お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/07/05 5:36

壁面収納の「見せる部分」と「隠す部分」の役割

壁面収納は使い方を間違えてしまうと、かえって室内が散らかって見えるようになってしまうこともあります。壁面収納のポイントは、見せる部分と隠す部分にメリハリをつけること。今回は、壁面収納の「見せる部分」と「隠す部分」の役割についてご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

見せる部分のポイント

壁面収納は収納する物を「見せる」ことも「見せない」ことも自由です。もし、収納する物をあえて見せるのであれば、物を見せすぎないように気を付けなければなりません。
インテリアとしておしゃれなものを見せていたとしても、そればかりになってしまうと、お片付けがされていないように見えてしまうことがあります。

お気に入りのもの、おしゃれなインテリアのアイテム、このようなものはほどよくしまって、ほどよく出すようにしてください。収納しつつインテリアとしても楽しめる収納にするということが、重要なポイントになります。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ローボードプラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft10 )

隠す部分のポイント

壁面収納に収納する物を見せないように隠してしまうときは、ケースやバスケットといったアイテムを上手に活用するのがポイントです。
アイテムごとに最適な大きさのケースやバスケットを用意し、それぞれにしまうようにしておけば、それだけですっきりと片付いた印象になります。使用するときにも、必要なものをすぐに見つけて取り出すことができるので便利ですし、片付けるときもどこに戻したらいいのかすぐにわかるので、散らかることもありません。

使用するケースやバスケットは、壁面収納家具、他の家具、それからお部屋の雰囲気にマッチした色やデザインのものを選ぶようにしましょう。統一感を出すことで、よりスッキリとした印象に近づきます。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ リビングシェルフプラン19 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft19 )

見せる部分と隠す部分のバランス

壁面収納でお気に入りの物を飾って見せる収納方法にするか、一切物を見えないような収納方法にするか、そのバランスによってお部屋の雰囲気が変わってきます。
どのような雰囲気が自分や家族にとって居心地が良いと感じられるのか、そして使い勝手が良いのか、しっかりと考えてから物の配置場所を決めることが重要です。

物の配置場所を決める際には、使用する人がスムーズに出し入れできるかもよく考える必要があります。大きい物や重たい物は、少しでも出し入れの負担を減らす為に下段に収納します。上段にいくにつれ、隙間を作って詰め込み過ぎは避けましょう。また、下段には濃い色の物、上段には明るい色の物など、配色にも注意が必要です。物の収納具合やカラーのバランスに注意すると、お部屋全体が落ち着いた雰囲気になります。

イメージ

出典元: フィットシェルフ リビングシェルフプラン19 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft19 )

大建工業の「フィットシェルフプラン」は、テレビ周りの収納部分に隠す部分と見せる部分を兼ね備えた壁面収納家具です。散らかった印象を与えてしまう小物類は隠す部分に、思い出の品々は見せる部分に収納するのがおすすめです。

特に、見せる収納は難しいと思われがちですが、ポイントだけ掴んでいれば実は簡単にできる収納方法なのです。お気に入りの品々がディスプレイされた部屋であれば、きっと快適に過ごすことができるはずです。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

関連おすすめ記事

「収納に押し込んで隠す」はNG!今すぐできる見せる収納

お片付けの時にタンスや押入れに色々ものを入れて、収納スペースが足りなくなってしまった経験はあるかと思います。収納の考え方を変えれば、普段使うものを手が届くところに置きながら、おしゃれなインテリアとして見せることができるのです。今回は、そんな見せる収納のメリットやアイデアを紹介していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  711view
ワンルームの部屋でもキレイに見せる収納のコツ

ワンルームに住んでいると、部屋が雑然としてしまいがちで、困っている人も多いかと思います。 すべての物が1つの部屋に置かれるわけですから、片付けが苦手な人には、キレイな状態を保つのはなかなか難しいかもしれません。 しかし、そんなワンルームでも、工夫すれば部屋をキレイに見せることができます。 ここ...

お片付けレシピ編集部
  |  1203view
リビングの壁面収納は「隠す」のか「見せる」のかを決めてか...

ご家庭のリビングは、家族団欒であったり、お友達を招き入れたりするスペースです。家の中で一番人目に触れる機会が多いので、家の顔と言えるでしょう。ただ、つい色々な物が溢れてしまいがちです。そんなリビングを、できればキレイにお片付けしたいですよね。 今回は、リビングの収納に便利な壁面収納についてご紹介...

お片付けレシピ編集部
  |  288view
壁面収納は小物のディスプレイの役割も果たす!?

家の中の物が多く、それらの収納方法に悩まれている方におすすめしたいのが、壁面収納です。壁面収納は、確実に収納量をアップさせることができますし、オシャレな小物類をディスプレイする役割も果たしてくれる、万能収納アイテムです。 それぞれのお部屋に適した壁面収納をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  419view
壁面収納は小物のディスプレイの役割も果たす!?

場所をとらずにお片付けができる壁面収納。壁面収納の役割は整理整頓だけではありません。 上手に「見せる収納」を取り入れることにより、素敵なインテリアとなり、お部屋をオシャレに演出することができます。 そこで、壁面収納で小物をおしゃれに収納できるアイディアを紹介していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  430view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント