具は素材や工事方法で金額が変わってくる

システム家具の正確な見積もりを出すには、設置する場所の寸法や設置する家具の種類、素材や工事方法を決めなければなりません。使用する素材によって値段が変わりますが、取り寄せになるような素材の場合、輸送料などのコストがかかってしまうことがあり、工事方法も大工が現場で作る「大工工事」なのか、あらかじめ工場で組んだものを取り付ける「家具工事」なのかで料金が変わってくるのです。 家具工事の場合は工場での組み立てや工場からの輸送費用が掛かってしまうので、大工工事よりも高くなることがあります。

正確な見積もりを出したいのなら、きちんと現地調査を行った上で、素材や工事方法を決めたほうがきっちりと正確な金額の見積もりを出してもらうことができるので、追加金を避けることができます。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736002070 )

複数の会社で見積もりを出してもらって比較検討する

同じことを何度も別の業者に話すのが面倒、見積もりを出してもらうと契約を断れないといった人もいるかもしれませんが、システム収納を考えるなら複数の業者に正確な見積もりを出してもらいましょう。あまりにもアバウトな見積もりだと、正確な見積もりを出した時に他社のほうが安かったということになりかねませんので、面倒でも複数業者に現地調査の見積もりをお願いしましょう。

実は、業者によっては造作家具の受発注の費用や工賃、取り付け作業の仕方が異なるのです。複数業者に現地調査をお願いして正確な見積もりを出してもらうことで、それぞれの業者の受発注費用や工賃、作業の仕方がわかるため、複数業者で見積もりの比較・検討を行うと納得のいく作業と金額の業者を見つけやすいというメリットがあります。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10387000860 )

システム収納は一度設置すると動かすことができません。収納スタイルなどをよく検討したうえで、業者に現地調査を依頼し、どのようなシステム収納にするかを相談して正確な金額の見積もりを出してもらえば、後から追加の支払いが発生することもなくなります。また業者によって家具の設置方法や素材の仕入れ値、また工賃などが変わってくるので、複数業者に依頼して賢くシステム収納を設置して、お片付け上手を目指してください。

関連おすすめ記事

寝室で間仕切りの役割も果たす便利なシステム収納

部屋を仕切る方法としてはパネルやカーテンで間を設けるといった方法がありますが、モノを仕舞うことができたり、家電を設置できたりするなど、機能性の高い間仕切りにできるのはシステム収納です。今回は寝室をシステム収納で仕切る方法をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2176view
寝室をプライベートシアターに!|片付けママの収納お悩み解...

赤ちゃんがいるお宅は寝室でいかにくつろげるかがママのストレス解消のカギ。今回はそんなお話です。寝室を快適なAV空間にしたい、という方にオススメ。

お片付け収納レシピ運営事務局
  |  3690view
ダイニングを居酒屋のようなステキ空間にしたい!|片付けマ...

家飲みを素敵に演出するため、したいと言い出して、ダイニングを大人居酒屋っぽく大胆に改造したい、という野望を掲げたものの、何をしたらそうなるのかわからない。今回はそんなお話です。優雅な家飲みをしたい方にオススメ。

お片付け収納レシピ運営事務局
  |  5918view
「お片付けが嫌いな人」がお片付け実行を決意するキッカケ

部屋をお片付けしなければいけない、と思いつつなかなか実行にうつせない…そんな方は意外と周りにたくさんいらっしゃいます。誰もがお片付けのエキスパートではありません。嫌いなお片付けが好きになるキッカケなんてあるのでしょうか。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1907view
毎日のお片付けに彩りをもたらすウォールポケットをかけよう!

部屋が殺風景だったり、どことなく彩りが欲しかったりするとき、カーテンを変える方法や、カラーボックスの色を工夫するといった手段をとる人もいるかもしれません。ですが、そこまで手間をかけなくてもポップで明るい印象にできる収納アイテムがあれば、活用したいものです。今回は、収納にも役立ち、彩りをもたらして...

お片付け収納レシピ編集部
  |  5view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント