お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/08/13 0:00

本棚代わりにシステム収納を利用するときのコツ

みなさんのご家庭では、本をどのように収納していますか?どんどん増えていく本の数に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。捨てることができない大事に取っておきたい本を、うまくシステム収納におさめるコツをご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 小上りコーナープラン75 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel75 )

本の大きさを揃える

雑誌、文庫本、文芸本、コミックなど、本の数がさほど多くないという場合は、本の大きさを揃えて収納するのがおすすめです。特に、本の高さを揃えるのが重要なポイントです。
本といってもサイズが色々あるので、適当に収納しただけでは統一感がなく、乱れている印象になってしまうからです。まずは本を大きさが近いものでまとめてみてください。そして、その大きさごとに並べていきます。そうすることで、統一感が出るので見た目もすっきりとします。

また、大きさを揃えることは、収納棚の中に無駄な空間を作りださない為にも、とても重要なことです。高さ以外にも、奥行を揃えるようにすると、見た目の綺麗さだけじゃなく、本を前後に収納することもでき、収納力も高くなるのです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10173002993 )

詰め込みすぎない

本棚にお気に入りの書籍をすべて並べたいという人もいるのではないでしょうか。本が好きだからこそ、いつでも本に手を伸ばすことができる環境を整えたいと思うところです。
ですが、溢れんばかりに詰め込んだ棚は、部屋に圧迫感を与えてしまいます。したがって、棚の8割程度の収納になるようにするのがおすすめです。そうすることで圧迫感が減るだけでなく、本が増えた時の収納にも困りません。2割程度の余裕を残しておくことで、物が片付かないというストレスが生まれなくなるわけです。

また奥行きもとても重要です。棚の一部を空間にして、本棚の背板を見えるようにしておくと壁のように認識するので、お部屋を広く感じられるのです。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179006009 )

フラップ扉付きがおすすめ

本棚としてシステム収納を利用するのであれば、棚の一部にフラップ扉がついたタイプがおすすめです。お気に入りの本をディスプレイできるのが魅力です。普段よく読むもの、気に入っているものは扉がついていない棚に収納し、インテリアのひとつにしましょう。小物と合わせて並べてもいいかもしれません。それほど読む機会はないがきちんと棚に収納しておきたいものは、扉がついた棚に収納します。インテリアに不向きな、背表紙が目立つコミックなども、ここにしまうといいでしょう。
システム収納を本棚とする時、フラップ扉を上手に活用することで、インテリアにもなり、お部屋もすっきりとお片付けできて、本を読む環境も整うはずです。
本棚としてシステム収納を利用する際のコツをご紹介しました。お気に入りの本に囲まれた生活、大切な本の多さに圧迫感を感じずに、使い勝手もよく見た目もオシャレなシステム収納を楽しんでください。


イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ブックシェルフプラン04 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft04 )

関連おすすめ記事

本好きさん必見!すっきり見えて気分が上がる本棚整理の9つ...

本が好きな方にとっては増え続ける本の整理は難しい問題です。たくさん持ちたいけど散らかってみえるのは困りますし、置くスペースにも限りがあります。手元に置いておきたい本を、限られた本棚スペースに見やすくすっきり収納するコツをご紹介します。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  934view
壁面収納を本棚として利用する際のポイント

本の収納場所に困っている方も多いかもしれません。読書好きの人にとってはお気に入りの本を二度三度読み返したいと思いなかなか本を捨てる事ができません。また、お子さんがいる家庭ではお子さんの成長に合わせて本も増えていきます。そのようなことが続いてしまうと、気が付いた時には、本が多くなってしまい、普通の...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1213view
本棚を美しく魅せるためのテクニック|鍵は高さの統一にあり

もしも本棚が本で氾濫している状態の場合、収納棚が合っていないというだけではなく実は統一感のなさが原因かもしれません。本棚は高さを揃えるというポイントさえ押さえれば、それだけで整然とした美しい本棚に魅せることができます。お片付けが苦手な人でもできる、氾濫状態の本棚から美しい本棚に化けさせるためのテ...

お片付け収納レシピ編集部
  |  330view
クローゼットに本棚を!扉を閉めると生まれるメリット3つ | ...

折戸タイプの備え付けクローゼットは、扉を開けるとその後ろのスペースが使いにくく「デッドスペース」になりがちです。使いにくい場所を趣味のモノのスペースにしてみませんか?特に子供達のコミック収納スペースにするとメリットが多いので、おすすめです。

cataso[カタソ] | 片付け・収納の専門家ブログメディア
  |  711view
安心!壁面収納は壁一面に広がっていれば圧迫感はありません!

ご家庭の中には必要不可欠な収納場所ですが、収納スペースが限られてしまっているので、その重要な場所を確保することが意外にも難しく悩まれている人も多いのではないのでしょうか? 空きスペースを有効的に活用できる、壁面収納についてご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1533view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント