お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/04/12 1:22

洗濯物の片付けを早めるコツは「早く乾かすこと」

家事仕事の中で、洗濯はお天気にも左右されるので、思うように片付かないこともあり、苦手とする方は多いのではないでしょうか?
次から次へと出てくる洗濯物を早く片付ける為には、いかに早く洗濯物を乾かすかということが重要なポイントになります。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044016016 )

部屋干しの際に気をつけたいこと

洗濯物を外で干すことができない場合は、やむを得ず部屋干しをするしかありませんよね。洗濯物を早く乾かすには、充分な日差しと風通しが必要です。しかし、部屋干しではこれらの件が満たされないので、どうしても乾きが悪くなってしまうのです。
干した洗濯物が乾いていないと、洗濯物を取り込んで収納棚に片付ける事ができません。いつまでたってもお部屋の中で干しっぱなしとなり、鬱陶しいだけでなく、次の洗濯物を干すこともできません。
また部屋干しの状態を長時間続けていると、生乾きのため雑菌が繁殖してニオイが出てしまいます。せっかく洗濯したのに洗濯物が不衛生になってしまうのは大きな難点です。

イメージ

出典元: アマナイメージズ ( http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132112541 )

部屋干しで早く乾かすコツ

あまり条件の良くない部屋干しの際に、少しでも短時間で洗濯物を乾かすにはコツがあります。

・表面積を広くする
洗濯物から少しでも多くの水分を蒸発させるために、洗濯物はできるかぎり広げて、表面積を大きくすることがポイントです。洗濯物同士の間隔をあけて干すようにしましょう。

・風があたるようにする
洗濯物に風があたるようにすれば、含んでいる水分を蒸発させる事ができるので、早く乾かすことができます。部屋干しの際には、扇風機やサーキュレーターを使うのがポイントです。

・換気をして湿度を下げる
部屋干しをすると、室内の湿度がとても高くなります。定期的に換気をして、外の空気と入れ替えることで室内の湿度が下がり、洗濯物の乾きが早くなります。
梅雨時期など外も湿度が高い時は、除湿機を取り入れるのもおすすめです。

イメージ

部屋干しの際に便利なアイテム

雨が降り続く梅雨時期などは、仕方なく家の中に洗濯物を干さないといけないので、干し場が足りない場合もあり、本当に困ります。家の中に洗濯物を干すスペースが充分にない場合は、Likeitの「はさんでハンガー」という便利アイテムが大活躍してくれます。
はさんでハンガーは、鴨居や長押などにアーム部分を広げて挟むだけで、簡単に取り付けることができます。挟んでハンガーには凸凹の溝がついているので、ハンガーがずれて隣同士の洗濯物がくっつくことなく、沢山ぶら下げることができます。

イメージ

出典元: 吉川国工業所 Likeit はさんでハンガー ( http://www.yoshikawakuni.co.jp/products/sanitary/post-3.html )

はさんでハンガーは、取り外しも簡単なので、必要な時にサッとつけ、来客時など外したい時にもすぐ取れるので、とても便利です。鴨居や長押に取り付けて、沢山の洗濯物を干すことができる便利アイテムです。

洗濯物は、次から次へとでてくるので、できるかぎり早く乾かしてお片付けしたいですよね。天気の悪い時や洗濯物の量が多いときなどは、便利アイテムをうまく活用して、部屋干しでも早く洗濯物が乾くようにしておけば安心ですね。

関連おすすめ記事

「広い部屋に見える壁面収納」と、狭く見せないための工夫 NEW!

家の中のデッドスペースを有効活用する壁面収納ですが、部屋を狭く見せてしまってはもったいないですよね。狭い部屋をなるべく広く見せたいと悩まれている方も多いでしょう。 部屋を狭く見せない壁面収納にする方法、部屋が広く見える壁面収納の作り方をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  36view
本棚に置いてもすぐ曲がる…薄い雑誌を曲げずに立てて片付ける... NEW!

雑誌を立てかけておいておくと、曲がってしまうという経験をしている人は多いのではないでしょうか。横にして積んでいると見た目にも悪いし本棚からはみ出す、何が置いてあるのかわからないなど、雑誌のお片付けは縦にしても横にしてもやっかいです。ここでは雑誌を曲げずにお片付けする方法をご紹介しますので、自分に...

お片付けレシピ編集部
  |  35view
部屋を有効に使うための壁面収納の両面使用アイデア

壁面収納というと壁にピッタリとくっつけた収納というイメージですが、実は部屋の仕切りとしても利用することができる収納です。部屋の壁の延長上に両面使用できる壁面収納を使えば、部屋のレイアウトの幅も広がります。今回は壁面収納の両面使用アイデアについてお話していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  313view
キッチンの片付けは「シンク下」を使いこなした者が制する

シンクの上にモノを置いていると、水垢がついたりベタベタになったりするなど、保管にもよくありません。かといって、すぐに取り出せるようなところにキッチン用品を置かないと、使いづらいキッチンになってしまいます。シンク下を有効活用することで、使いやすくお片付けも楽なキッチンにできるので、その方法をご紹介...

お片付けレシピ編集部
  |  613view
壁面収納を本棚として利用する際のポイント

本の収納場所に困っている方も多いかもしれません。読書好きの人にとってはお気に入りの本を二度三度読み返したいと思いなかなか本を捨てる事ができません。また、お子さんがいる家庭ではお子さんの成長に合わせて本も増えていきます。そのようなことが続いてしまうと、気が付いた時には、本が多くなってしまい、普通の...

お片付けレシピ編集部
  |  133view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント