お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

×

パスワード再設定


【パスワード再設定】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

壁面収納と棚を上手に使ってリビングをコーディネート!

リビングは家の中でも日中過ごす時間の長い部屋です。また、来客など、人の目にも触れることの多い部屋です。しかし長くいる部屋だからこそ、いつの間にか散らかってしまうものです。
リビングを上手にお片付けするには、壁面収納と棚が有効です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビングカウンタープラン10 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel10 )

扉付きの壁面収納がオススメ

壁面収納の素晴らしい点は、扉付きの壁面収納であれば、リビングにあるものをとりあえず隠すことができる点です。ですから、壁面収納を計画しているのであれば扉付きの方が断然便利です。
リビングにはたいていテレビを置きますが、壁面収納の一部にテレビの場所を設けておくといいでしょう。それだけでリビングの印象がぐっとおしゃれになります。リビングに散らかりがちな雑誌やDVDなどをすべて壁面収納に収納し、テレビもそこに設置すれば散らかる要因がなくなりますから、お片付けがかなり楽になります。

扉付きの壁面収納であればなにをしまってもいいのですから、普段使わないような食器なども片付けてしまいましょう。
リビングとキッチンは隣接しているケースが多いので、意外と便利です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

壁面収納の一部をオープンにすることで抜け感が

扉付きの壁面収納であれば、リビングの雑多なものを一掃できることは前述の通りですが、いくぶん殺風景な印象になってしまうことがあります。もし壁面収納をオーダーできるのであれば、一部をオープンな棚にしておくといいでしょう。
リビングの一面が壁面収納でびっしり埋まっていると、若干圧迫感があることも事実です。すこしオープンな棚の部分があれば、壁に凹凸ができるのでやわからい印象になります。もちろんそこには雑多な物など置かないで、厳選した洋書やフォトフレームなどを置いておしゃれに演出するのがおすすめです。

壁面収納をオーダーできず扉付きである場合も、飾り棚を別に設けるといいでしょう。リビングは人が集まる部屋ですから、息抜きのできるインテリアである方が望ましいのです。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

壁面収納や棚の色で印象が変わる

壁面収納や棚の色や素材によって、リビングの印象がまるきり違ってきます。ウッディな木目であればナチュラルインテリアにぴったりな雰囲気になりますし、すべてをホワイトで統一すればすっきりした印象に。メタリックな印象にしたいのであればブラックという選択もあります。

オススメは、マットな色+木目です。この組み合わせであれば、抜け感が出るので、落ち着いた部屋の印象になります。また、オープンな棚の色をホワイトにし、色彩の綺麗なオブジェをそれぞれの棚に飾るのもおしゃれです。いきあたりばったりではなく、全体の印象をどうするのか決めてから、計画的に色を決めることをオススメします。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビング床座プラン52 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel52 )

壁面収納はたいていオーダー可能で、自分で組み合わせを決めることができるので、便利な収納です。オープンな棚も壁一面に並べれば壁面収納のように使い勝手がいいでしょう。しかし、リビングはくつろぐ空間ですから、収納の機能一点張りでなく、遊びの要素も取り入れるのがポイントです。

リビングの関連おすすめ記事

小刻みに調整可能な壁面収納で理想通りの棚を実現!

壁を利用した壁面収納は、さまざまなサイズのものを上手に収納できます。特に、**収納スペースをカスタマイズできるタイプ**は、使う方のニーズに合ったサイズを作り出すことができます。 設置する部屋に合った自由なレイアウトは、収納スペースとしてはもちろんのこと、**インテリアとしても部屋を美しく見せる**こと...

お片付け収納レシピ編集部
  |  147view
壁面収納にインテリアを飾って「魅せる片付け」を実践してみ...

壁面収納の便利な点は、扉付きであれば雑多な物をすべて隠してお片付けできる点ですが、あえて一部をオープンにする、また全部をオープンにし、魅せる収納を実践することもオススメです。インテリアの上級者の技を盗んでみましょう。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1791view
おすすめの壁面収納で理想のリビングを演出しましょう!

リビングは家族がくつろぐ憩いの場でもある反面、ものが集まりやすい場所でもあります。 子どもがいる家庭では、おもちゃや文房具、食器など、**さまざまな子ども用品や小物で溢れかえっているという家庭も多いのではないでしょうか。**また、リビングの物入れが限られていると、収納しきれず、ものが出しっぱなしに...

お片付け収納レシピ編集部
  |  22view
上手に壁面収納を作るためには「長く使えるかどうか」を考慮...

最近テレビや雑誌等で、壁面収納という言葉を耳にしたことがありませんか?壁面収納は、お部屋をスッキリと整理整頓させることができ、収納力も高いので、とてもおすすめです。 壁面収納を上手に作る際のポイントをご紹介します。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1877view
何でもない部屋をお気に入り空間に化けさせる!壁面収納の魅力

すっきりと片付いて整理整頓された部屋は気持ちがいいものです。壁面収納なら、空間をムダにせずに多くの物を収納でき、工夫次第ではセンスのいいお気に入り空間を演出することも可能です。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2605view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント