お片付け収納レシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/05/21 0:00

壁面収納の「天井付近の高い棚」の活用法

壁面収納は壁一面が収納場所になっているタイプが多く、天井付近にまで収納が可能です。しかし、天井付近だと高すぎて収納するには不便と感じる人もいるのではないでしょうか。高い場所でも便利に利用する手はあります。ディスプレイに、ストック置き場にと高い場所を有意義に活用する方法をご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ TVボードプラン01 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft01 )

ディスプレイとして活用する

壁面収納の天井付近の棚を、ディスプレイに利用するという手があります。コレクションしているものがあれば、収納するのではなく飾るようにしましょう。例えばワインが好きな人であれば、ワインボトルをずらっと並べるだけで、バーのような雰囲気を楽しめるようになります。

カップやお皿をおしゃれに並べてみてもいいでしょう。引き出物で頂いた絵柄のキレイなブランドものは、箱のまま仕舞っておくのではなく、壁面収納の高い棚にディスプレイしておきましょう。普段使う用のお皿は下に、飾り用のお皿は上にと使い分ければ、うまくお片付けできるようになります。壁面収納があれば、引き出物などでいただいた使わない物を押入に押し込めるという事をしなくて済むのです。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ダイニングシェルフプラン02 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft02 )

高いところは取り出しやすくすれば充分使用できる

天井まである壁面収納だと、どうしても踏み台がないと取り出せないということもあるのではないでしょうか。踏み台をいちいち持ってくるのが面倒だという人は、下の引き出しを踏み台にしてしまうという方法があります。収納内部に踏み台が組み込まれたタイプの壁面収納もありますが、自分で踏み台を収納しておくのもいいでしょう。
また、収納物自体も引き出しやすいように、取っ手部分がある入れ物に入れ、収納するという方法があります。取っ手が付いているカゴがなければ、引っ張れるようなタグや紐を自分で縫い付けてもいいです。

仕切り板を使い、他の物が一緒に引き出されないように区分けすることも大切です。取り出しやすい工夫をしておけば、天井付近の棚に生活に必要なものを収納しても、ストレスなく出し入れできます。

イメージ

出典元: ルミナス ストレージボックス ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_4794/ )

天井付近はストック置き場になる

高い場所へは、使用頻度の低いものを収納するようにします。例えば洗面所であればストックのタオルや洗剤などです。ご挨拶などでもらったタオルなどはどんどんたまっていきますが、天井付近の棚に入れておけば簡単に片付きますね。
キッチンでも同じように、砂糖や塩などの調味料のストックを入れておきます。安い時に買うことが多いものは、上に収納しておけば大量に買っても邪魔になりません。すぐには使わないけれど、いつかは使うものを収納して置ける場所が、天井付近の収納棚です。今まで捨てるしかない、あるいは溢れてしまっていたものが、すっきり収納できるようになります。

書斎であれば、まだ読むかもしない書物の一時置き場として活躍してくれます。処分するかどうか判断に迷うもの、非常用など今すぐには活用しないものを収納する場所として利用してみてください。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル ランドリープラン23 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel23 )

自分好みの雰囲気の部屋にしたり、ストックを置くのを諦めたりしないようにするには、壁面収納のように下から上まで収納できる家具を活用しましょう。天井付近に草花をたくさん置いて、部屋の雰囲気をガラリと変えることもできます。ストックを置き、急な来客に対応したり震災に備えたりと、天井付近の棚部分の活用がいざというときに役立ってきますね。

関連おすすめ記事

壁面収納を活用するために「壁面収納の特性」を把握しましょう

壁面収納ってよく聞く言葉だけど、実のところよくわからない、という方は案外多いのではないでしょうか。オーダーしないといけないのか、そうなると価格も高そう、そんな風に敬遠する方もちらほら。壁面収納の特性をここで把握してみましょう。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1212view
デザイン性が高い壁面収納でお部屋を演出!

近頃とても話題となり、人気となってきているのが、壁一面を収納スペースにするという壁面収納です。最近ではデザイン性が高い壁面収納も増えてきています。デザインを重視した壁面収納を設置することで、単なる収納から美しく設計された収納へと変わっていきます。 ただ収納ができればよいと思っていても、リビングル...

お片付け収納レシピ編集部
  |  2217view
天井まで届く壁面収納でも、扉の「耐震ロック」付きなら安心

壁面収納家具の魅力は、なんといってもその収納力の高さです。その他には地震にも強いという特徴も兼ね備えています。これから収納スペースを増やそうと検討している方には、収納力も高く地震にも強い壁面収納をおすすめします。

お片付け収納レシピ編集部
  |  1651view
便利な壁面収納を有効活用している人の共通点

壁面収納といえば、壁一面に収納スペースを確保できるので、収納力が高くなることがとても魅力ですよね。雑誌やカタログなどで壁面収納を見ると、物がスッキリと収納されていて、使い勝手も良さそうです。 いま人気の壁面収納を、うまく活用している人の共通点をご紹介します。お部屋のお片付けに悩まれている方は、参...

お片付け収納レシピ編集部
  |  1972view
ベンチが収納を兼ねる!?「家具×壁面収納」が便利でオシャレ

ちょっと腰かける場所が欲しいのに椅子を置く場所もない、棚を置いたら部屋が圧迫され窓も遮られてしまう、という狭くて不便な空間でも、ベンチ収納であればその問題を解決できます。棚型ではなく、ざっくり収納できるベンチ収納であれば、お片付けが苦手な人でも部屋をキレイに保つことが可能です。

お片付け収納レシピ編集部
  |  2639view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント