お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載 暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/05/11 0:00

部屋の雰囲気を左右する「壁面収納の扉」

壁面収納は扉1つで部屋の雰囲気を全く違う空間に仕立て上げることができるはずです。全面に扉をつけるとミニマリスト並みのスッキリしたお部屋にすることができたり、カラーによっては部屋に高級感をもたらしたりと、扉によりもたらすことのできるいろいろな効果をご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル リビング床座プラン52 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel52 )

扉をつけると見た目がすっきりして高級感も出る

壁面収納は扉がついている場合とついていない場合がありますが、扉がついていたほうが高級感を出すことができます。もちろん、見せる収納にしたい、コレクションを並べて常に見えるようにしたいなどオープンがいい場合もありますが、よりお部屋をスッキリお片付けしたいのであれば扉がついていたほうがいいでしょう。
扉で蓋をしておけばお部屋の雰囲気がゴチャゴチャせずに済みますし、収納物も埃をかぶらずに済みます。日光による劣化も避けられるので大切なものを収納するのにもピッタリです。地震が起きたときもモノが落ちてこないので安全面を考えても扉付きのほうがいいでしょう。

小さな子どもがいれば、イタズラも防止できます。扉は後からつけることも可能なので、モノを劣化させたくない、子どもが小さいうちだけでもつけておきたい場合は取り付けておきましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル シアタープラン07 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel07 )

カラーで部屋の雰囲気がガラリと変わる

壁面収納にすると一つひとつ家具を揃えなくて済み、部屋に統一感をもたらすことができるようになります。部屋の壁を占める大きな収納棚となるので、そのカラーによってお部屋の雰囲気をガラリと変えることも可能です。
例えばホワイトにすれば清潔感のある雰囲気になりますし、ダークブラウンにすればお部屋に高級感をもたらすことができます。ナチュラルカラーでカントリー調にするなど、壁面収納のカラーを変えるだけで理想のお部屋に早変わりさせることが可能です。

壁に溶け込むようなカラーにすればそこに収納棚があることもあまり感じさせません。ミラーをつければそれだけ部屋に奥行き感が出て、実際の広さよりもより部屋を広く感じさせることもできます。

イメージ

出典元: DAIKEN カンタナ 納戸 4尺間口プランH(浅) ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/kt2 )

モノを捨てなくてもミニマリストのお部屋に変身

お部屋のお片付け方法でミニマリストなどモノをなるべく持たないという方法も1つの手ですが、捨てるのはもったいない、思い出の品や趣味のモノをどうしても片付けられないのであれば、やはり収納できる場所を増やすしかありません。
モノを捨てなくても、壁面収納で壁全体を収納場所にしてしまえばすっきりしたお部屋に変身します。捨てるという大変な作業や、捨ててしまった後の後悔をせずに済むので、頑張ってミニマリストの真似をする必要がなくなります。

しかし、ミニマリストのお部屋のようにスッキリしたお部屋に見せたいのであれば、壁面収納でも扉をつけておく必要があるはずです。モノが見えた状態だと、ミニマリストのようなガランとしてモノがないような状態の部屋に見せることはできないからです。飾り棚以外は扉で隠すようにしましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的収納プラン35 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel35 )

壁面収納は扉を付け替えるだけで無限の楽しみ方ができます。独身時代、子育て時代などその時その時に合わせて付け替えられるのもいいところです。お部屋の雰囲気を活かして使える壁面収納を、是非検討してみてください。

関連おすすめ記事

壁面収納の扉の上手な使い方

沢山の物を収納することができる壁面収納。オシャレ雑貨を並べれば、見せる収納としてインテリアにもなり、扉をつけて生活感のある物を隠すこともできます。扉の使い方によって、部屋の雰囲気がガラリと変わる壁面収納。壁面収納の上手な扉の使い方をまとめてみました。

お片付けレシピ編集部
  |  529view
壁面収納は部屋全体のバランスを考えて設置すべし

壁面収納を設置するときは、お片付けしたいものに合わせて決めることも大切ですが、その部屋のバランスを見ながら決めることも重要です。部屋に圧迫感をもたらしたり、雰囲気が部屋全体とマッチしていなかったりという事態を避けるためにも、最初にどういう部屋にしたいのかよく考えて、それぞれのパーツや外観を決めて...

お片付けレシピ編集部
  |  694view
壁面収納が「リビングのオシャレレベル」を左右する!?

リビングの収納を壁面収納にするなら、オシャレレベルをアップさせることができます。壁面収納を利用すれば、見せる収納と隠す収納ができます。またインテリアにもなりますし、お部屋の雰囲気にも影響を与える存在ともなります。

お片付けレシピ編集部
  |  1634view
お部屋のテーマに合わせた壁面収納なら、おしゃれさ倍増!

リビングなどに設置する壁面収納は、様々なものを収納できて機能的です。、お片付けにも便利ですが、壁一面を覆ってしまうことになるので、それだけで部屋の雰囲気が決まってしまいます。それなら、部屋のテーマに合わせて壁面収納を選んでみるのはどうでしょうか。

お片付けレシピ編集部
  |  1033view
インテリアとしてもオシャレな収納を置いて片付けやすい家を...

お片付けのしやすい収納も大切ですが、そこにインテリア性を持たせると、さらにストレスなくお部屋をイメージ通りに片付いた部屋にすることができます。収納したものをうまく隠せたり、オシャレに見せられるようにしたりするにはどうすればいいのか、オシャレな収納インテリアの参考にしてみてください。

お片付けレシピ編集部
  |  803view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント