お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

賃貸でもシステム収納が取り付けられる「オンボード工法」

システム収納で部屋をすっきりさせたいけれど、賃貸住宅のためにシステム収納をあきらめている人は多いです。しかしDIYや工務店で、壁を傷つけない方法でシステム収納を作ることができます。壁に傷をつけたくないのであれば「オンボード工法」がおすすめです。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ブックシェルフプラン04 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft04 )

DIYで壁に傷をつけずに壁面収納を作る

DIYが好きな人なら、ホームセンターなどで販売している「有孔ボード」を使うことで、壁に傷をつけずに壁面収納を作ることができます。「有孔ボード」は「ペグボード」ともいわれる、たくさんの穴が開いているボードです。この穴を上手く利用してフックや100円ショップで販売しているワイヤーカゴなどを設置することで、すぐに壁面収納を作ることが可能になるのです。

壁に設置するときは、壁と有孔ボードにマグネットを付けておくことで簡単に設置できます。つっぱり棒を縦に2本設置して、間に有孔ボードを設置することもでき、ペンキなどを利用すれば、部屋の雰囲気に合った色に着色も可能なので、収納方法も自分が使いやすいようにカスタマイズすることが可能です。

イメージ

壁を傷つけない「オンボード工法」とは?

壁面収納や、おしゃれで使いやすいシステム収納が欲しいけれど、賃貸のために設置をあきらめている人には「オンボード工法」のシステム収納をおすすめします。 オンボード工法は、近年になってできた工法のひとつで、壁を傷つけることなく壁面収納やシステム収納を設置する方法です。

従来の壁面収納やシステム収納の工法だと、壁に穴をあけて取り付けていましたが、オンボード工法では壁や下地がないところに接着剤で施工桟を取り付けます。そして施工桟に対してシステム収納を固定していくやり方になります。壁に直接取り付けるものではないので、耐震性を気にする人も多いですが、地震が起きたときでも壁にしっかりとくっついているので安心して利用することができます。

イメージ

出典元: DAIKEN システム収納オンボード工法 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/nayami/09 )

「オンボード工法」のメリットとデメリットは?

たとえば大建工業のシステム収納「ミセルシリーズ」のオンボード工法の場合、通常必要となる石膏ボードなどの取り外し作業などは不要となります。そのため従来の設置方法と比較すると工期の短縮や工員を減らすことができるので、施工時の価格が通常のシステム収納設置よりも安くなります。さらに耐震性もあるため、大きな地震が起こっても倒れてくることがなく、従来のシステム収納と同じスペック・同耐荷重で利用することが可能です。

オンボード工法のデメリットは、コーナーユニットや間仕切・カウンター利用・吊ユニットが独立しているようなプランのものだと、設置できないことがあげられます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセルクローゼットプラン27 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel27 )

賃貸住宅の場合壁に傷をつけることができないため、壁面収納やシステム収納をあきらめる人は多いです。プランによって利用できないものもありますが、オンボード工法を利用することで壁面収納やシステム収納を増やすことが可能です。賃貸で収納場所がなくて悩んでいる人は、オンボード工法でシステム収納を付けることを検討してみてはいかがでしょうか。

関連おすすめ記事

システム収納は賃貸住宅でも取付可能!

賃貸住宅にお住まいの方でシステム収納を利用したいと思われている方におすすめしたいのが、壁を傷つけずに取り付けできる「オンボード工法」です。これはDIYで取り付けるか、工務店に依頼して設置することができます。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2184view
壁面収納は穴を開けなくても設置できるって知ってました?

限られた空間を有効活用し、部屋を整理したい方は多いと思います。その一つの方法として壁面収納にしたいと思っても、壁に穴を開けたくないという理由であきらめている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために壁に穴を開けず、壁を傷つけることのない壁面収納の設置方法をご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  4238view
賃貸でも設置可能なオーダーメイドの壁面収納6選

日本の住宅事情で一番悩ましいのが収納スペースの確保です。特に賃貸マンションでは既存の収納スペースでやりくりしなければなりません。しかし、そんなお悩みを解決してくれるのがオーダーメイドの壁面収納です。賃貸で設置できないと思われがちですが「オンボード工法」を利用すれば壁を傷付けずに壁面収納を設置する...

お片付け収納レシピ編集部
  |  768view
賃貸住宅でも作業してもらえる壁面収納がある!?

賃貸住宅に住んでいると、自分の好みに部屋を改装することはなかなか難しいものです。海外では改装して住むこともよくある話ですが、日本の賃貸住宅では、改装どころか、退居するときには最初に入った時の状態にすることが常識のようになっています。 そんな日本の賃貸住宅でも、自分好みにカスタマイズできる壁面収納...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2737view
賃貸住宅の壁を傷つけずに壁面収納を設置するには?

気が付けばいつの間にかモノが増えていきます。しかし限られたスペースで収納場所を増やすには壁面収納家具を取り付けるのも一つの方法です。 うちは賃貸だから壁面収納は無理だと諦めていませんか? 少し工夫することで壁を傷めずに壁面収納を取り付けることができるはずです。賃貸でも取り付けることが出来る壁面...

お片付け収納レシピ編集部
  |  799view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント