お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

無印良品のキャビネットは別売りパーツで拡張も可能!

テレビ周りをスッキリさせたい、キャビネットに注目しているけれど大きさが好みではない、そうお悩みの方は無印良品キャビネットはいかがでしょうか。
壁のスペースを上手に収納に活用できるので、お片付けが苦手な方も楽しみながら収納が出来ます。

イメージ

出典元: 無印良品 スタッキングキャビネット・Aセット ( https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738931690?sc_cid=pb-1809_000747 )

無印良品キャビネットで壁収納をするメリット

家に物が多くどうしても散らかってしまう、どうもお片付けや掃除が苦手だという方に壁収納は向いています。収納スペースの有無は部屋が散らかるか片付くかの大事なポイントですが、今ある収納スペースをこれ以上増やすのは難しいのが現状です。
しかし、壁面は見落としがちですが収納スペースが多くあり、細々としたものをすべて整頓する事が可能です。

また、壁収納のもうひとつの特徴に、見える収納が出来る点が挙げられます。すべて隠そうとするとどうしても散らかり放題になってしまいますが、少し見える事で綺麗にしようと心がけができるので、無印良品のキャビネットでの壁収納は、お片付けが苦手な方も部屋を整頓できるアイテムです。

イメージ

出典元: 無印良品 スタッキングキャビネット・Cセット ( https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738931713?sc_cid=pb-1809_000747 )

別売りパーツで自分なりのアレンジを

もうすでに型になっていて手を加えられないタイプのキャビネットもありますが、無印良品のキャビネットは別売りのパーツを使い、自分でアレンジできるのが利点です。家にある物の大きさや量で別売りパーツをチョイスできるので、よりお部屋に相応しいキャビネットに仕上がります。

壁の部分部分にキャビネットを設置しても良いですし、別売りパーツを組み合わせて壁一面に設置し、しっかりとした収納スペースを確保するのも理想的です。もちろん別売りパーツを使用しないやり方もOKなので、キャビネットの大きさは自由自在です。

今までただの壁だった部分が一気に収納場所になるのでお部屋もスッキリとお片付けができ、掃除機などをサッとかけやすい空間になるのではないでしょうか。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10236000418?sc_cid=pb-1809_000747 )

テレビも収納可能

お部屋のスペースを占領しているテレビ。テレビは場所を取るので、その分収納する場所も無くなり、狭く感じてしまう要因になっているといえます。テレビは無印良品のキャビネットに収納するのがおすすめです。

キャビネットにテレビを置くのは、部屋に棚やテレビ台を置くよりもスッキリと統一感が出るので、インテリアの面でもお部屋の雰囲気を損ないません。また、キャビネットにテレビも含めすべて収納する事で家具の高さも同じになり、より落ち着いたお部屋に仕上がります。

通常の棚以外にも、ガラスや木の扉が付いているので見せたくない物の収納に困る事もありません。リモコンやDVDなど散らかってしまい、どこにあるのか探してしまうようなものも、キャビネットに収納しておけば快適ですね。

イメージ

出典元: 無印良品 スタッキングキャビネット・Aセット ( https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738931690?sc_cid=pb-1809_000747 )

無印良品の「スタッキングキャビネット」は、見せる収納、テレビ台、扉付き収納など様々な要望を叶えてくれる上、お片付けしやすいのが特徴です。特にテレビ周りは散らかりやすい傾向があるので、こちらをお部屋に設置すればいつでもお客様を家に呼べるのではないでしょうか。

自分で別売りパーツを組み立てて調節できる無印良品のキャビネットは、いろんなお部屋に違和感なく収納スペースを増やせます。
木目調の色彩が、可愛い部屋からナチュラルな部屋まで幅広く溶け込むのも嬉しいポイントではないでしょうか。

関連おすすめ記事

無駄にしてませんか?壁面収納を活用しきる方法

たくさんの物を効率よく収納できる壁面収納は、自分の好みであったり用途であったりに合わせて、自由自在に取り付けることができるのが魅力です。しかし、シンプルがゆえに上手く活用できていない方も多いようです。そこで今回は壁面収納を無駄なく活用できる、とっておきの方法をご紹介したいと思います。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1880view
ベンチが収納を兼ねる!?「家具×壁面収納」が便利でオシャレ

ちょっと腰かける場所が欲しいのに椅子を置く場所もない、棚を置いたら部屋が圧迫され窓も遮られてしまう、という狭くて不便な空間でも、ベンチ収納であればその問題を解決できます。棚型ではなく、ざっくり収納できるベンチ収納であれば、お片付けが苦手な人でも部屋をキレイに保つことが可能です。

お片付け収納レシピ編集部
  |  3744view
おすすめの壁面収納で理想のリビングを演出しましょう!

リビングは家族がくつろぐ憩いの場でもある反面、ものが集まりやすい場所でもあります。 子どもがいる家庭では、おもちゃや文房具、食器など、**さまざまな子ども用品や小物で溢れかえっているという家庭も多いのではないでしょうか。**また、リビングの物入れが限られていると、収納しきれず、ものが出しっぱなしに...

お片付け収納レシピ編集部
  |  3767view
キャビネット利用で、壁面・空間をうまく使う収納法

必要な高さや幅に合わせて組み合わせが自由自在な収納家具「壁面収納キャビネット」をご存じですか? シンプルなデザインで、思い通りに積み重ねることができるので、どんなタイプの部屋にもピッタリ合わせる事ができます。 「壁面収納キャビネット」の1番の魅力は「使いやすさ」です。 固定の収納家具よりも幅が広...

お片付け収納レシピ編集部
  |  4338view
ライフスタイルを変えるキッカケは「壁面収納」にあり!?

毎日のお片付けは大変で、片付けても片づけても、気づいたら散らかっているような日々を送っている人も少なくないでしょう。そんな日々とは決別して、ライフスタイルを変えるキッカケともなる壁面収納についてご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1413view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント