お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/06/11 0:00

たくさん入る壁面収納があれば部屋が汚れづらくなる!

家族があつまる場所であるリビングは、いつでも整理整頓された居心地のよい場所なのが理想。しかし実際は家族の物があふれ、毎日掃除をしても片付かないリビングをストレスに感じている方は多いでしょう。そこで毎日の掃除が簡単になり、きれいな部屋を維持することができる壁面収納についてご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

ホコリをためない部屋にするために

毎日掃除機をかけて水拭きをしても、ホコリはあっという間にたまっていきますよね。ホコリがたくさんたまっている部屋は不潔に見えますし、鼻炎やぜんそくなどのアレルギー症状を引き起こします。
ホコリをためないためには、家具の配置がとても大切です。床の上に家具や物を置いていたり、家具が不揃いだったりすると、徐々に凹凸の部分にホコリがたまっていきます。前面が直線になるように家具の並べ方を揃えることで、ホコリがたまりにくく、見た目もすっきりとした印象になります。

本来、目に見えないほどの小さい物質であるホコリ。部屋のなかの空気の循環がきちんとできていれば、ホコリもそんなにたまりません。部屋のなかの空気の循環を妨げないためには、壁面収納が理想。家具の配置に気をつけて、空気清浄機や換気扇などを使っていきましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

ホコリがたまりにくい壁面収納

床に様々な家具がバラバラと配置されている部屋は、ホコリがたまりやすく掃除が大変です。とくに広いリビングなどに家具が無造作に配置されていては、見た目もゴチャゴチャしてスッキリしません。
そのような場合は、収納家具として大きめの壁面収納を設置することをおすすめします。床に置く家具を減らすことで、たまっていくホコリの量を減らすことができます。更に壁面収納を扉つきのタイプにすることで、よりホコリの蓄積を防ぐことができます。見せる収納を楽しみたいのであれば、扉を透明なガラスなどにしましょう。

収納家具を壁面収納にすることは、地震対策にもなります。部屋にホコリがたまるのを防ぐことができ、地震がおきたときに転倒の心配もなく一石二鳥ですね。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングフローティングプラン54 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel54 )

リビングには大きめの壁面収納を

リビングは家族が集まる場所なだけあって、物があふれています。リビングに持ち込まれたものを、またそれぞれの場所にお片づけするのはとても面倒。ついついそのままにしてしまうと、リビングがあっという間にゴチャゴチャとしてしまいます。せっかく毎日掃除をしてもあちこち散らかってしまっていては、どうしても汚らしい印象の部屋になってしまいものです。
そこで、リビングに家中にあふれるたくさんの物が入る大きい壁面収納があれば、片付けがとても楽になります。壁面収納は出しやすくお片づけもしやすいので、ズボラなお父さんも小さいお子さんでもお片付けが楽しくなるでしょう。
テレビやステレオまわりのコード類も壁面収納におさめることで、ホコリがたまりにくく、掃除のときにどかす手間を省くことができます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

リビングに大型壁面収納の設置を考えている方、大建工業ミセルの「多目的リビングプラン」をチェックしてみてください。物であふれるリビングをすっきりと整理整頓することができ、スタイリッシュな空間を簡単につくりあげることができます。

収納家具を壁面収納にすることでホコリがたまりにくく、家中にあふれる物をすっきりとお片づけすることができますね。家族みんながだしやすく片づけやすい収納にすることが、きれいな家を維持する秘訣。壁面収納で楽しく片づけをして、居心地のいい空間をつくりましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

関連おすすめ記事

デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」で部屋のお片...

デザイン性抜群の「家具としてのシステム収納」でリビングをすっきりとかたづけることができます。魅せる家具であり、収納もばっちりできる、家の中のメインとなる素敵なデザインのシステム収納家具です。置く場所によっては部屋の間仕切りとしての役目も果たします。今回はこの豪華なシステムシェルフをご紹介いたしま...

お片付けレシピ編集部
  |  1002view
「魅せる」「使える」理想のリビング学習環境づくりと「整理...

「整理収納フェスティバル」というイベントをご存知でしょうか? 毎年10月、2日間にわたって開かれる日本最大の「整理収納についてのイベント」であり、「整理収納が持つ力」を暮らしに生かすため、人・もの・サービスにアプローチし、快適な暮らしに向けて、あらゆる角度から紹介・発信することを目的としています。...

お片付けレシピ編集部
  |  1520view
テレビをそのまんま壁面に収納すると、ホームシアターのよう...

家の中で、散らかりやすい場所と言えば、リビングルームではないでしょうか。家族が集まり、テレビを見たり、くつろいだり、おやつを食べたり… 片づけても、片づけても、すぐに雑然としてしまう。そんなリビングルームが、スタイリッシュ&おしゃれな空間へと変わる劇的な方法はあるのでしょうか?

お片付けレシピ編集部
  |  557view
家具が部屋を狭くしている…その問題、壁面収納が解決してくれ...

壁面収納が選ばれている理由に、部屋を広く使えるという利点があります。テレビ台や本棚、チェスト、カラーボックスなどそれぞれの家具を置くとなると、部屋が家具だけで占められてしまうことがあります。無駄な空間をなくす方法として、壁面収納が最適な解決方法である理由をお教えします。

お片付けレシピ編集部
  |  698view
学びと暮らしの成長を見守る「収育スタイリング」 リビング...

DAIKEN のシステム収納「ミセル」と「フィットシェルフ」で収育スタイリングを実現しました。 「収育」とは「収納+育児・教育・育成」からなる造語で、「片づけの力で大人も子どもも幸せに生きる力と智恵を学び育む」という思想を表す言葉です。 この思想に基づいてお子さんが片付けを楽しくできるような仕組みを...

お片付けレシピ編集部
  |  578view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント