お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

技あり!部屋のサイズに合わせて自在につけられるシステム収納

部屋のお片付けをしたいけれど、自分の部屋のサイズに合った理想の収納が見つからないと困っている人は多いです。しかしそんな悩みも、サイズを自在に変更できるシステム収納ならすぐ解決することが可能です。

お片付けが苦手な人もサイズに合ったシステム収納を使うことでお片付けに対する苦手意識がなくなり、お片付けが楽になります。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット I型6尺間口プラン-1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk6-1 )

つっぱり棒使って部屋のサイズにあったシステム収納を作る!

収納の便利グッズ「つっぱり棒」は、長さの幅が広く、設置する場所に合わせて伸縮可能です。このつっぱり棒を2本セットや複数同時に使用することで、素敵なシステム収納に変わります。
例えば、縦に取り付けたつっぱり棒の間に結束バンドでメッシュパネルを取り付けてS字フックをつければ、それだけで壁にちょっとした収納スペースを作ることができます。クローゼットの空きスペースを利用したいのであれば、つっぱり棒を横に設置するだけで、ネクタイやベルトを収納するスペースができますし、S字フックを吊るせば帽子やバッグといった小物の収納スペースを作ることが可能です。

ごちゃごちゃになりがちなキッチンに収納を増やしたいのであれば、つっぱり棒を縦に設置して、メッシュパネルを結束バンドで固定し、100円ショップなどで購入したフック付きのカゴを取り付けることで小物の収納スペースができます。

イメージ

システム収納を購入するなら組み換え自在なものを選ぼう

自分で市販のシステム収納用の棚などを購入する場合でも、組み換えが自在にできるものを選ぶと、部屋のサイズに合わせた設置をしやすくなります。しかしもともとのチェストなどのサイズは決められているため、使いやすいサイズのものや、気に入った素材、デザインのものを探すのに時間がかかります。
システム収納は工務店などに頼んで、オーダーメイドで設置することも可能です。オーダーメイドのシステム収納は、自分でチェストなどを購入するよりも値段が高くなりますが、その分デザインの幅が広く、部屋にピッタリのサイズで取り付けることができます。

また取り付けた収納の棚も、幅や高さを変更することのできるものが多いため、お片付けが苦手な人でも収納が楽になることによりお片付けへの苦手意識がなくなりやすい傾向にあり、組み換え自在なシステム収納もあるので、自分の使いやすいようにアレンジすることも可能です。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット I型6尺間口プラン-1 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk6-1 )

システム収納は収納の種類の組み合わせが大事!

さまざまな収納方法があるシステム収納は、収納するものに合わせたものを選ぶのが大切です。本も雑誌や文庫といったものでサイズがかわりますし、DVDやCDもサイズが異なります。衣類は夏冬で布地の厚さが変わるため、容量を考えないと入りきらないこともありえます。
容量に合うシステム収納を選ぶことで、お片付けもはかどります。より多くの物を収納するには、その部屋にあるものを把握して、それに合った収納方法を選ぶことが大切なポイントと言えるでしょう。

たとえばクローゼットにシステム収納を追加する場合、大建工業の「リラクロ ウォークインクローゼット L型1坪プラン」なら、デッドスペースになる角部分にシステム収納を設置します。棚の高さは2種類から選ぶことができ、衣類ハンガーの下の空きスペースに置き型の引き出しを設置することができます。バッグや帽子も飾れ、棚板は追加可能なので物が増えても安心です。

イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット L型1坪プラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk01 )

衣類だけでなく鞄やタオル、帽子などクローゼットにしまっておきたいものに合わせたサイズの収納セットなので、見た目もすっきりとさせることができます。このように自分の部屋のサイズに合わせたものでも、いくつかの収納パターンを併用すると、見た目もすっきりしますしお片付けもしやすくなります。

自分の部屋に合わせたちょっとした収納はつっぱり棒などを使って自作することができます。またシステム収納用のチェストなどを購入して自分で作ることもできますが、使いやすいデザインやサイズのものを探すのは時間がかかります。工務店にオーダーするシステム収納システムなら、収納の組み換えも可能な場合が多く、自分の部屋のサイズに合ったものを選ぶことが可能です。使い勝手のよいように組み合わせすることができるので、システム収納を考えているのなら一度工務店などに相談してみましょう。


イメージ

出典元: DAIKEN リラクロ クローゼット L型1坪プラン ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/rk01 )

関連おすすめ記事

棚板が動かせるシステム収納なら収納物の変化にも対応可能!

システム収納を取り付けたときはよくても、後から収納するものが変わって収納サイズが合わなくなった場合、お片付けが苦手な人だと、収納すべきものをそのまま部屋の隅に山積みにしてしまうこともあります。また、収納するものを考えずデザインだけで選んでしまって、棚の間隔がせますぎて収納することができないといっ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1924view
子ども部屋変身計画!片付けが楽しくなるコツとは?

ガミガミと子どもをしかりながら片付けたくはないものです。ここではしからずに片付けることができる方法を3つご紹介します。変化自在のシステム収納、楽しくデコレーションも可能なカラーボックス、そして子どもが飽きずに遊べるボックスの使い方を参考にしてみてください。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3277view
部屋を有効に使うための壁面収納の両面使用アイデア

壁面収納というと壁にピッタリとくっつけた収納というイメージですが、実は部屋の仕切りとしても利用することができる収納です。部屋の壁の延長上に両面使用できる壁面収納を使えば、部屋のレイアウトの幅も広がります。今回は壁面収納の両面使用アイデアについてお話していきます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  5591view
賃貸でもシステム収納が取り付けられる「オンボード工法」

システム収納で部屋をすっきりさせたいけれど、賃貸住宅のためにシステム収納をあきらめている人は多いです。しかしDIYや工務店で、壁を傷つけない方法でシステム収納を作ることができます。壁に傷をつけたくないのであれば「オンボード工法」がおすすめです。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2454view
自分の目的に沿ったシステム収納の探し方

お家のお片付けにシステム収納を取り入れたい!最近そう考えるご家庭が多くなっています。 システム収納と言っても天井から床まで壁一面に設置するものから、洗面所やトイレの限られたスペースに取り付けるものまでサイズや用途も様々です。 そこで今回は自分を目的に合ったシステム収納の探し方をご紹介したいと思い...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1972view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント