お片付けレシピ|整理収納、片づけのアイデアやプロの収納術満載
暮らしの収納やかたづけ情報サイト

×

新規登録 / ログイン



ログインID・パスワードをお持ちでない方

アカウントの新規登録

※個人情報を登録する必要はありません

×

新規登録


ユーザー情報を登録してください。

【登録必須情報】以下は必ずご記入ください。

システム収納に関する
ご相談はこちらまで

2018/04/13 0:00

壁面収納は大きさではなく、使用用途で選びましょう!

壁面収納を選ぶとき、その大きさだけで選ぶのは危険です。確かに大きければ大きいほど収納スペースは増えますが、それで実際の収納力や使い勝手が上がるわけではないからです。設置した後により使いやすく、収納したいものが気持ちよく収まるようにするためには、使用用途から選ぶ必要があります。ディスプレイ用、書斎や製作用、その部屋の使用目的に合わせるなど、例を交えながら選び方のポイントをご紹介します。

イメージ

出典元: DAIKEN カンタナ シューズイン 5.5×3尺間口プラン14(浅) ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/kt1 )

ディスプレイ用にしたいとき

壁面収納を選ぶとき、ディスプレイ用にしたければ、どのようにコレクションを並べたいのか決めて選ぶようにします。つまり、見せる収納を考えたときに、そのディスプレイするものが一番映える形にする必要があるということです。
例えば細かいものであれば細かな収納棚が必要です。ワインボトルなど形が縦に長いものの場合、その形が納まるように高さのある棚を選ばなければ、ラベルをキレイに見せることができません。

ディスプレイしたものが埃などで汚れやすい場合、ガラス扉をつけるなどして守る必要も出てきます。単に収納するだけでなく見て楽しめるようにするためには、あらかじめディスプレイ用ということを意識して壁面収納を選ぶようにしましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN フィットシェルフ ダイニングシェルフプラン02 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/ft02 )

書斎に使うケースでは

壁面収納を書斎として考えている時は、本を納めやすく取り出しやすい形にします。そして読書できる机を壁面収納に組み込むかどうかも、ポイントになってきます。
そこで何をしたいのか、どのような機能が必要なのかも考えてパーツを組み合わせましょう。書斎でパソコンを使い作業をしたい人は、パソコンの周辺機器類も壁面収納に置けるようにすると、全体をすっきりと見せることが可能です。本を読むためであったらパソコンで作業するためのライトをつけるかどうかも、焦点になります。

製作をするために使用するのであれば、その製作に必要なものを収納するための棚と、作業をするための台を組み込んでいきます。製作内容により、電源がどれだけ必要なのかつける場所も考慮が必要です。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル SOHOプラン20 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel20 )

単純に収納を目的としたいとき

壁面収納の使用目的があまりはっきりせず、単に収納力がほしいと考えている人は、その空間の使用目的に合わせて選びます。例えば、寝室であれば着替えたり寝たりするところなので、クロークやタンス代わりとなる壁面収納を設置します。
キッチンであれば調理をするところなので、食器棚の代わりとなり、調味料などのストック置き場として活躍する壁面収納を設置することになります。子ども部屋であれば勉強や遊ぶところなので、文具やおもちゃを上手く収納できるようにするといいでしょう。リビングであれば家族みんなが集まるところなので、共用のテレビやパソコンが納まるタイプを選びます。

「とりあえず大きければ収納には困らないだろう」という考えで選ぶと、後から違う家具を買い足す必要が出てきます。その部屋で過ごすときに必要なものを、上手にお片付けできるように壁面収納を組み立てましょう。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル ダイニングコの字プラン71 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel71 )

大建工業の「ミセル 多目的リビングプラン」は、家電を収納できるタイプの壁面収納です。テレビはもちろん、パソコンやその周辺機器もすべて収納できるようになっています。壁との余った隙間もカバーするので、埃があまりたまりません。格納デスクや、ダウンライトもつけることのできる、多機能型のプランです。

壁面収納は家具をひとまとめにできるタイプであり、単純にものを収納するだけの家具とは違います。カスタマイズしやすいタイプでもあるので、使用用途をしっかりと定めたうえでパーツを組み合わせてみてください。壁面収納ひとつあれば他の家具はいらないぐらい、便利な生活を手に入れることができます。

イメージ

出典元: DAIKEN ミセル 多目的リビングプラン51 ( https://o-katazuke.jp/introduce/system-storage/item/misel51 )

関連おすすめ記事

傘も靴もオシャレに収める!壁面収納で理想の「美玄関」を実現!

家の顔とも言える玄関は、できるかぎりスッキリとキレイにしておきたいですよね。 しかし、玄関は暗くて狭く、物が多いので乱雑になりがちで、お片付けの方法に悩まれている人は多いはずです。 片付けがあまり得意でない方にも、簡単に作れる壁面収納をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  304view
「広い部屋に見える壁面収納」と、狭く見せないための工夫 NEW!

家の中のデッドスペースを有効活用する壁面収納ですが、部屋を狭く見せてしまってはもったいないですよね。狭い部屋をなるべく広く見せたいと悩まれている方も多いでしょう。 部屋を狭く見せない壁面収納にする方法、部屋が広く見える壁面収納の作り方をご紹介します。

お片付けレシピ編集部
  |  36view
本棚に置いてもすぐ曲がる…薄い雑誌を曲げずに立てて片付ける... NEW!

雑誌を立てかけておいておくと、曲がってしまうという経験をしている人は多いのではないでしょうか。横にして積んでいると見た目にも悪いし本棚からはみ出す、何が置いてあるのかわからないなど、雑誌のお片付けは縦にしても横にしてもやっかいです。ここでは雑誌を曲げずにお片付けする方法をご紹介しますので、自分に...

お片付けレシピ編集部
  |  35view
部屋を有効に使うための壁面収納の両面使用アイデア

壁面収納というと壁にピッタリとくっつけた収納というイメージですが、実は部屋の仕切りとしても利用することができる収納です。部屋の壁の延長上に両面使用できる壁面収納を使えば、部屋のレイアウトの幅も広がります。今回は壁面収納の両面使用アイデアについてお話していきます。

お片付けレシピ編集部
  |  313view
キッチンの片付けは「シンク下」を使いこなした者が制する

シンクの上にモノを置いていると、水垢がついたりベタベタになったりするなど、保管にもよくありません。かといって、すぐに取り出せるようなところにキッチン用品を置かないと、使いづらいキッチンになってしまいます。シンク下を有効活用することで、使いやすくお片付けも楽なキッチンにできるので、その方法をご紹介...

お片付けレシピ編集部
  |  614view

※お気に入り機能は会員限定です。無料会員登録はこちら。無料会員登録はこちら。

感想・コメントはこちらにお書きください。

感想・コメントを書く

みんなのコメント