お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/06/08 0:00

お片付けの救世主・スチールラック選びのポイントの1つ「錆への強さ」を確認

スチールラックは、片付けるものに合わせて柔軟に高さを調整でき、元のデザインがシンプルであるため自分なりにアレンジすることもできる便利な収納グッズです。値段に幅のあるスチールラックですが、購入する際はどのような点に気をつけるべきなのでしょうか?今回は、錆に対する強度など、スチールラック選びの際に注目したいポイントを解説します。

イメージ

出典元: ルミナス プレミアム ワイヤーラック ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_1637/ )

メーカーの見分け方

スチールラック大手3ブランドの正規品の場合は、棚板の側面にロゴプレートが取り付けられています。また、棚板の角にあるポールを通すための筒状の部分にも、ブランドロゴが刻印されています。このようなロゴがついている商品の場合、まず間違いなく信用できるメーカーの製品であると言えるでしょう。
ただし、大手であっても廉価版が存在し、こちらにも同じようなロゴプレートが取り付けられています。それぞれの正規品とパーツのサイズなどの互換性があるので、大きな機能上の差はないものの、見た目だけでブランドを見極めるのは困難であると言えるでしょう。

その他のメーカー、ホームセンターなどのプライベートブランドの製品も外観のみで見分けるのは難しいです。そのため、長く使える耐久性のあるラックをお探しの方は、中古の家具屋で買うのは避け、信用できる販売店で購入するようにしてください。

イメージ

出典元: ルミナス プレミアム ワイヤーラック ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_1637/ )

価格の違いは支柱と防錆加工にあり

このように見た目だけでは見極めが難しいスチールラックですが、長く使い続けると差が見えてきます。大手メーカーとプライベートブランド品の値段の違いには、もちろん理由があります。品質は同じなのにメーカー品だから高い、という訳ではないのです。

まず、メーカーの製品で支柱がステンレス製のものは価格が高いです。品質管理とブランドイメージ維持のために、生産コストの高い高級品を作っているメーカーもあります。パーツの一部を国内生産している場合もあり、値段は上がりますが耐久性などの信用度は高いといえるでしょう。

また、防錆加工を施している商品も、価格が高くなりがちです。それと比較して、メーカーの廉価版製品や、ホームセンターのプライベートブランドの場合は、防錆加工のプロセスを省略していることが多く、数年で表面が錆びてしまうこともあります。

イメージ

出典元: ルミナス プレミアム ワイヤーラック ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_1637/ )

パーツの互換性

自分流に組み立てられるのが便利なスチールラックですが、パーツが消耗したときに取り替えたり、アレンジするときに新しいパーツが必要になったりすることがあります。元々持っていたスチールラックのパーツを新しいラックに使いたい、という場合もあるでしょう。そんなときに大切なのが、互換性を確認することです。

引越し時にスリーブをなくしてしまうという方も多いです。スリーブとは棚板をポールに固定する部品のことで、直径が同じであれば、基本的には別のラックのものでも使うことができます。しかし、できるだけ自分のラックのメーカーを特定し、同じスリーブを使った方がよいでしょう。

キャスターなどの脚部分には互換性がないので、新しいラックの購入を考えている方は、パーツだけで後で購入することができるのかなど、事前によく確認してください。

イメージ

出典元: ルミナス プレミアム ワイヤーラック ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_1637/#column-item )

ルミナスの「プレミアム ワイヤーラック」は、スズメッキとクリアコーティングの二層の防錆加工が施されており、錆に強いのが特長です。ステンレス製の高級製品に比べて、大幅なコストダウンを実現しています。

今回は、お片付けに便利なスチールラック選びのポイントをご紹介しました。お店に並んでいる段階では品質の差はあまり見えないものの、長く使っていると錆への強さの差は一目瞭然です。皆さんもこの記事を参考に、ご自分の予算と使用用途にあったスチールラックを見つけてみてください。

イメージ

出典元: ルミナス プレミアム ワイヤーハンガーラック ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_949/#column-item )

関連おすすめ記事

スチールラックを応用して、スペース拡大&お片付け効率アップ

スチールラックと言うと、男性の部屋にありがちな質素なインテリアをイメージする方も多いと思います。ところが最近では、そのフレキシブルな収納力や、効率よく部屋のスペースを利用できることから、SNSなどで再注目されているアイテムでもあるのです。この記事では、スチールラックを応用した上手なお片付け方法をご紹...

お片付けレシピ編集部
  |  211view
スチールラック専門店「ルミナスクラブショップ」で収納の可...

整理・整頓するうえで、万能アイテムであるスチールラックを既に活用している人はとても多いと思います。今以上に使い勝手の良い整理・整頓を目指す人におすすめしたいのが、スチールラック専門店のルミナスです。スチールラック専門店だけあって、種類の豊富さ、量の多さは抜群です。様々な便利パーツも取り入れながら...

お片付けレシピ編集部
  |  354view
スチールラックの脚にキャスターをつければお掃除でもお片付...

スチールラックは便利だけど、棚がそこにあるとどうしても掃除がしにくくなってしまいます。そんな時にラックの脚にキャスターが付いていれば移動が楽に行えるので、掃除もしやすくなるでしょう。また、模様替えなどの際の負担も減らす事ができます。

お片付けレシピ編集部
  |  492view
スチールラックでお片付けの問題を改善!場所ごとの適正サイ...

スチールラックはサイズが色々ある分、家の色んなスペースに置く事ができます。収納の問題を改善させる事でお部屋も片付きますし、物を置くスペースが増えて生活もしやすくなります。暮らしやすい家づくりはスチールラックにお任せです。

お片付けレシピ編集部
  |  794view
キッチン?リビング?スチールラック導入でお片付けが楽にな...

家の中でいちばん散らかる場所は、いる時間が長いリビングでしょうか。毎日片づけても散らかってしまいます。その次くらいにキッチンではないでしょうか。ここも雑多な物が増えがちで、気を緩めるとすぐに散らかってしまいます。簡単なお片付けのポイントをいくつかご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  1253view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント