お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/04/16 0:00

1mmたりとも無駄にしない!余分なスペースを使い切る賢い壁面収納

同じ家やアパートに長く住んでいると、どうしても物が増えてしまい、お片付けが大変になってしまいます。そこで少しでも増やしたい、無駄にしたくないのが収納スペースです。しかし、収納場所には限りがあります。そんなときにおすすめなのが壁面収納です。収納スペースとして壁面を余分な空間を賢く活用するアイデアをご紹介しています。

イメージ

出典元: DAIKEN カンタナ シューズイン 5.5×3尺間口プラン14(浅) ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/kt1 )

壁に取り付けるタイプの収納

・3連フック
壁面のコート掛けとして広く浸透しているのが、3連フック。その魅力は設置の簡単さや便利さ、さらに、押しピンだけで固定できるので壁を傷つけないところです。ネジなどを使って本格的に棚を設置できない家にお住いの方も、気軽にコート掛けを設置できます。

・棚・ミラー
ドレッサーを置く場所が家になく、自室のデスクがメイク道具やブラシ、ドライヤーに占領されていて仕事や勉強ができない…などと困った経験があるかもしれません。壁面に鏡を取り付け、その下に小さめの棚を取り付ければ、簡易ドレッサーとして使えます。廊下にこのセットを設置してお出かけ前の身支度専用スペースを作ってみてはいかがでしょうか。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28144063756 )

部屋を圧迫しない収納家具

・カスタマイズできる棚
すでに棚はあるけれど、その空間をうまく活用できていない人は意外と多いです。そんな方におすすめなのが、仕切りを自在に動かせる壁面棚です。奥行きのある家具を置けない方でも、棚板の位置をカスタマイズできるのは、収納スペースを効率よく使う上で大きなメリットになります。

・スチールラック
スチールラックも見逃せない収納テクニックです。たくさんの棚を設置しても、背景の壁まで見通せるすっきりとしたデザインなので、ものがたくさんあるように見えません。収納ボックスを同系色で統一することで、より棚の存在感を抑えられるのです。

イメージ

出典元: ルミナス レギュラー ホームラック 4段 ( https://www.luminous-club.com/products/detail/product_911/#column-top )

壁を傷付けない壁面収納

・つっぱり棒
収納上手な主婦の味方、つっぱり棒は、収納を簡単に増やせる定番アイテムです。トイレットペーパーやハンガー、洗剤など、置き場に困るものが床に転がっている方は、つっぱり棒を活用してすっきり収納してしまいましょう。キッチンでの活用もオススメです。

・上下のつっぱり棒
棚が欲しいけれど、スペースが足りない、引越しの際に困るのでできるだけ家具は買いたくない、という方も収納にお困りなのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが、つっぱり棒の原理をそのままに、90度回転させた簡易棚です。

バネ入りの長い棒を天井から床まで渡して、付属の棚板を横向きに固定することで、何にもない壁面に棚を作れるので、非常に便利です。

イメージ

大建工業のこちらのクローゼットは、靴やコート、小物をスマートに収納できて、掃除も簡単なコンパクトな壁面収納です。奥行きや収納扉の高さ、色などを部屋に合わせて選ぶことができ、棚板も細かく移動できるので、限られた場所でお持ちの服をラクに片付けることができます。

限られた空間から収納スペースをひねり出すには、リーズナブルで手間のかからない壁面収納がおすすめです。お片付けにお困りの方は、今回ご紹介したテクニックを参考に収納アイテムを選んでみてください。

イメージ

出典元: DAIKEN カンタナ 納戸 4尺間口プランH(浅) ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/kt2 )

関連おすすめ記事

中途半端かつ小さな空きスペースにも壁面収納がオススメ!

家の中には死角とも言うべき空きスペースが存在します。そのスペースを壁面収納にすれば、狭い場所でもすっきりと見せることができ、道具も使いやすくなり、生活がしやすいです。普通の家具を置くにはちょっと狭すぎる場所の活用方法をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  357view
壁面スペースを占める収納は、地震に強いものを選びましょう!

片付けには重宝な壁面収納家具ですが、スペースを取る大型の家具になるので地震が来た時に倒れてくるのではないかと不安です。そこで、今回は耐震性に非常にすぐれている強い壁面収納家具を選ぶのにはどうすればよいのか、どのような耐震グッズがあるのか、などをご紹介していきたいと思います。

お片付けレシピ編集部
  |  138view
「いかに効率よくスペースを使うか」が片付けのポイント!便...

せっかく収納するスペースはあったとしても、そのスペースを効率よく活用できていなければ意味がありません。とりあえずしまっただけの収納は、物の出し入れが大変だったり、必要なものが見つけにくかったりします。 今あるスペースを効率よく活用できる便利なお片付けケースをご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  869view
壁面スペースを占める収納は、地震に強いものを選びましょう!

「収納はできるだけたくさんほしい!」多くの方がそう思っているのではないでしょうか? しかし使えるスペースは限られているのに、モノは増えていくばかりでどうやって収納すればいいのかわからない… そんな方にとっておきの収納方法をご紹介いたします!

お片付けレシピ編集部
  |  218view
収納家具で生まれるデッドスペースが狭い部屋に見せてしまう原因

部屋のお片付けをする際、収納家具を部屋に配置してみると、物は整理されているのに、部屋が狭くなってしまうという問題があります。これは、天井と家具とに隙間ができ、デッドスペースができていることに関係しています。収納力があり、お部屋もすっきり見える収納方法の一つとして、壁面収納があります。カラーボック...

お片付けレシピ編集部
  |  365view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント